まぶしくて最終回(12話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


まぶしくて最終回(第12話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

\まぶしくてを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
U-NEXT
見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

まぶしくて最終回(第12話)のあらすじネタバレ!

ヘジャは時計を見ると、そのまま気を失ってしまいます。

翌日、テサンはそのことを聞かされ「時計に関するトラウマや特別な記憶が?」と聞かれます。すると「母はアルツハイマー病を患っています」と話したのでした。

さらにヘジャは母であるジョンウンのことも忘れてしまっていることを知り、ショックを受けてしまいます。

翌日、再び病院を訪れたテサンは「例の時計の記憶が戻ったら病状の改善に役立ちますか?」と聞くと「どんな影響を与える記憶かわかりませんが活用すべきかと」と言われます。

昔、結婚記念日にジュナはヘジャに「早く帰ってくるよ」と告げ仕事に向かうもののその日は帰ってくることがありませんでした。

心配になったヘジャは会社に行き「夫はまた宿直室で寝てるんですか?」と聞くものの「まだ帰ってない?実は情報部の奴らが来て記者を全員連行したんだ」と聞かされました。

捜索願いを出すものの、ジュナは警察に捕まえられたままでした。

後日、ヘジャは面会に行くと傷だらけのジュナが。号泣するヘジャにジュナは「すぐに出るからテサンを頼む」と伝え、帰らせることに。

そこから数日後、ヘジャたちの元にジュナの死亡通知書が。

ヘジャは遺品を取りに行くものの時計が見つかりませんでした。なんとその時計を刑事がつけていたのでした。ヘジャは時計を返してもらうように訴えるものの、そのまま帰らされてしまいます。

そして現在。

ある日の夜、テサンがヘジャの病室に座っていると「どうしても会いたいとおっしゃるので」と1人の車椅子に乗った老人が。

その老人はヘジャにジュナがつけていた時計を返すと「すまない」と号泣しながら謝罪しました。ヘジャはその時計を返しました。

そんなある日、雪が降り出します。テサンは雪かきを任されホウキで雪を掃いていると病院からヘジャがいなくなったと電話が。

テサンはすぐに病院に向かい、外を探すとそこにホウキで雪を掃いているヘジャの姿が。「何をしてるんだ」「雪かきをしています。息子は脚が不自由なので雪が降ると通学路が滑るでしょ」と聞かされます。

スポンサーリンク


その言葉を聞いたテサンは学生時代、ヘジャが通学路の雪を掃いていてくれたことを知り、思わず涙してしまいます。そして「息子はそれを知らない」と言うものの「知らなくても大丈夫です。息子が転ばなければそれでいい」と言われると、ヘジャからホウキを受け取り「もうやめて。息子さんは転ばなかったって。雪が降る日に一度も転んだことがない」と伝えました。

それから数日して、ヘジャはテサンの記憶も失ってしまいます。

ある日、テサンは病院で亡くなった人の姿を見てしまいます。

その翌日、テサンはジョンスクに「警備員の仕事をやめようと思う。昨日亡くなった人を見て母さんを病院のベッドで死なせたくないと思った」と話しました。

テサンはヘジャの面会に行くと「一番幸せだと思ったのはいつですか?」と聞きまうs。するとヘジャは「特別な日ではないわ。私はただこんな日が幸せだった」と言い、若い頃ジュナとテサンと一緒に見た夕日を思い出したのでした。

そして目を閉じるとヘジャの目の前にジュナが。ヘジャは立ち上がり歩き出すとジュナに抱きつきました。ジュナは「一緒にいよう、ずっと」と告げたのでした。

まぶしくて最終回(第12話)の最新話を含めU-NEXTですぐに視聴する

まぶしくて最終回(第12話)のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画でまぶしくて最終回(第12話)を観たいですよね!

U-NEXTを使えば恋する泥棒を今すぐ視聴可能です。

『まぶしくて最終回』を無料視聴する/

2週間以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

まぶしくて最終回(第12話)の感想と考察

ヘジャは薄れゆく記憶の中でも最後までテサンはジュナのことは覚え続けていました。最後の最後までジュナがつけていた時計のことを忘れずにいたのはそれだけ大事な記憶だったのでしょう。刑事が時計を持ち謝罪に来たのにそれを返したのはきっと思い出の中に残っているから必要ないという意味だったのだと思います。何度も見れただけで十分だったのでしょう。

テサンはヘジャが幼い頃、自分のために雪かきをしてくれていたことを知ります。他人がやってくれていたと思ったものが自分の母親がやってくれていたことだと知り、母親の見えないところでの愛情を感じたことで号泣してしまったのだと思います。自分に対して厳しかったと思っていた母親の優しさだったから尚更嬉しかったのでしょう。

ヘジャは最後に自分の一番嬉しかった記憶を思い出しました。最後まで記憶にあったのはジュナとテサンと何事もなく平和に暮らす日々だったのでした。どれだけ平和であることが大切かという思いが現れているようでした。

そして最後にジュナとヘジャが抱き合うシーンは感動的でした。あっちの世界で2人が再会できたと言うことでしょう。あっちの世界では平穏な生活を送ってもらいたいです。

まとめ

以上、まぶしくて最終回(第12話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です