韓国の愛憎ヒューマンドラマ「結婚作詞離婚作曲」シーズン3-10話のあらすじネタバレ&感想考察!

結婚作詞離婚作曲シーズン3第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

パクチュミの結婚した夫(旦那)や子供(息子)!インスタや不慮の事故の詳細はこちら!

パクチュミの結婚した夫(旦那)や子供(息子)!インスタや不慮の事故とは?

ピヨン役パク・チュミのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』パクチュミの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

ヘリョン役イ・ガリョンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』イガリョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

シウン役チョン・スギョンのインスタ&おすすめドラマはこちら!

『2022年最新版』チョンスギョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

結婚作詞離婚作曲シーズン3第10話のあらすじネタバレ!

サヒョンはへリョンの姿にウォンの姿が重なると、仲むつましく会話を。

そして一緒に運動に行く約束を。

イェジョンは別人のようになったへリョンに驚きながらも、その変化に喜びを感じます。

そして2人で出かけようと、エレベーターを降りると、そこにムノの姿が。

ムノが腰を摩るのを見たへリョンは「腰の具合が?」と声をかけると「床で寝てるからかな」と答えられ「硬いところは良くないそうです。ベッドにしては?今から買いに行きましょう」とサヒョンに提案を。

ムノはへリョンの別人のような態度に驚きながらも「そのうち自分で買う」と答えると、へリョンは「ダメですよ。腰痛は辛いでしょ。買ってきます」と。それを聞いたムノは「じゃあ一緒に行く」と言い出します。

その頃、山に遊びに行った帰り、カフェに寄ったドンマたちは良い雰囲気に包まれ、会話も弾みます。

ドンマが電話に出て中々戻ってこないのに心配したピヨンは外に声をかけに行くと、そのまま2人は外でふざけ合います。

すると、そこにジアも。

ジアが来ると、ドンマはカフェの中に荷物を取りに。

その隙に、ジアはピヨンに「室長と結婚して。お似合いよ」と伝えます。

ベッドを買った後、家に帰ったムノは「へリョンだが、まるで別人だな。素直で優しい。下で会って3人でベッドを買いに行ったんだ」とイェジョンに話を。

その夜、バンたちとの食事を終え、家に帰ったヒャンギたちの元にへリュンから電話が。

ヒャンギは電話に出ると「明日、ウラムと3人で会えるか?」と聞かれます。ヒャンギは「電話で話しては?」と言うものの「20分でいい」と頼まれます。

その頃、家に帰ったピヨンはジアに「結婚の話は本気?心変わりはしない?」と聞くと「うん。適当には言わない」と答えられ、思わず「室長のどこが気に入ったの?」と質問を。

「料理上手だし、余計な話をしないし、気負ってないのもいい。ママと2人の時も静かなの?」と言われると「静かと言うよりクール?」と話を。

そして「本当は寂しい気持ちもあるでしょ」と聞くものの、ジアは「寂しくないわ。別に悪い話でもないし。どうせ私は自分の人生を生きるしね」と答え「部長たちとはいつ集まるの?」と聞きます。

その後、アミから「近くに来てるんですが、会えないですか?」と電話が。

ピヨンは家に呼ぶと「上機嫌だったのに、突然怒り出すんです。髪も自分で切るし」とドンミの不可解な行動を聞かされます。

ピヨンは「そういえば、へリョンと揉めたの?どういう関係?」と聞くと「世の中は意外と狭いので当然です」と答えられます。

その後、アミはシウンに「医者の立場で見てよ。本当に変なの」とドンミの話をするものの「反省する気は?毎日1人で料理してたら腹もたって当然だ」と言われてしまいます。

明朝、目を覚ましたピヨンはドンマにメールを。

すると、ドンマから電話が。

「ごめんなさい、起きてるか気になっても思わずメールを」と謝ると「起きてすぐに僕のことを?」と聞かれ「会って話したいことが」と言うと、ドンマは「行くよ。30分で着く」と言い、ピヨンの家へ。

