ロースクール(韓国ドラマ)11話のあらすじネタバレ&感想考察!

ロースクール,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


ロースクール第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ロースクール第11話のあらすじネタバレ!

ジョンフンはタクシーに乗り込むとあるレストランへ。指定されたテーブルに向かうと、そこにはカバンが。その中には靴の中敷、注射器とボールペンが。

翌日、ソルAはスタディーのメンバーを集めるとイェスルの裁判の話を。ポイントを盗撮かどうか、流布の意図の有無を絞り、ヨンチャンの主張を嘘だと証明することに。

その後、生徒たちはそれぞれ実務修習に向かうことに。

ジュニとエボムはヒョンオの元へ。するとそこにスンジェも現れます。そこでジュニはスンジェがハッキングしていたことを知ります。ジュニはスンジェの取り調べをすることに。

ジュニは「自首した理由は?」と聞くと「無罪の人を殺人犯にするのが怖くて」と答えられます。それを聞いたジュニは「ヤンさんのことがなかったら自首しなかったと?バレなければ続けてました?ヤンさんの潔白を他の人が証明できるとしたら自首しなかった可能性も?ヤンさんにバレて脅されたのでは?事件当日通話内容を聞きました?」と容赦なく取り調べます。

ジホは実務先へ向かうもののウンスクすぐに内定を出すから帰っていいと言われてしまいます。

その頃、ソルAとソルBはヒョンスの弁護士事務所へ。ソルAはウンスクからもらった資料を使い、なんとか内定をもらいます。その資料は「事実摘示、名誉毀損罪廃止についての案」だったのです。

その夜、ジュニはヒョンオのところであったことをジョンフンに伝えると「罠だな」と言われます。すると、ジョンフンからカバンを見せられます。注射器の中には長い針が。それに驚いているとジョンフンから「真犯人の後ろに私を殺せと指示した黒幕がいる」と聞かされます。

翌日、ジホはスタディーに集まると実習先から「ジホさんの口から聞きたき言葉が。イェスルさんとジュニさんがデキてるという証言」と言われたことを話します。

イェスル裁判第1回準備期日。公判準備手続きが行われることに。検察側はヒョンウも事件を担当することに。

その夜、ジョンフン、ウンスク、スタディーの面々は陪審員の剪定をすることに。

翌日、イェスルの裁判、BAD FAMAの裁判が行われる日に合わせて、ヒョンスはウンスクからもらった法案をアピールすることに。

ソルAはウンスクが法案を渡したのがBAD FAMAのためだと知ると、ウンスクに意見しに行きます。しかし、ヒョンスの会見は始まります。そこでヒョンスはマノが学校で名誉毀損の損害賠償を訴えていた音声を流し、マノの行動を非難します。

その一方でイェスル裁判の陪審員選定が始まります。その中にはソルAの母親も。

ジョンフンは陪審員について何も意見しないまま陪審員が決まります。その中にはソルAの母親の姿も。

裁判が始まるまでの間、ジョンフンはスンジェ夫婦と会うと、妻から「夫の証言がなくても教授の無罪が証明できるなら証言させたくありません。起訴猶予にしたいです」と言われます。それにジョンフンは「デジタルフォレンジックの資格が?依頼人がこの動画を見た時刻を知りたい」と返します。

スポンサーリンク


その後、イェスルの国民参与裁判が。同時刻BAD FAMAの裁判も。

検事側は重傷害罪で起訴したことを話すものの、ジョンフンは割って入ると無罪推定主義のことを話し始めます。そして「証拠だけで判断してください」と頼むと、性行為動画の流出を防ごうとした事故であり正当防衛だと主張します。

裁判が終わると、ヒョンオは起訴意見付きで送検されます。ジホはチェ記者のもとに向かうと「チン検事が被疑事実を流したと証言を」と頼みます。しかし「できない。俺の記者生命が絶たれる」と断られると「もっと面白いネタが。コ議員の記事を?とくダネを差し上げます」と揺すります。

その頃、ヒョンスがトイレに行くとマノに襲い掛かられ「俺を裏切る気か?」と首を絞めます。すると、そこにジョンフンも現れると「息の根を止めろ」と告げます。

ロースクール第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ロースクール第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ロースクール第11話の感想と考察

ジョンフンは自らの事件の真犯人を捕まえるのに必要な物を手に入れます。ジョンフンは何者かに指示され、カバンを受け取りに行っていましたが、注射器やボールペンを持っていた人物とは一体誰なのでしょう。検察側の中に、誰かジョンフン側についている人物がいるのでしょう。その人物が誰なのか気になります。

とうとうスンジェはハッキングを認め、証人として裁判に立つことになりました。しかしスンジェの妻は証言を避けたいようでした。ジョンフンはスンジェに動画を見た時刻を調べるよう指示しましたが、これでスンジェが証言を避けることはできるのか。ジョンフンが渡したデータの中身とは。

スタディーのメンバーたちはイェスルを無罪にするためにそれぞれ動き出していましたが、過去の判例もなく中々困難を極めていました。そんな中、裁判が始まってしまいます。ジョンフンは陪審員選定に一切口出ししませんでしたが、これも何かの作戦なのでしょうか。だとしたらどんな意図があるのか気になります。

そしてジホもついにヒョンオを起訴することに成功します。これでヒョンオがいなくなればジョンフンたちにとっても有利に働いてくることでしょう。ジホはしっかりとヒョンオを有罪にすることができるのでしょうか。

最後、マノはヒョンスに襲いかかっていましたが、ここの2人もやはり繋がりがあったということでしょう。この2人の繋がりには何か裏があるように感じます。2人の真の関係性が気になります。

まとめ

以上、ロースクール第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です