美しかった私たちへ5話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


美しかった私たちへ第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

美しかった私たちへ第5話のあらすじネタバレ!

演劇祭が近づいたある日、担任の先生からグループに分かれるように指示されます。ソリはすぐにホンを誘おうとするもののホンは他のグループにも誘われてしまいます。ホンが「考えてみる」と返答したのを聞いたソリは急いでホンを勧誘しに行くことに。

ちゃんとした返事がもらえなかったソリは授業中や掃除中もしつこくホンを誘います。ですが、その思いも虚しくホンは他のグループに所属することに。

後日、ソリはハヨンと話しているとデソンがやってきて「放課後に用事ある?演劇の練習をしよう」と誘われます。ソリはOKするもののハヨンには「家庭教師が来るの」と断られてしまい、2人で練習することに。

放課後、デソンの家に行くことに。デソンのおばあちゃんを紹介されたソリは「両親は?」と聞くと「おばあちゃんと父さんと俺の3人家族なんだ」と聞かされます。

演劇の練習を終え、ソリを家の前まで送ったデソンは「ありがとう。俺はずっと水泳ばかりでろくに学校に通えてなかった。でもこの学校では友達もできてカラオケや演劇の準備もできて毎日が楽しい」とソリに伝えました。そしてソリが「私って楽しいでしょ」と自慢げに言うと「最高だ」と言いソリの頭を撫でました。

たまたま外に出てきたホンはその様子を見てしまい複雑な気持ちになってしまいます。

翌日、演劇の代表を選ぶためのオーディションが行われます。そこでソリとデソンがカップル役を演じる姿を見てホンはさらに複雑な心境になってしまいます。結局ソリたちのクラスの代表はホンたちのグループに。

演劇祭当日、ナレーションを任されたソリでしたがヘマをしてしまい失敗に終わってしまいます。

スポンサーリンク


演劇終了後、ソリが舞台袖で落ち込んでいる様子を見ていたホンは自分の着替えが終わると急いでソリの元に向かいます。ですが、そこにはデソンの姿も。ソリがデソンのジャージを着ているのを見たホンは「ソリ、救いようがないな」と言い、その場から出て行ってしまいます。

美しかった私たちへ第5話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

都会の男女の恋愛法第5話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

美しかった私たちへ第5話の感想と考察

ソリとデソンが親しくしている姿を見てしまったホンは勘違いをしてしまっているように思います。ずっと自分のことが好きだったはずのソリがデソンに取られて行くような気がして複雑な気持ちになっているのだと思います。ホンはデソンのことをライバル視しているのかもしれません。

一方ソリはそんなこととは知らずデソンと普通に接しているだけのようでした。恋心とは違い、男女の友情と思って接しているようでした。ある意味ソリは鈍感なのかもしれません。

デソンは積極的にソリにアクションを起こしているようでした。放課後に演劇の練習に誘ったり、頭を撫でたり、落ち込んでいるところに励ましに行ったりしていました。ソリに自分の想いに気付いて欲しいと思っているのだと思います。

最後、デソンに励まされているソリをみたホンは怒った様子でその場を後にしていましたが、ソリはホンの誤解を解くことはできるのでしょうか。

まとめ

以上、美しかった私たちへ第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です