ロースクール(韓国ドラマ)13話のあらすじネタバレ&感想考察!

ロースクール,13話,ネタバレ

スポンサーリンク


ロースクール第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ロースクール第13話のあらすじネタバレ!

イェスルの裁判は評議と判決に。

評議の間、ジュニとソルAは防犯カメラの映像を見ているとマノがジェチョルいう人物を家に連れ込んだことを目にします。その後、マノが1人で家から出てくるのを見た2人はすぐに家に。

ジュニはジェチョルがマノの家でGPSをつけたまま倒れているのを見ると、すぐにジョンフンの家に。

マノに捕まってしまったジョンフンはマノから注射を打たれてしまいそうになります。ジョンフンは「なぜ殺した?刑務所から出してくれた人なのに」と聞くと「息子なんかのために」と答えられ、マノは再び注射を打とうとします。

すると、そこに警察から電話が。一瞬の隙をついたジョンフンは形成逆転を図るものの、再び捉えられると腕に注射針が。しかし、危機一髪のところでジュニとソルAが駆けつけ、なんとか助け出しマノを拘束します。

ヒョンウに「見えるものだけを信じるな」と言われたジホはヒョンスと父親の関わりを調べることに。

ジョンフンたちが裁判所に戻ると判決へ。

協議の結果、満場一致でイェスルの正当防衛が認められます。BAD FAMAの裁判も見事無罪に。

裁判後、イェスルやソルAたちは慰労会へ。

ソルAはその途中で外に出ると、追いかけるようにウンスクも。ソルAは「コ議員は事実摘示名誉毀損罪の廃止は心からの願いだったでしょうか」と話すと「あいつは使える法案を求めてる」と聞かされます。ソルAは「教授はその法案探しの一助になったんです」と言ってしまうと「切実だったから。当時、通過させられるのは彼しかいなかった。イ・マノ法も私が渡した。ダン?議員に提案した学生のこと。ヤン教授の話で知った」と聞かされます。それにソルAは「ダンは姉なんです」と答えます。

その頃、ヒョンウはチェ記者と飲みに行っているとジョンフンから電話で「真犯人が捕まったぞ。私を襲った現行犯で」と聞かされます。

ヒョンウはすぐに警察へ。すぐにマノを「ビョンジュを殺したのか?」と問い詰めるものの「供述は拒否します」と言われてしまいます。

その夜、ヒョンスはヒョンウを呼び出し真犯人がマノで間違いないことを聞くと「真犯人は君が捕まえたことに」と伝えます。しかし「それがヤンが先にチェに接触を」と聞かされると「どうやって接触したか調べろ。マノの記事は止めておいた。チェ記者にとくダネとして渡してやれ。証言を変える条件で」と再び伝えます。

翌日、マノ逮捕の記事が出され、チェ記者は証言を変えてしまいます。

ジホは警察官たちに会いに向かうとヒョンウが被疑事実を流したと証言してもらうように頼みます。一度は断られるものの、なんとか証言してもらえることに。

その頃、ソルBは院長室に向かうと論文の盗用を認めることに。

公訴が取り消されたジョンフンはマノの殺人動機が息子と関係あるのではと考えます。そしてグンテにマノの弁護をさせることに。

ジホはソルBと食事に行くと告訴の心配をされます。警察に頼んだと話すとソルBから「なぜチン検事はイェスルの裁判に?偶然かな。お父さんの被疑事実公表で一番得した人は?」と言われ1枚の写真が。「当時競合だった玩具会社。アイビ。代表はコ議員の後援会長」と聞かされます。

ジホはすぐにヒョンウのところに向かうと「コ議員の指示ですか。アイビの後援金。答えてください」と問い詰めます。しかし、ジュニたちに部屋の外に連れて行かれます。

スポンサーリンク


ジホはジュニに「知ってたんですね。なぜ黙ってたんです?」と問い詰めると「自滅的な行動に出そうで。今みたいに」と言われ、落ち着きを取り戻します。

その後、ジュニはヒョンウの元に戻ると「もう検事の下にいられません」と告げます。

翌日、ジョンフンはマノの元に向かうと「殺害動機は息子だと?保険のつもりで私を助けたと。つまり私が死んだら困るということだ。それはあなたの犯した犯罪が誰かから依頼を受けた委託殺人だから。あなたは依頼主にとって真実を知る時限爆弾。見捨てられた時のために私を生かしたかった。あなたは捨てられた。話すんだ」と真実を聞き出そうと図ります。

その後、迎えに来たウンスクの車に乗り込むと「マノは本当に殺人をしたのは息子のためだと言ったの?」と聞かれます。

翌日、ヒョンウは被疑事実公表罪で起訴されます。そして被疑事実公表事件の審理に。しかしヒョンウに違憲法律審理を申請されてしまいます。

その頃、ジョンフンは再びマノに会いに向かうものの、マノはなぜか救急車で運ばれてしまっていました。急いで病院に向かうと「あいつが」とだけ言い残し、気を失ってしまいます。

ロースクール第13話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ロースクール第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ロースクール第13話の感想と考察

イェスルの裁判は見事、正当防衛を勝ち取ることができました。見事な裁判の運び方で無罪を勝ち取ったのでした。陪審人として評議に参加していたスクチョも見事な働きで正当防衛へと導いていました。全てがうまく噛み合ったのでした。さらには控訴審も行われないことになりました。これでイェスルの疑いが晴れてよかったと思います。全員の力を合わせて勝ち取った無罪と言えるでしょう。

さらにジョンフンもマノが逮捕されたことにより公訴が取り消しになりました。これでジョンフンも疑いが晴れることに。一気に2人の無実が明かされました。

となると、マノにビョンジュを殺すように指示した真犯人が気になります。今のところ圧倒的にヒョンスが一番怪しい人物だと思われますが、本当に黒幕はヒョンスなのでしょうか。それともはたまた全然違う人物なのでしょうか。個人的にはウンスクが怪しいようにも感じます。早く真の黒幕が明らかになってもらいたいです。

ジョンフンはマノから黒幕を聞き出そうとするものの答えてもらえず、さらにはマノは何者かに腹を刺されてしまい瀕死状態に。マノの命はどうなってしまうのか。そしてジョンフンはマノから黒幕を聞き出すことができるのか。注目しておきたいです。

一方、ジホはヒョンスと当時ライバル会社だったアイビの社長の交友関係を知ります。こちらの事件の裏にもヒョンスが関わっていそうです。そんな中、ついにヒョンウを起訴することに成功します。しかし、ヒョンウに違憲法律審理を申請されてしまいました。こちらの裁判もこれからどうなっていくのか楽しみです。

まとめ

以上、ロースクール第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です