車の中で会うと、ピヨンは「何の話だと?」と切り出します。

「ジアが何か言ってた?」と聞かれ「室長と結婚して、と」と答えると、ドンマに「一緒に寝たの?」と聞かれます。

「いいえ」と答えると「じゃあ、昨日の話だ。なぜ今頃?」と聞かれ「聞かないから。いつ話しても同じでしょ」とふざけあうと、抱き締め合い、幸せを分かち合います。

ドンマは「今日、退職して」と言うものの「休職じゃダメ?辞めるのはいつでもできる」と言われると「じゃあ、そうして」と伝えます。

そして「兄さんが今夜一緒に食事しようと。父さんも彼女を認めてた」と話をして、帰ることに。

翌日、へリュンはシウンが出かけたのを見届けると、ヒャンギたちに会いに。

へリュンに「お前たちは心から再婚に賛成を?」と聞かれたヒャンギは「ええ」と答えると「反対させたいの?私たちの気持ちを知る必要が?」と食ってかかります。

ウラムも「お母さんは幸せそうに見える」と意見すると「再婚相手と同居してお父さんと呼べるのか?」と聞かれます。

それにも「どうでもいい。部長と呼べばいい」と答えるものの「おかしいし、習慣になったら直せない」と言われます。

そしてヘリュンは「提案がある。お母さんは再婚し、お前たちはお父さんと暮らす。そうしよう」と言い出します。

ヒャンギは「お母さんがそれを望むと?」と言うものの「考えてみろ、血のつながらない子供と一緒に暮らして楽しいか?お前たちだって仕方なくついていくだけだろ」と言われ、「私たちはおまけだと?」と言い返すものの「説得するんだ。お母さんも相手に負い目を感じてるはずだ」と言われてしまいます。

それにも「旅行では問題なかったし、部長も優しくしてくれた」と言い返すものの「最初は誰でもそうだ。2人は新婚だ。同じ男だからわかるが徐々に不満がたまる。心の中で煩わしく思えば、態度にも現れる。賢い人間は失敗を事前に避ける。うまく説得しろ。少し離れて暮らすだけだ。1年か2年だけで良いんだ。お前は説得が上手だろ。何が最善かを考えろ。どうすれば、お母さんのためになるのかを考えてやれ」と言われてしまい、考え込んでしまいます。

その後、へリュンが帰ると、ウラムは「お父さんの話はどう思う?お父さんの方が気は楽だよね」とヒャンギに話します。

ヒャンギは「どこがよ、あんなに苦しんだのに。お母さんもそれを望むと?」と言うものの「違うけど、一緒に住めば、そういう問題は起きると思う。お姉ちゃんが説得して」と言われ、思わず「簡単な問題じゃないわ」と。

それでもウラムに「僕が部長でも気は使う。お父さんだって僕たちといる方がいいし、僕たちも安心だよ。正直、お父さんのことはずっと心配だった。そうでしょ?そうすればお父さんも未練はなくなるし、僕はこの家を離れたくない」と言われ、ヒャンギは「本当にお母さんと離れて平気?」と聞くと「1人暮らしじゃないし、お母さんにも会える」と答えられ、さらに考え込みます。

その夜、ピヨンとシウンはバンとドンマとの食事会へ。

初めての4人での食事会は楽しい雰囲気のまま終わります。

後日、シウンはヒャンギたちを連れて、結婚式で着る服を買いに。

その後、家に帰ると「家具を選び直しましょう」と話すもののヒャンギたちは浮かない顔を。

シウンは「何か話でも?」と聞くと、ヒャンギから「2人で考えたんだけど、私たちはお父さんと暮らした方がいいと思う。2人は新婚だし、私たちは勉強を」と言われます。

シウンは「勉強の邪魔はしない。来週からは仕事もやめて時間に余裕ができる。2人と過ごせるの。お父さんに会ったの?一緒に暮らしてくれと?」と聞くと、ウラムは「お父さんの話も正しいと思う」と言い出し、シウンは思わず「何がよ。呆れた」と。

そしてヒャンギは「ウラムは思春期だし、少し時間が必要よ」と伝えるものの、シウンに「思春期に母親から離れろと?」と聞かれると、ウラムは「僕は勉強ができればどこに住んでもいい。お父さんもお姉ちゃんもいるし」と。

ヒャンギは「お母さんは自分の人生を生きて」と伝えるものの、シウンは「2人の世話をするのが私の人生なの。時間もできた」と引き下がります。

それでも「だからよ。少しの時間、離れるだけだし、週末には会える。今は部長をお父さんとは呼べないし、きっと気まずいわ」と言われたシウンは「確かに慣れる時間は必要よ。最初は気まずいし、距離があって当然よ」と言うものの「私たちのことは心配しないで。これからは自分のために生きてほしい。自立したいの。部長は好きだけど、お父さんの方が気楽だし。今回は私たちの考えに従って」と。

