美しかった私たちへ4話のあらすじネタバレ&感想考察!運動会

スポンサーリンク


美しかった私たちへ第4話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

美しかった私たちへ第4話のあらすじネタバレ!

ソリはホンの誕生日が近づき時計をプレゼントしようと考えるものの、お金が全然なくて困っていました。ハヨンも父親の誕生日プレゼントを買うお金がなく、悩んでいました。

すると、スポーツ大会の優勝賞金が150万ウォン分出ることを聞かされます。それを聞いたソリとハヨンは障害物競走の代表選手に立候補すると、すぐさま練習を開始することに。

ソリのハードル走の酷さにデソンは「俺が教えてやる」というものの、ソリから「実力を見てから」と言われてしまいます。デソンも試しに走ってみるものの、うまく走ることができませんでした。

その後、デソンは図書館に行きハードルのコツを調べることに。一緒について行ったソリはホンの姿を見つけると「ハードルを跳ぶ時よく転ぶの。バランスが悪いのかな。ホンは中学生の時ハードルが得意だったよね」と話しかけるものの「俺を頼るな」とあしらわれてしまいます。

そんな中、ハヨンは転んでしまい足首を怪我してしまいます。

その夜、ソリはホンに電話をかけると「よかったら家の前の公園で会わない?」と誘います。ですが「今から?勉強中なんだけど」と断られると「話があるのに」と呟きます。「電話で言えよ」と言われたソリは「今日ね、ハヨンが足首を怪我したの。セヒョンが邪魔したせいで。だからスポーツ大会は無理だって言われてた。とにかく代わりが必要なの」と話しました。

翌日、ホンのハヨンたちと一緒にソリの練習を見ているとハヨンから「なぜ頑張ってると思う?生金で誕生日プレゼントを買うんだって」と聞かされます。それを聞いたホンはハードルを教えることに。

そしてスポーツ大会当日、障害物競争が行われるとソリたちは1位を獲得します。そしてスポーツ大会を優勝するものの、優勝生金は15万ウォンで1人あたり5000ウォンしかもらうことができませんでした。

スポンサーリンク


その商品券をもらったハヨンは「もう行かないと、お父さんに会いに。時間がないの急がないと。今日出国したら数ヶ月は会えなくなっちゃう」と言うと、ホンは「越えろ。保健室の裏の門を」と教えます。

ソリたちは途中で生活指導係に見つかるものの、なんとかハヨンを逃すことに成功しました。

美しかった私たちへ第4話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

都会の男女の恋愛法第4話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

美しかった私たちへ第4話の感想と考察

ソリとホンの心の距離が少しずつ近づいているように感じました。ホンは今までよりもソリを見たときに笑みを浮かべる回数が増えたように思いました。ホンが自分の気持ちに素直になり始めているように感じます。

ソリもだんだんとホンが歩み寄ってきてくれていることに気づき始めているようでした。特にソリが自分の誕生日プレゼントのために頑張っていると聞いたホンがソリに歩み寄り手を差し伸べた所では、ソリは感動を感じていたように思いました。

ホンがここまで行動を起こすようになったのはデソンのおかげだと思います。

デソンはソリを好きと思う気持ちを隠しながらサポート役に徹していました。ソリの練習を手伝うあまり、水泳の練習をサボってしまいコーチに怒られてしまっても笑みを浮かべていました。きっとデソンにとってソリは初恋の相手なのだと思います。このままデソンが気持ちを隠し通すのか、自分の気持ちを伝えるのか気になります。

まとめ

以上、美しかった私たちへ第4話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です