美しかった私たちへ15話のあらすじネタバレ&感想考察!たかが大学

スポンサーリンク


美しかった私たちへ第15話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

美しかった私たちへ第15話のあらすじネタバレ!

ソリはホンと共にジンファンのお見舞いに行った帰り、ホンがKEISTと総称される難関大学を受験することを聞かされてしまいます。

翌日、ソリは担任の元に相談に向かい進学のことを聞くと「地方の大学ならいける」と言われてしまい、ショックを受けてしまいます。

その頃、デソンは「このまま練習を続けると、肩を動かせなくなり日常生活に支障が出ます」と医者に注意されるものの、国家代表の選抜大会に向け練習を続けます。ですが、思うようにいかずストレスを溜めてしまいます。

翌日、ハヨンが思いを寄せていた保健室の先生はヒジの件の責任を取り、学校をやめ海外に向かってしまうことに。ハヨンは先生に会いに向かうと「アメリカに来るときは連絡をくれ。喜んで迎えに行くよ」と言われます。ハヨンも「約束ですよ。本当に遊びに行きますからね」と答え、約束します。そして「いつかその日がきたら笑顔で会おう」と言われると、ハヨンは涙を流しならが見送りました。

ハヨンは別れにショックを受けながらもソリに励まされ、なんとか気を取り直します。

そしてその日、ソリとホンとデソンは一緒に遊びに行くと、ホンとデソンはビリヤードで勝負することに。ホンはソリにいいところを見せようとするものの、デソンにボロ負けしてしまいます。

いじけたホンはソリを無理やり連れて帰ることに。

帰り道、ソリに「落ち込まないで。負けたのは下手だからじゃなくて、デソンがうますぎるだけ」と言われたホンはさらに落ち込んでしまいます。

後日、職員室に向かったソリはデソンの肩が無理をしたら危険であり、水泳をやめるかもしれないと耳にしてしまい、動揺してしまいます。

スポンサーリンク


ソリはデソンと食事に向かうと「肩の怪我はそんなにひどい?水泳を辞めるの?」と聞きます。ですが「きっと治るから心配するな」と答えられ、ソリも元気を取り戻します。

美しかった私たちへ第15話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

美しかった私たちへ第15話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

美しかった私たちへ第15話の感想と考察

ジンファンとハヨンはいまだに微妙な距離感でした。きっとジンファンの告白は失敗に終わってしまったのでしょう。少しかわいそうです。

そんな中、ハヨンが思いを寄せていた保健室の先生が海外へ向かってしまいました。ハヨンの気持ちを感じ取っていた先生は優しい声をかけ、ハヨンをできるだけ傷つけないように去って行きました。大人の男性の余裕を感じました。

ホンとデソンはソリを狙って本格的に火花を散らしているようでした。ホンは本気になってやっているようでしたが、デソンはそんな2人の恋をアシストしようと思ってやっているようにも見えました。ソリとホンはデソンのアシストをうまく活用し付き合うことはできるのでしょうか。

デソンは肩の状態がかなり深刻なようでした。もしかしたらこの怪我は過去にソリを庇おうとして追ってしまった怪我なのかもしれません。もし、それをソリが知ったらどうなってしまうのでしょう。そしてデソンは怪我をおしながらも選抜大会でいい結果を残せるのでしょうか。

まとめ

以上、美しかった私たちへ第15話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

16話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です