結婚作詞離婚作曲6話のあらすじネタバレ&感想考察!

結婚作詞離婚作曲,6話,ネタバレ

スポンサーリンク


結婚作詞離婚作曲第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

結婚作詞離婚作曲第6話のあらすじネタバレ!

ドンミは四十九日が過ぎても衰弱し切った様子をユシンの前で演じ続けていました。

その頃、ピヨンはへリョンとシウンとともに食事へ。

お酒が回ったへリョンは「旦那さんが離婚を切り出したのは長くいすぎたからじゃなく女がいるからかと」とシウンに告げます。シウンは「夫に限ってそれはない」とすぐに反論するものの、へリョンは「灯台下暗しですよ。男を信じすぎちゃダメ。サPDも」とピヨンにも絡んでいきます。ピヨンに「ストレスが溜まってるのね」と優しく宥められたへリョンは子供を作ることにしたことを教えます。

その後、シウンが家に帰ってくると先に帰宅していたピヨンは「お義母さんの所に寄ってきたの?食事は?」と聞くと「僕が無理に食べさせてきたよ」と答えられます。それに対しピヨンは「そこまでする必要があるかしら」と怒りました。

翌日、ヘリュンは酔っ払って帰宅するとシウンに「実は付き合ってる人がいる。長くいすぎたからじゃなく君以外の女が、別の女が僕の心の中にいるんだ」と告白しました。

シウンはヘリュンを問い詰めるものの「断ち切ろうとしたが不可能だと悟った。別れてくれ」と言われてしまいます。すぐさま「子供たちのことは考えないの?」と意見するものの「どうしようもない」と言われてしまい「あなたを見損なったわ。大学教授たる者が家族を裏切り浮気するなんて。考えてみて今までの苦労を」と言うものの、ヘリュンに再度「とにかく終わりにしよう。離婚する夫婦はそこら中にいる。子供たちに会えないとしても仕方ないと思ってる」と告げられてしまいます。

そんなヘリョンにシウンは「夫婦関係は仕方ない。行きたければ行けばいい。でも書類上は夫婦のままよ。私はどれだけ傷つこうが構わない。でも子供たちはダメ、絶対知られないようにして。子供たちを優先して」と告げました。

その頃、その日もドンミのことばかり気に掛けるユシンにピヨンは「慰めが必要なのはお義母さんだけじゃない、私もジアも悲しいんだから」と言うものの「彼女の喪失感は僕たちのそれとは比較にならない。わかるだろ」と言い返されてしまいました。

翌朝、シウンはヘリョンに「欲望を満たすために子供たちを傷つけたら絶対に許さない。万が一子供たちを泣かせたりしたらその時は何をするかわからない」と再び忠告しました。

その日、ムノ夫婦はヘリョンたちの元を尋ね「我々もじっくり考えてみた」と離婚について話そうとすると、ヘリョンから「お義父さん、これ以上問題視しないことにします。子供をもうける事にしました」と聞かされます。

そしてへリョンは「あなたも努力して」とサヒョンに伝えるものの「努力して済む問題じゃない」と反論されると「これが最善の解決策なの。大勢の前で結婚を誓ったのに醜態を晒す気?式の参列者たちに申し訳が立たないでしょ。私はお二人を実の親のように思っています。よその女が身篭ったから私は引き下がるべきですか?私が実の娘だったら?私はお二人に従います」とムノたちに訴えました。

それを聞いたムノは「浮気相手とは別れるんだ。自分でまいた種は自分で刈りとれ。これ以上彼女を苦しめるんじゃない」とサヒョンに告げました。

スポンサーリンク


ですが、それに納得のいかないサヒョンは帰っていくムノたちの車に乗り込むとカフェで再び話をする事に。

何を言っても考えの変わらないムノたちにサヒョンは「男の子だったら?男の孫が生まれたら最高の親孝行だろ?」と揺さぶりをかけるものの「許しを請うんだ。へリョンが目を瞑ると言ってくれてるうちにな。最後のチャンスだぞ。子供の問題は追々考えよう」と突っぱねられてしまいます。

その頃、ピヨンは食事の準備をしているとジアから「フィリピンのおばあちゃんに会いたい」と言われてしまいます。ピヨンは仕方なくジアを連れて行くと、ジアだけ降ろし帰って行きます。

その後、ユシンと2人になったピヨンは以前友人から送られてきたユシンとドンミの親しげな写真を見せます。するとユシンに「年上の女性と浮気してると?」と聞かれます。「義母だとわかってる。誤解を招きかねないって。どこかで患者が見てるかもしれないし気をつけないと」と伝えると「生きていれば誤解されたり妬まれることもある。彼女が元気を取り戻したら君だけに尽くすよ」と言われ、安心します。

後日、ヒャンギはヘリュンを呼び出します。

結婚作詞離婚作曲第6話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

結婚作詞離婚作曲第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

結婚作詞離婚作曲第6話の感想と考察

ヘリュンはシウンに付き合っている女性がいることを明かしてしまいました。きっとヘリュンは日々浮気相手のことを思い続けているうちにもう結婚生活を続けるのは厳しいと判断したのだと思います。

シウンはショックを受けたようでしたが、すぐに子供たちのことを考えていました。自分のことよりも子供たちが傷つかないように考えるなんて母親の鑑のように思いました。

結局、離婚はせずに別居という形になったようですがこのまま現在の生活を続けていくとは思いません。さらに最後、ヒャンギはヘリュンを呼び出していましたが、なぜ呼び出したのでしょう。もしかしたらヘリュンが他の女と付き合っている事に気づいたのかもしれないと思います。

へリョンは知恵を振り絞った結果、サヒョンを苦しめるためにムノたちを泣き落とし離婚を回避したようでした。子供を作らないという気持ちを変えてまでサヒョンを苦しめたかったのを見ると、女の執念を感じます。このままへリョンは離婚を回避することができるのでしょうか。

ピヨンはユシンとドンミの関係性に疑いを持っていたものの、説明を受け納得したようでした。ですがなぜドンミはなぜあそこまでユシンの前で衰弱しきった状態を演じ続けているのでしょう。理由が気になります。

そしてユシンはキム課長という人と親しげなやりとりをしていましたが、キム課長とは一体何者なのでしょうか。ユシンとの関係性が気になります。

まとめ

以上、結婚作詞離婚作曲第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です