結婚作詞離婚作曲7話のあらすじネタバレ&感想考察!

結婚作詞離婚作曲,7話,ネタバレ

スポンサーリンク


結婚作詞離婚作曲第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

結婚作詞離婚作曲第7話のあらすじネタバレ!

ヒャンギはへリュンと会いに公園へ向かいます。

ヒャンギは「昨夜はどこに?」と聞くと「友達の家に」と答えられます。その答えにヒャンギは「男?女?昨日スーパーで見かけた。助手席に女性が。あの人に家にいたの?お母さんが知ったら」と問い詰めます。それに対し「知ってる。面目ない。だがどうしようもないんだ」と答えられると「どうしてお父さんが。何を考えてるの。どこの女?いいわ、どうせクズだから」と告げ、ヒャンギは去って行きました。

その後、へリュンは家に戻るとシウンに「ヒャンギが知った。昨日買い物に行ったんだが、ヒャンギも同じ店に。今朝公園に呼び出されて尋ねられたから正直に答えたよ。君が知ってることも言った。じきに帰ってくる。僕を避けてるだけだ」と打ち明けます。それを聞かされたシウンは「だから出ていくと?どうしよう」と頭を悩ませます。

その頃、ソヒャンとジアは一緒に韓国ワールドを訪れることに。ユシンとドンミも2人で韓国ワールドを訪れます。

パレードを見ていたソヒャンとユシンとドンミが2人で肩を組んでいる姿を目撃してしまいます。

その後、ユシンたちはホテルのバーに移動するとドンミは「無理に気にかけなくてももう大丈夫よ」と伝えます。ですが、ユシンは「心外だな。姉さんも無理に僕に優しくしてたのか?僕たちは一生お互いを大切にし合うんだ。それが運命だ」と伝えます。

仕事をしていたへリョンでしたが、収録の途中で吐血してしまい救急車で運ばれることに。サヒョンもピヨンからそのことを聞かされると急いで病院へ。

家に戻ったヒャンギはウラムに「お父さんは女の人と会ってる。それでも好き?」と話します。ウラムは「さあ。お母さんは知ってるの?」と聞くと「うん。でも私たちがいるから辛くても表に出せないの。私たちを傷つけないため」と答えられ「信じられない。お父さんに聞く」と告げます。ヒャンギも「その前にここジウクの準備を。もし事実なら?一緒に暮らしたくない。私は絶対に許せない。お父さんに話を聞こう」と伝えます。

その後、ヒャンギが帰ってきたことを聞かされ急いで家に戻ったシウンはヒャンギと話をすることに。ヒャンギに「本音が聞きたい。未練はある?」と聞かれるとシウンは首を横に振ります。「私もよ」と言われたシウンでしたが「でもあなたたちは私とは違う。夫婦の縁は切れるけど、親子の縁はそうはいかない」と告げます。

そう言われたヒャンギは「お父さんは私たちなんてどうでもいいの。お母さんはわかってない。私たちをこんなふうに騙すなんて。感情を抑えないでよ。とにかく本当に未練がないならお父さんと別れて」と本音で話します。

その夜、シウンたちはへリュンを呼び出すと家族4人で話をすることに。感情を爆発させたヒャンギは思いの丈を全てへリュンにぶつけるものの、謝ることしかしないへリュンに「心置きなく出てって。こんな父親願い下げよ」と告げました。

その後へリュンは「悪いのは僕だけか。たった一度の過ちだ」とシウンに主張するものの、相手にされずにいると、家族全員を呼び出します。

スポンサーリンク


そして「裏切られたと思うのは当然だ。だが、お父さんの立場で考えてくれないか。生涯を通じて1人だけを愛するのは可能だと思うか?お父さんたちは出会うのが早すぎた。想定外のことが起きてしまったんだ。そこまで非難されることか?お前の一言一言に胸がえぐられる思いだった。もっと言うと窓から飛び降りたくなった」と話すとヒャンギは「それは脅し?慰めないとね。ごめんなさい、快く送り出せず。私も不本意でした」と返します。そう言われたへリュンは「軽蔑の目で見ないでくれ」と言うものの、ヒャンギは「何もかもは手に入らない。新たな愛と引き換えに尊敬を失ったのよ」と続けました。

その話を聞いていたシウンもヒャンギを庇うと、へリュンは突然立ち上がり「たった一度の過ちをそこまで攻撃するか。いっそ殴ってくれ。一生罪悪感に苦しめと?」と泣き崩れてしまいます。それを見たヒャンギでしたが「自分でまいた種よ。もう一度言うね、何もかもは手に入らないの」と再び、冷たい目線を浴びせ告げました。

結婚作詞離婚作曲第7話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

結婚作詞離婚作曲第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

結婚作詞離婚作曲第7話の感想と考察

ヒャンギはへリュンの浮気現場を見てしまっていたのでした。ヒャンギは自分たちがそのことを聞かされてなかったこと、そして、尊敬していた父親が不倫をしていたことにとてもショックを受けていたようでした。年頃の女の子にあれはかなりショックだったと思います。

さらにそれを聞いたウラムもかなりの衝撃を受けていたようでした。小学生の弟に事実を全て話そうと思ったヒャンギの覚悟は相当なものだと思いました。それを聞いたウラムは小学生とは思えないくらい落ち着いた対応をしていたようでした。きっと自分がしっかりしないといけないという考えになったのだと思います。すでに大人の男になりかけているようでした。

ヒャンギに言いたいように言われたへリュンは最後は逆ギレを始めていました。へリュンが一番大人気なかったです。子供たちの意見を否定してでも自分のプライドを守りたかったのだと思います。クズな父親と言えるでしょう。あんな態度なら見捨てられても当然だと思います。

シウンも子供たちの意見を聞き離婚を決意したようでしたが、これからこの家族はどうなっていくのでしょうか。

一方、ソヒャンはユシンとドンミが仲睦ましくデートをしているのを目撃してしまいました。ソヒャンはどうしていいかわからないようでした。ソヒャンはピヨンにその事実を伝えるのでしょうか。もし、ピヨンがそれを聞いたら夫婦関係はどうなってしまうのでしょうか。

へリョンはストレスのせいで吐血してしまい、入院することになってしまいました。その様子をみたサヒョンは頭を抱えていましたが、きっとサヒョンはこれでへリョンとしばらく離婚できないと悟ったのだと思います。それがかなりショックだったのだと思います。これでこの夫婦も離婚の危機を乗り越えることができそうです。怪我の功名と言えるでしょう。

まとめ

以上、結婚作詞離婚作曲第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です