結婚作詞離婚作曲8話のあらすじネタバレ&感想考察!

結婚作詞離婚作曲,8話,ネタバレ

スポンサーリンク


結婚作詞離婚作曲第8話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

結婚作詞離婚作曲第8話のあらすじネタバレ!

へリュンは「家長という立場上泣き言も言えなかった。我慢するしかなかった。今まで数々の誘惑があったがなんとか避けてきた。でも結局こうなった」と泣き言を言うものの、ヒャンギは「隣の芝が青く見え、よそ見することもあると思う。でも心を寄せちゃいけなかった。恨んだ理しないから離婚届を出して」と告げました。

その頃、ピヨンはソヒャンと会うと「遊園地でユシン君とあなたの義母を見かけたの。側から見るとまるで恋人同士のように親密に見えたの。あまりにも親密で楽しそうに見えたの」と聞かされます。

家に戻ったピヨンはユシンの携帯を見るとソヒャンの言う通り親密な写真が。

へリョンに付き添っていたサヒョンは「別れるよ。僕の気持ちさえ整理すれば済む問題だから」と伝えます。それを聞いたへリョンは「あなたがすがってたの?自分の子を身篭ったから惹かれたの?」と聞くものの話を逸らされてしまいます。

翌日、シウンとへリュンは離婚届を出しに向かいます。

その後、買い物へ向かったシウンは前日のヒャンギの言っていた言葉を思い出し、涙を流してしまいます。

そして夕食を準備すると「これからは3人で仲良く暮らしましょう。前向きに考えましょう。あなたたちには器の大きな人になってほしい。気に入らないことをいつまでも胸に留めておかず、広い心で包み込めるような人にね」とヒャンギとウラムへ伝えました。

その夜、ピヨンはドンミの家を訪ねることに。すると、ドンミがユシンに「本当のことを言うと、あなたの世話がしたくて院長と結婚したの」と話しているのを耳にしてしまいます。

ピヨンは衝撃を受けるものの、何事もなかったかのように2人の前に現れ一緒に食事することに。

家に戻ったピヨンはユシンの前にキャリーバックを持ってくると「明日持っていって。お義母さんが心配でどのみち毎日様子を見にいくでしょ。だからよ。好きなだけいればいい」と冷たい表情で告げます。それにユシンは「父に頼まれたと言っただろ」と言うものの、ピヨンは「わかってる。通うのは大変でしょ」と伝えます。

その後、ユシンは「誤解するな」とピヨンに伝えるものの「してない。2人は親子になって30年よ。実の親子より仲良しこよしの継母と息子を誤解するわけない。母親の口に海苔巻きを運ぶ息子がいる?子供どころか嫁でもしないわ。食べさせてもらうあの人もどうかしてる」と言い返されます。

それに「考えてみると君が気を悪くするのは無理もない」と説明するものの「説明しなくてもどんな感情なのかわかってる。不平に聞こえる?わざわざ行ったり来たりせず親子水入らずで慰め合えばいいじゃない」と皮肉のように言われてしまいます。

ユシンは「すまない、配慮が足りなかった。目が回るほど忙しくて」と謝るものの「それでもお義母さんが優先でしょ?だから行けと言ってるの。昔から2人の仲は異常だったわ」と言われ「皮肉るなよ。1ヶ月だけ待ってくれ」と返すと、ピヨンは「わかった。その間は向こうで過ごしてね」と告げ、立ち去りました。

その後、寝ていたユシンは起き上がりピヨンを起こすと「今まで亡き母についてあまり話さなかっただろ。いい思い出がなく実の母親のことを悪く言ってしまいそうではぐらかした。母は兄だけを溺愛し、父は僕に無関心だった。子供ながらに自分は愛されてないとわかった。母は僕を深く傷つけ天国にも兄だけ連れて行った、ドンミ姉さんだけが僕の味方だった。彼女のお陰で僕はぐれずに済んだし君にも出会えた。少しの間だけだから理解してくれ。今度は僕が支えたい」と懇願しました。

スポンサーリンク


ですが、ピヨンはユシンとドンミの親密な写真を見せると「もし私が若い継父とこんなことしてたら?あなたとジアをほったらかしにして毎日継父とイチャついてたら?気持ちはわかるけど誤解を招くような写真まで撮られたら気にせずにはいられない。だから実家で過ごして」と再び伝えました。

それでもユシンは「1ヶ月だけ我慢を。そしたらもう悩ませたりしない。すまない、彼女が独り立ちできるよう自然に距離を置くよ」と頼むと「条件が。純粋に心配なだけなら誰かいい人を紹介してあげて」と条件を出され、納得することに。

後日、ユシンは済州島へ向かうことに。

結婚作詞離婚作曲第8話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

結婚作詞離婚作曲第8話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

結婚作詞離婚作曲第8話の感想と考察

へリュンは最後までヒャンギやシウンに対して泣き言を言っていました。そこまでしてでも自分の罪悪感をなくしたかったのだと思います。まさに自己中な男というのがよくわかりました。

その結果、シウンも離婚を受け入れることにし正式に離婚を果たします。シウンと子供たちは全員が心に傷を負いながらも、傷ついているのを見せずに頑張っているように見えました。この3人は本当に固い絆が生まれると思います。離婚後、シウンたちの生活がどのように変化していくのか注目です。

その一方でへリョンが入院したことでサヒョンは気持ちを改めるかのようにへリョンに優しくなっていました。本当にサヒョンは気持ちを入れ替え改心したのかもしれません。ですが、まだ顔は晴れやかな様子ではありませんでした。内心ではまだ浮気相手と別れたくない気持ちと葛藤しているのだと思います。今はその気持ちを押さえ込んでいるようですが、サヒョンはこのまま浮気相手と別れることができるのでしょうか。

ユシンとドンミの関係を疑ったピヨンは「本当のことを言うと、あなたの世話がしたくて院長と結婚したの」と衝撃の発言を耳にしてしまっていました。この言葉はドンミのユシンに対する告白とも取れる言葉に感じました。ユシンは関係を否定していましたが、明らかにドンミの方はユシンのことを狙っているようでした。どうにかしてピヨンからユシンを奪おうというような雰囲気まで感じてしまいます。これからのドンミの行動には注目しておきたいです。

それに対しピヨンはユシンからドンミに対しての気持ちを説明され、ある程度納得していたようでした。あれだけの言葉で納得してしまうなんてピヨンも簡単だなと思ってしまいます。

そんな中、ユシンは恩師のお見舞いにいくと済州島を訪れるようでしたが、本当にお見舞いのためなのでしょうか。明らかに不倫旅行の雰囲気を感じます。この旅行が引き金になってピヨンたち夫婦が崩壊していかないことを望みます。

まとめ

以上、結婚作詞離婚作曲第8話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です