恋するアプリLoveAlarmシーズン2-最終回(6話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


恋するアプリLoveAlarmシーズン2最終回(第6話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

恋するアプリLoveAlarmシーズン2最終回(第6話)のあらすじネタバレ!

ジョジョはへヨンを追いかけ、会社の前まで来るものの、そのまま帰って行きます。

帰り道、ジョジョは1人でバス停に座り込み過去を振り返っていると「ここで何を?絵の通りやってあげたのに、なぜ変わらない?君にも誰もいない、独りだよな。だから絵を投稿してた」と男に声をかけられます。「いいえ、そうじゃない」と反論するものの「やっぱりダメだった」と言われ、腕を掴まれます。

過去の記憶がフラッシュバックしたジョジョが顔をあげると、その男は過去に追いかけられたストーカーだったのでした。

すると、その男は尾行していた警察によって殺人の容疑で逮捕されてしまいます。警察に取り押さえられた男は「おい、なんとか言え。君も独りだろ。絵の通りにしたのになぜ変わらない?」と叫びます。

それを聞いたジョジョは「いいえ、そうじゃない」と思わず、その場に座り込んでしまいます。

そしてその夜、そのことがニュースで報じられます。

翌日、ジョジョは警察の取調べを受けると「鳴り響く世界は指示や予言じゃありません。鳴り響く世界は…」と話しました。

取調べが終わるとジョジョはへヨンに電話をしようとするものの、勇気が出ずにやめてしまいます。

家に帰ったジョジョは「私のせいです、何もかも。どこで間違えたのかわかりません。生き残った時からか、黙ってたらダメだけど、また間違えたら?」と思わず号泣してしまいます。

その後、ジョジョは考え込んだ結果、鳴り響く世界の作者が自分であることを明かします。

「私と私の絵のせいでこれまで生じた誤解を解き、傷を癒すためこの文章を書きます。鳴り響く世界は予言や指示ではなく、私の物語です。私は済州島の一家心中事件の唯一の生き残りです。死んだ両親の隣で1人生き残った。こうして生き残り、平気なフリして笑ってもいいのか、平凡な人間のふりをして生きてもいいのか。怖かった、過去を知られたらみんな離れていきそうで」

ジョジョはソノに「あなたに話があるの」とメッセージを送ると会うことに。

2人は一緒に歩くと、ソノは「盾を入れて後悔したことは?」と聞きます。ジョジョが「ずっと後悔してた。でもまた盾を入れると思う。色々学んだの。だから当時に戻っても同じように盾を入れて後悔して同じように苦しむはず。ごめんね」と答えると、ソノは「謝るのはやめろ。誰かに恋するのは罪じゃない」と伝えました。

そして過去と決別することのできた2人は笑顔で別れます。

その頃、へヨンはドックに呼び出されると「槍と盾を使ったのは彼女の意思だった。盾がなければ君と付き合わなかった。盾のせいでソノと別れて君が彼女の好きになる人になった。盾の登場で彼女の意思が介入し、君が好きになる人に。槍を使ってでも告白したかったようだ。そこまでして伝えたかった気持ちが本心じゃないなら何かな」と言われます。

それを聞いたへヨンはジョジョから送られてきた「あなたに正直になるにはまずすべきことがあるの。私が戻ったら話を聞いてくれる?」というメッセージを見て、考え込みます。

そのメッセージを送ったジョジョは全てを清算するために済州島のマラソン大会に参加することに。

心中事件について考えながら走ったジョジョは「ただ、重かったから手放したの。誰も悪くなかった」と自分なりの答えを出し、スッキリした気持ちでゴールへ。

そして走り切ったジョジョがゴールにつくと、そこには笑顔のへヨンの姿が。ジョジョはすぐに駆け寄り、2人は抱きしめ合いました。

その頃、ブライアンがオフィスに戻るとそこにはドックの姿が。ブライアンは「何が望みだ」と聞くと「2.0の放棄」と言われ、思わず「そのためにここまでしたのか?」と問います。

ドックは「2.0はダメだと兄さんに遺言したはず」と告げるものの「お前が作ったアプリは人を孤独にした。2.0は彼らのために作られた。恋してくれる人がいると知れば23人は自殺しなかったはずだ」と反論されてしまいます。それに「本当にそう思う?人々はおすすめの人としか交際しなくなる。可能性を遮断してる。おすすめに誤差があれば実る恋も実らない」と対抗すると「どう証明する?」と言われたので、ドックは「ジョジョ。彼女が盾を入れて好きになる人が変わった。タイミングと意思、この誤差が人生を変える。理解できた?2.0を諦めて。兄さんは永遠にただの開発者だ」と告げました。