そして「いい加減心穏やかに過ごしたいの。これは私たち全員にとって最善の方法よ。まずは半年だけでもいいの」と言われてしまいます。

シウンは「もういい、結婚は白紙に戻す」と口にするものの「部長は?ひとまず考えてみて」と言われ、一度話を持ち帰ることに。

その後、シウンはドンマに呼び出されると「余計な話かもしれませんが、兄についてお伝えしたいことが」と話を聞かされます。

話し終えたドンマは「白紙にされても仕方ありません。今までは黙っていましたが、結婚するなら全てを知るべきかと」と言うものの、シウンは「何も変わりません。私たちはお互いに信頼しています」と答えます。

その夜、シウンはヒャンギたちを集め「よく聞いて。あなたたち同様に私も迷った。でも結婚はするし、あなたたちと同居する。呼び方なんてどうでもいい。もちろん小さな不満が大事件に発展することもある。でも努力で解決できるわ。心配だけしてに逃げるのは間違ってると思う。私もあなたたちも可能な限り努力して、いい結果を目指すべきよ。違うかしら?」と話を。

その言葉にウラムは「わかったよ」と答えると、シウンは「何らかの問題は間違いなく起きる。みんなで知恵を集めて良い結果にしましょう」と続けて話します。

ヒャンギも「私たちを思ってくれてありがとう。世間には子供を捨てる親もいるのに」と伝えると、シウンも「私は幸せ者よ。ヒャンギとウラムという子供を授かった。こんなに優しい子たちはどこにもいない」と口にします。

そしてシウンは「部長はすごく可哀想な人なの。いつか詳しく話すわ」と。

その頃、サヒョンはへリョンとサウナへ。

2人でサウナに入ると、サヒョンは「今は恋人はいないだろ?」と切り出します。

ヘリョンに「ええ」と答えられると、サヒョンは「僕たちもう一度やり直さないか?」と聞きます。

それにへリョンは頷くと、2人は抱きしめ合います。

その後、シウンのもとにバンから電話が。

「今日は家に帰りたくない。今晩だけ泊めてくれ、家まで来た。今、玄関まで言ったら門前払いするか?」と言われたシウンは「しないわ」と答えると「じゃあ泊めてくれる?君の家の窓を見るたび、明かりが暖かそうで入りたいと思ってた。今日は帰りたくない」と言われ、「10分後に来て」と答えます。

その頃、ドンマは式場を探していることが父親にバレると実家へ。

父から「今回も芸能人か?」と聞かれたドンマは「いや、放送局のPDだ」と答えると「気は強いのか?」と聞かれます。

それに「そうだね」と答えると「やっと出会ったな。何歳だ?」と聞かれます。

結婚作詞離婚作曲シーズン3第10話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

結婚作詞離婚作曲シーズン3第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

結婚作詞離婚作曲シーズン3第10話の感想と考察

へリョンは本当にウォンに憑依されたようでした。そのせいでサヒョンはへリョンの姿がウォンに見えるようになってしまったのでした。性格がウォンになったへリョンの態度に周りは明らかに違和感を感じながらも良い変化と捉えたのでした。

ウォンが戻ってきたと感じたサヒョンはついにへリョンに「やり直そう」と復縁をしたのでした。ウォンに乗っ取られているへリョンもOKを出しましたが、本当にこのまま2人は復縁するのでしょうか?へリョンからウォンが抜けてしまったらどうなるのか心配です。

一方、へリュンはシウンを説得できないとわかると子供たちを説得し、再婚させないようにしようと動いたのでした。子供を利用するなんて、父親としてあるまじき行為をしてしまったように思います。

しかし、へリュンの説得に納得してしまったヒャンギたちはへリュンと暮らすことを選ぼうとしたのでした。

そしてシウンを説得しようとするものの、シウンはやはりヘリュンに言われたということをすぐに見抜き、子供を渡すくらいなら結婚しない、くらいの勢いで否定したのでした。

一度ゆっくり考えた結果、結婚も子供たちも諦めないことを決めたのでした。自分たちのことを一番に考えてくれたシウンにヒャンギたちは、シウンの意見を尊重することに決めたのでした。もう、ヘリュンが入り込む隙間はなくなったようです。

子供たちを説得したシウンはせこいことをしたヘリュンにどんな制裁を下すのでしょう。

そして、シウンはバンの過去の秘密を聞かされていたようでしたが、バンにどんな秘密があるのか気になります。

唯一、順調に進んでいたのがピヨンとドンマだったのでした。シウも結婚を認め、気持ちよく結婚に迎えそうでした。

そのまま順調に進んでいってもらいたいです!

まとめ

以上、結婚作詞離婚作曲シーズン3第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「結婚作詞離婚作曲3」のキャスト一覧はこちらをチェック!

韓国の愛憎ヒューマンドラマ「結婚作詞離婚作曲」シーズン3のキャスト一覧(画像付き)や相関図!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。