ロースクール(韓国ドラマ)10話のあらすじネタバレ&感想考察!

ロースクール,10話,ネタバレ

スポンサーリンク


ロースクール第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ロースクール第10話のあらすじネタバレ!

イェスルの弁護人として現れたのはジョンフンでした。

ソルAたちがジョンフンを特別弁護人として申請することにしたのでした。

弁護士や検察側は長年使われていない法律に反論するものの、ジョンフンは丸め込み、国民参与裁判に持ち込み特別弁護人として無罪を立証することに。

裁判が終わるとジョンフンとウンスクはイェスルに告訴して被害を明らかにするように話します。しかし、イェスルに断られてしまいます。しかしジョンフンは強い言葉を浴びせ「考え直せ」と告げます。

ジュニはマノに会いに行くことに。「おじは亡くなる少し前からなぜか定期的に血糖値のチェックを」と聞くと「お前のおじさんは糖尿が悪化してた。正常に戻すために2ヶ月病院通いしていた」と聞かされます。その答えにジュニは「血糖値を記入する手帳はありました?」と質問します。

事件当日、ジュニはビョンジュの車で糖尿管理手帳を見ていたのでした。

その夜、ジュニは事件当時の時間割が振替になっていたことに気づきます。

翌日、ソルBの論文盗用予備調査が行われることに。

ソルBは次々を質問されるものの、全てうまく切り返すと「論文の大部分を私が書きました。私を疑うなら中学の同級生のジホに確認してください。私が書いたことを知ってます」と告げます。

その頃、糖尿管理手帳を見つけたジュニはそれをジョンフンに渡しに行くと、ジョンフンと一緒に刑務所に向かうことに。

ジョンフンがある男との面会を終えると、その帰りジュニは「叔父の所持品から消えたものがあります」と切り出すと「ボールペン?」と即答されてしまいます。

その後、ジュニたちはイェスルを無罪にするための方法を考えることに。争点を盗撮か否か、動画の流布か削除か、に絞るもののソルAは「ダメよ。デマを流されたら大変だわ」と部屋を飛び出してしまいます。

イェスルはジョンフンの元に向かうとDVの証拠となる診断書と音声データを渡します。ジョンフンは「告訴を?」と聞くと「無罪を証明するために使いたいだけです」と言われます。それを聞いたジョンフンは「事実関係を明確に」と伝えます。

そこにソルAが現れるとジョンフンに「イェスルの正当防衛を認めてもらってコ議員を懲らしめたいです。思い知らせたいんです」と伝えます。

ジョンフンは生徒全員に「ソ教授殺害事件結審公判を傍聴に来てください」とメッセージを送ります。

イェスルは傍聴に向かおうとするとスンジェからUSBを渡され、ジョンフンに渡すように頼まれます。しかし、裁判所に入る前にUSBが入ったカバンをひったくりにあってしまいます。すぐにジョンフンにそのことを伝えます。

結審公判。

グンテは糖尿管理手帳を使い、検察がデータを改竄したと話します。ヒョンオはすぐさま否定すると、グンテは被害者が書いたことを証明するためにとマノとイェスルを証人として申請します。

ヒョンオは一時休廷を申し出ることに。

公判が再開されるもののそこにマノは現れませんでした。

そして論告が始まるとヒョンオは懲役20年を求刑します。

スポンサーリンク


最終陳述を求められると「捜査機関は私を犯人だと決めつけ、私に不利な証拠だけを集めました。はなから計画殺人の可能性を排除した。計画殺人なら足跡など残さないでしょう。激昂して殺人を犯すほど愚かではない。真犯人は私が砂糖を入れたところを目撃したはずと?見る方法はいろいろあります。捜査機関は消えたボールペンに興味を示さなかった。覚醒剤を注射した可能性も。注射なら静脈に打てば数秒で倒れます。真犯人を野放しにしてはいけません」と熱弁します。

そしてUSBを取り出すと「これは私のアリバイを立証するものです。事件発生時クローゼットに隠れてた子が証言してくれました」と告げます。ヒョンオは自らの仲間が本物のUSBを手に入れていることを知ると「異議あり」というものの、ジョンフンは「提出しません。これ抜きでどんな判決になるか知りたいです。検察は合理的な疑いを超える証明ができなかったため私は無罪になるべきだ。ここで未来の法曹たちに公平な天秤による正義の判決を見せてあげたい」と告げます。

裁判後、ジュニたちは学校に帰るとヒョンスたちがイェスルに難癖をつけにやってきます。言われるがままになっていると、そこに院長が現れ、イェスルを庇います。

その後、ジュニたちは再び裁判へ向けて作戦を立てていると過去の判例を見つけます。

その夜、マノとジョンフンは何者かに呼ばれます。

ロースクール第10話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ロースクール第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ロースクール第10話の感想と考察

イェスルの裁判ではソルAの考えで特別弁護人としてジョンフンを推薦していたのでした。ソルAの行動は友人思いで素晴らしいと思います。重箱の隅をつつくように過去の判例がないか見つけ出す能力も見事です。

その結果、うまく国民参与裁判へ持ち込むことができました。弁護人を立てることに成功はしましたが、裁判はここからです。ヒョンスたちの妨害や検察側の忖度をうまくかいくぐり、イェスルを無罪にすることはできるのでしょうか。ジョンフンはイェスルから受け取ったDVの証拠をどう使いこなすのかも注目です。

そんな中で、ソルAたちは過去の判例を見つけましたが、それをどう活かすのかも楽しみです。

一方、ジョンフン自らの裁判はジュニが見つけた血糖管理手帳のおかげで一時は盛り返すものの、証人となるマノがいなくなってしまったことで証拠とはならず。さらにイェスルがスンジェから受け取ったUSBもヒョンオたちの仲間に盗まれてしまい、アリバイを立証できませんでした。

懲役20年を求刑されたジョンフンですが、ここから大逆転することはできるのか。そしてヒョンスやヒョンオたちに鉄槌を下すことができるのか注目です。

最後、マノとジョンフンは何者かに呼び出されていましたが、お互い誰に呼び出されたのでしょう。その人物が今後の鍵を握ってくるかもしれませんね。

まとめ

以上、ロースクール第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です