1ヶ月後、ラブアラーム2.0のリリース900日記念のイベントが。念願のバッジクラブになったクルミはVIPラウンジへ。そこにはドックの姿が。

スポンサーリンク


驚いたクルミは「なんでここに?なぜバッジクラブへ?」と聞くと「僕が創業者だ。起きたら病院でさ、僕以外世の中は一変してた。僕は23歳だって、中身は18歳なのに。ごめん、まだアラームが鳴る」と告げられます。

クルミが受け止めきれずにいると「まだ僕が大嫌い?」と聞かれ、咄嗟に「私もあんたに少しは気があった」と答えると、ドックのアラームが。

クルミは「私が鳴らしたの?」と驚くと「意識が戻って最初にこれを作った。人の心を読むのは難しいから。君がベータテストになるとは」と言い、携帯の画面を見せられるとそこには「嘘」の文字が。

それを見たクルミは「私をテストしたってこと?なぜ人の心を判断しようとするの?なぜ人を弄ぶの?何様のつもり?約束を守ってよ、破ったら承知しない」と告げ、ドックの前から立ち去ります。

そして家に帰りると、ラブアラームのミューズとしてネットで紹介されます。

その頃、ソノはへヨンと思い出の場所で会うと仲直りを果たします。

海外から帰国したユクチョは自分が留守にしていた間、何度もソノが家を訪ねてきていたことを知ります。ソノの思いを知ったユクチョは家を飛び出すと、そこにはソノが。ソノは「まだ鳴らせない。でもまた来る。明日も、明後日も。続けていたらいつか本当に鳴るかも知れない」と伝えると、ユクチョは頷き、ソノに抱きつきました。

後日、ジョジョはドックに呼び出されます。そして「へヨンを好きだったのに自信がなかった理由を?」と聞かれ、ジョジョは「それは私が…」と答えようとすると「彼のアプリを鳴らせなかったから。本心を知る方法はある。へヨンに恋した瞬間、君はへヨンのあなたを好きになる人から消えた。奴にたつかわからないけど、今はこれしかできない」と言われ、アラームを鳴らしたログが入ったテープを渡されます。

それを受け取ったジョジョはへヨンのもとに行き、それを見ることに。

しかし、再生されないとわかると2人は食事に行くことに。

その後、勝手にテープが再生されるとジョジョは最初からへヨンのアラームを鳴らしていたのでした。

恋するアプリLoveAlarmシーズン2最終回(第6話)以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

恋するアプリLoveAlarmシーズン2最終回(第6話)のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

恋するアプリLoveAlarmシーズン2最終回(第6話)の感想と考察

今までラブアラーム関連の事件が起こってしまったのが鳴り響く世界のせいだと知ったジョジョは悩み込んだ結果、鳴り響く世界の作者が自分であることを明かすことにしました。自分の絵を現実にするために動いた犯罪者のせいで命を落としてしまった人たちへの罪滅ぼしの念と、これ以上自分を隠すのはやめようと決意した結果、自分が作者であることを公開したのだと思います。この時に、ジョジョの気持ちに大きな変化があったと思います。

さらにジョジョは過去の記憶との決別をするために済州島のマラソン大会へと参加したり、ソノへしっかりと謝罪をしたりと前に進むための行動を取りました。今まで自分の思いを表に出すことを躊躇っていたジョジョが初めて自分の思いを包み隠さずに吐き出そうとした結果だと思いました。ジョジョにとって良い心の成長だったと思います。

ソノも完全にジョジョと決別できたことで、ユクチョと真剣に向き合うことにしたようでした。もしかしたら、アラームは鳴っていなかったもののソノはすでにユクチョから離れられなくなっているのだと思います。この2人がうまくいったことを願います。

さらに、ソノとへヨンも仲直りすることができたようです。お互い、仲違いしていたもののジョジョが全てを清算したことで2人も再び関係を取り戻したようでした。元通りに戻って良かったです。

そして最後にジョジョが鳴らしたアラームのログが明かされましたが、やはりジョジョは最初からへヨンのことが好きだったのでした。アラームが鳴らないからわからなかっただけで、ずっとへヨンのことが好きだったのでした。色々あったものの、最終的に本当に好きな人と付き合えたのだから良かったと思います。

まとめ

以上、恋するアプリLoveAlarmシーズン2最終回(第6話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です