ロースクール(韓国ドラマ)14話のあらすじネタバレ&感想考察!

ロースクール,14話,ネタバレ

スポンサーリンク


ロースクール第14話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ロースクール第14話のあらすじネタバレ!

病院に運ばれたマノは手術を受けることに。ジョンフンは血を提供することを決めます。

マノは手術を受けるものの、手術の甲斐なくマノは亡くなってしまいます。

一方、裁判所ではジホがヒョンウを訴えた事件は違憲法律審判の申請をされてしまいます。

その後、ジョンフンのいる病院に刑事たちがくるとジョンフンは「刺した犯人は?」と聞きます。「教授を刺したドゥソンです。彼もここで治療を受けてます。彼が言うにはマノが襲ってきて防ごうとしたらこうなったと」と聞かされたジョンフンはすぐにドゥソンのところへ。

すると「こうなったのはヤン検事のせいですよ誰の指示か知りたがるから。奴は刑務所に来るなり裏切った俺を狙ってた」と聞かされます。そして病室を後にするとヒョンウが。ジョンフンは「まずはドゥソンと面会を。マノが襲ったとしたらなぜ私に面会に来いと?ソ殺害の黒幕を教えると。無実の人を犯人にしないよう真相究明を。排除するな、彼らの後ろに誰かがいる可能性を」と告げます。

ソルAはグンテたちと共に病院に寄ってマノが死んだことを確認すると、ウンスクのもとへ向かい「父親が死んだことを息子に伝えた方が」と話します。

ソルAはマノと面会した時「息子の写真を持ってこい」と言われていたのでした。

そして「写真を渡した人は近況を知ってるはず」と話ます。

その頃、ジョンフンはジュニからマノの家に息子の最近の写真があったことを聞かされ「誰が渡したんだ」と悩みます。そんなジョンフンにジュニは「写真を見て、叔父を殺したのも教授を殺そうとしたのもマノの意思ではなく黒幕が指示だったかと。写真を利用してマノを唆した。勘ですが」と推理を話しました。

ジョンフンは「君の叔父が自首して最も衝撃を受ける人は?最も都合の悪い人物は?」と再び頭を悩ませます。

ソルAもウンスクへ同じ推理を話しました。

その夜、ジョンフンは改めてひき逃げの動画を見ることに。

ソルAはマノの家へ。するとジュニと鉢合わせます。ソルAは「写真を渡しておい回収したのは存在を隠すためでしょ。その黒幕がひき逃げに関わってるとしたら同乗者かも」とジュニに聞くとジュニはビョンジュから「葬儀場からの帰りだった」と言われたことを思い出します。

同乗者がいたことに気づいたジュニは急いで自分の部屋に戻ります。そのことをジホに話すと「事故現場はコ議員の選挙区です」と言われます。ジュニはビョンジュの名刺入れを見るとヒョンスのものが。

ジョンフンはヒョンスの元へ向かい「マノが息子を探していたことを?ひき逃げ事件当日、あなたは旧友の車に同乗した人がいたとか」と話すものの、シラを切られてしまいます。

翌日、ジョンフンはビョンジュが殺された部屋にスタディーのメンバーを集めると「集まってもらったのは真犯人であるマノの死とひき逃げ事件の真相を解明するためだ」と話します。

ひき逃げ事件の同乗者がマノを殺せと指示した、と推理が固まるとジョンフンは「同乗者がいたら見つけ、ひき逃げ事件の解決を」と指示します。

イェボムからその話を聞いたヒョンウはヒョンスと話すものの「私は前日に訪問した」と聞かされます。

それを聞いたヒョンスは事件当日のことを思い出します。

事件当日、葬儀場を訪れていたヒョンスは急ぎの用事がありビョンジュに運転するように指示していたのでした。その時に事故に。ビョンジュは車を降りようとするものの、捕まるのを恐れたヒョンスは逃げるように指示していたのでした。

それを思い出したヒョンスは病院へ向かうことに。

その頃、ヒョンウの違憲法律審判の申請は容認されてしまいます。

ジュニたちは事件当日の芳名録を探しに行くものの、芳名録は無くしたと言われてしまいます。ジュニはヒョンスとビョンジュのことを知る人を探してもらうことに。

スポンサーリンク


すると「中学の同窓生3人の中で2人はソだけを目撃し、もう1人はソとコ議員と酒を飲んだとか。でも認知症の方です。ソを目撃したと言う2人は口裏を合わせたかのように、2人は別の日にきて2人は親しくないと。2人ともスラスラ答えた」と聞かされます。

その頃、イェスルはヨンチャンを告訴することに。さらにヒョンスも強要教唆の罪で告訴することに。

その後、スタディーのメンバーが集まると「車載カメラの映像さえあれば」と考えます。そしてそのデータをヒョンス自身が持っているのではないかと考えます。

行き詰まる中、ソルAは「方法はある。極悪人だと明らかにする方法が」と告げます。

ジョンフンはウンスクとスンジェとご飯を食べに行った帰り、ウンスクの車に乗ることに。すると、ウンスクの元に子供からテレビ電話が。その子供はマノの息子の写真と同一人物だったのです。

翌日、違憲法律審判の公開弁論が。ヒョンウの横には参考人としてジョンフンの姿が。

それと時同じくしてネットに1本の動画が。

ソルAは「ヒョンス議員に関する事実のみを述べます。名誉毀損罪廃止法案を発議したので、これから話す内容が全て事実であれば法的対応は取らないはず」と告げると、スタディーのメンバーが次々とヒョンスの悪事と証拠を口にしていきます。

ジョンフンは意見を求められると、短く話すとエリカ・シンという別の参考人が海外の例を紹介すると話します。

そして映し出された女性を見てソルAは驚きます。

ロースクール第14話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ロースクール第14話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ロースクール第14話の感想と考察

マノが死んでしまったことでジョンフンたちは黒幕がいること、ビョンジュの車に同乗者がいたのでは?という推理に至りました。ジョンフンたちもジュニたちもヒョンスが黒幕という結論に至っているようでしたが、物証がなくどうにもならないようでした。

ヒョンスは実際にビョンジュの車に乗っており、事故後逃げるように指示していたのでした。これを見る限り確実にヒョンスが犯人で間違い無いでしょう。しかし、ヒョンスが車載カメラの映像を持っていることと事前の裏工作で物証が出てこないのでした。ジョンフンたちはどうにかして証拠を見つけ出し、ヒョンスを裁判にかけることができるのでしょうか。

そんな中で、ジョンフンはウンスクの子供がマノの息子と同一人物であることに気づきます。マノとウンスクは一体どんな関係があるのでしょうか。もしかしたら、ウンスクがどれかの事件に関わっているかもしれません。

スタディーのメンバーたちはヒョンスの発議を逆手に取り、ヒョンスの悪事を全て公言したのでした。そこを逆手に取ってくるとは予想外の作戦で意表を突かれました。この動画を見たヒョンスも困り果てているようでしたが、ヒョンスはどのように対処するのか。どのような行動に移すのか注目です。

最後、映し出されたのはソルAの反応を見る限りダンだと思われます。なぜジョンフンはあのタイミングでダンを引っ張り出したのでしょう。そしてジョンフンはどのようにダンとコンタクトをとったのでしょうか。ジョンフンの考えが気になります。

まとめ

以上、ロースクール第14話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です