真心が届く11話のあらすじネタバレ&感想考察!

真心が届く,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


真心が届く第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\真心が届くを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
dTV
独占見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

真心が届く第11話のあらすじネタバレ!

ガンジュンの前にジョンロクは立つと「なんですか?答えてください」と質問を。しかしガンジュンは「人違いのようでした。知り合いかと思ったら違いました」と答え帰っていきます。

場所を移動するとユンソは「私をつけてたんです。彼は」と話を。ジョンロクは「わかってる。君を苦しめた人だと。問い詰めたかったけど」と声をかけると、ユンソの携帯に「君1人が幸せで裏切られた気分です。ではまた会いましょう」とメッセージが。

ジョンロクは携帯を奪い電話しようとするものの「電話しないで。彼を刺激したくないんです。関わるのは御免だわ」と言われてしまいます。

ユンソを家に送るものの心配になったジョンロクは「君が心配だから今夜は一緒にいても良いですか?」とユンソの家に泊まることに。

ユンソは麻薬スキャンダルに巻き込まれた経緯を話すことに。

その話を聞いたジョンロクは眠ろうとするユンソに「苦しむのは被害者ではなく加害者でないと。だから苦しまず嫌な記憶は忘れて。君を誰よりも幸せにします。だから怖がらないで。一緒に乗り越えましょう」と声をかけます。

翌日、ユンソはガンジュンが復帰したというニュースを見つけてしまいます。

その記事を見て衝撃を受けているユンソをジョンロクはデートに誘うことに。

ジョンロクは遊園地に連れていくと「あまり悩まないで。乗り越えるのは時間がかかるからゆっくるり進みましょう。僕が力になるし君をそばで守ります」と伝えます。

デートを終え、ユンソを家まで送るとジョンロクは「何かあったら電話して」と伝えます。ユンソも「なくても電話します。声を聞いて寝たいもの」と言い、2人は別れることに。

翌日、一緒に出勤しているとジョンロクは後ろから車につけられているのに気付きます。

駐車場でユンソを下すと、ジョンロクは車から写真を撮る男に近づきカメラを取り上げ「勝手に撮ったら肖像権侵害で訴えられます」と忠告を。

さらにそこにユンソが戻ってくると「もうやめてください。本人に直接言います」とガンジュンに電話を。そして「会いたくないですが尾行が続けば会うことになるかも、法廷で。あんたなんかもう怖くない」と告げます。

その後、ジュンソクの元にドラマ制作会社の代表がやってくると、投資してくれる会社がユンソだと聞き起用に反対してると聞かされます。

ジュンソクは投資家の連絡先を聞き、直接会って説得することに。その報告を受けたユンソも同席することに。

ユンソとジュンソクが待っていると現れたのはガンジュンだったのでした。

ジュンソクは「なんの真似ですか?ドラマには出ません」と告げると、ユンソも「言ったはずです。もう会いたくないと。勘違いしてるようですがドラマには出なくてもいい。あなたが言う通り私は幸せだから」と告げ、帰ることに。

ジュンソクたちの前では強がるものの、家に戻ったユンソは台本を見ながら涙を流します。

ジョンロクはユンソに電話するものの、電話に出てもらえず。すると「無事家に着きました。明日会いましょう」とメッセージが。

スポンサーリンク


その後、ジョンロクはセウォンと飲みにいくと「ガンジュンのことが知りたい。人を使って前尾行させたんだ。何もしてあげられなくてもどかしい」と頼みます。セウォンは「詳しい内幕は俺が調べてみるよ」と引き受けることに。

その帰り、ぬいぐるみを見つけるとそれを買ってユンソに会いにいくことに。そして外へ。

ベンチに座るとジョンロクは「暗い顔をしてどうしましたか?」と聞きます。すると「当分の間事務所に行けないかもしれません。自分の勤めを果たせるように頑張ります。でも差し当たっては少し難しそうです。気分的に。今は何も言えませんが」と聞かされます。

翌日、ジョンロクの元に海外賭博の件の依頼人が。

ジョンロクはジホの話を出すと、依頼人から「彼の事件は変ですよね。ギャンブラーの間での噂ですが彼は賭博をやる人じゃないそうです。ジホが賭博をしてたマカオのホテルは僕がよく行くカジノでしょ。知り合いがVIPの保安管理チームにいるけどジホを見たのは捕まった日だけとか」と聞かされます。

ジョンロクはそのことをセウォンの元に伝えにいくことに。しかし「賭博だけは証拠が確かだ。見てみろ」と映像を見せられます。するとそこにユンソを尾行していた男が。ジョンロクは「こいつは尾行していた男だ。ガンジュンの海外支社は?」と聞くと「マカオだ。2人の弁護士は同じチュ・ユンスだ」と答えられます。

その頃、ユンソは決意を固めると法律事務所に。そして「今日は依頼人として来ました」と言い放ちます。

そしてユンソは「ガンジュンを告訴します。彼から来た脅迫メールや写真は取ってあります。今回は罰を与えてください」とジョンロクに頼むと、ジョンロクも「当然です。必ずそうさせます」と答えます。

その後、ジョンロクに送ってもらいユンソは家に帰ると家の中にガンジュンが。

ジョンロクはその帰り、ガンジュンの部下を見つけます。ジョンロクはすぐに来た道を引き返します。

ガンジュンは暴れ出すとユンソに「俺を愛してると正直に言え。俺を裏切らないと言うんだ」と詰め寄ります。そこにジョンロクが到着するとガンジュンを殴り飛ばしユンソを助け出します。そして「僕の女に触るな」と言い放ちます。

真心が届く第11話の最新話を含めdTVですぐに視聴する

真心が届く第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で真心が届く第11話を観たいですよね!

dTVを使えば真心が届くを今すぐ視聴可能です。

『真心が届く11話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はdTVプレミアムのサイトにてご確認ください。

真心が届く第11話の感想と考察

ガンジュンはいまだにユンソに未練が残っているようでした。自らが無理矢理詰め寄っていたことを認めず、ユンソも自分のことが好きだと勘違いしているようでした。だから、韓国に帰ってくるや否やすぐにユンソの元に向かったのでしょう。しかし、ジョンロクと幸せそうにしているユンソを見てしまったことで、復讐心に火がついたのでしょう。

そしてガンジュンは部下にユンソをストーキングさせたり、ドラマを降板させたりと権力を振りかざす暴挙に。きっとそうしたらユンソが自らの元に戻ってくると思ったのでしょう。

しかしユンソはそれに屈せず戦う意思を見せました。ユンソはジョンロクという心強い味方がいたことで対抗する気持ちになったのだと思います。そしてついにジョンロクに頼みガンジュンを告訴する事を決めたのでした。

ジョンロクの追っているガンジュンとセウォンが追っているジホには同じ弁護士を使っているという共通点が。もしかしたら、2人が協力することで新事実が明るみになってくるのかもしれません。ジョンロクとセウォンは協力し、それぞれのターゲットを捕まえることができるのでしょうか。

最後、ユンソに無理矢理詰め寄るガンジュンをジョンロクは殴り倒しました。部下がいるだけでユンソの家に戻るジョンロクの判断は見事でした。住居に不法侵入したガンジュンをジョンロクはどうするつもりなのか気になります。

まとめ

以上、真心が届く第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です