真心が届く13話のあらすじネタバレ&感想考察!

真心が届く,13話,ネタバレ

スポンサーリンク


真心が届く第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\真心が届くを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
dTV
独占見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

真心が届く第13話のあらすじネタバレ!

ジョンロクに「別れましょう」と言われたユンソは受け入れることができず「なぜですか?私が悪いことを?嘘をついてたから?写真を撮られたから?何か言ってよ」と問い詰めます。

その言葉にジョンロクは「そうした理由のせいで付き合うのは無理だと思いました。だからここまでにしましょう。今までありがとう」と告げ、帰って行きます。

翌日、ヒョクジュンはユンソを迎えに行くと、涙ながらに「先生と別れたわ。ここまでにしようと言われたの。別れは初めてだからどうしたら良いかわからない」と言われます。

ヒョクジュンは少し申し訳ない気持ちになりながらも「弁護士事務所の荷物は俺が持ってくる」と言うもののユンソは「自分で行くわ。先生に会わないと」と言い、事務所に。

ユンソはジョンロクと顔を合わせるものの無視されてしまいます。

荷物をまとめたユンソはジョンロクに「では行きますね。これでお別れなのに顔も見ないんですか?」と言うと、ジョンロクは顔を上げ、ユンソに近づき「今までお疲れ様でした。今後もどうかお元気で」とだけ伝えます。

ユンソは事務所を出るものの、階段で号泣してしまいます。

その夜、ジョンロクはセウォンに誘われ飲みに。するとそこにはヨルムの姿が。ジョンロクは2人からやり直すと聞かされます。

セウォンは「せっかくだからユンソさんを呼べ。早く電話しろ」と提案するもののジョンロクは「別れたんだ。今日は僕がいると邪魔だからまた今度にしよう」と答えると帰ることに。

しかし、心配になったセウォンはヨルムを帰らせ、ジョンロクと2人で飲むことに。

ジョンロクは「お前はどうやって耐えたんだ?ヨルムと別れた時。教えてくれ」と助言を求めます。

翌日からジョンロクはとにかく仕事に打ち込むことに。

ユンソも女優として見事カムバックを果たします。

後日、法律事務所にジョンロクを探す女性が。その女性はスミョンの母親だったのでした。スミョンの母親は息子が殺人犯に仕立て上げられたと文句を言いに来たのでした。

ジュンギュはどうにか落ち着かせて帰らせると、その後神妙な顔をするジョンロクに「気にするな」と声をかけます。

翌日、ジョンロクはスミョンの裁判へ。スミョンは懲役20年を言い渡されます。

裁判後、スミョンの母親と会うとジョンロクは「息子を助けてください。あの子は人殺しなんてしません」と頼まれます。ジョンロクは「お気持ちはわかります。ですが法廷で自白したため」と断ろうするものの「じゃあ最後まで自白を聞くべきでしょ。息子が刺したのは1回です。ユニが怪しいと思ってます。あの後、街から姿を消したんです」と聞かされます。

スポンサーリンク


事務所に戻るとジョンロクはすぐにユニに電話を調べ電話を。しかし、番号が使われていないことが判明します。

その頃、ユンソは別れのシーンの撮影に。ユンソは思わずジョンロクのことを思い出してしまい号泣してしまいます。

ヒョクジュンは「もしかして彼を思い出したのか?」と心配するとユンソから「忘れようと努力したけど時々先生のことを思い出して悲しくなるの」と聞かされます。

ジョンロクはドゥソプと話しているうちに高額な保険金の一部を持って消えたことを聞かされます。

ジョンロクは保険の担当者に会うことに。すると、ユニと話をした時に外に男が待っていたことを聞かされます。

翌日、ジョンロクはスミョンの控訴審の弁護をすることをジュンギュに伝えます。しかし「絶対に認めないからな」と断られてしまいます。

その午後、ジュンギュはウンジとへヨンを連れてユンソの撮影を見に行くことに。ユンソと再会すると4人は食事に行くことに。

ジュンギュはその時、ジョンロクがスミョンの弁護をすると言っていることを話してしまいます。

その頃、ジョンロクはスミョンの元へ。

「ユニさんの夫を1回だけ刺したのは本当ですか?」聞くと「はい1回刺しました。ユニさんが逃げろと言うので僕は逃げたんです。僕は本当に1回しか刺してないんです」と答えられます。

それを聞いたジョンロクは独断でスミョンの弁護を引き受けることに。

ジョンロクはジュンギュにそのことを報告するものの「うちが悪く言われるんだぞ。事務所の一員として使命感があるならこうはできない。酷すぎる」と言われてしまいます。

翌日、そのことが報道されるとジョンロクに対する批判がたくさんあてられるように。

真心が届く第13話の最新話を含めdTVですぐに視聴する

真心が届く第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で真心が届く第13話を観たいですよね!

dTVを使えば真心が届くを今すぐ視聴可能です。

『真心が届く13話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はdTVプレミアムのサイトにてご確認ください。

真心が届く第13話の感想と考察

ジョンロクとユンソはお互いに心に傷を負ったまま、それぞれの仕事に戻ることになりました。2人ともお互いの存在を忘れるために仕事に打ち込むものの、事あるごとに思い出してしまっているようでした。こんなような状態のまま完璧な仕事ができるのか心配になってしまいます。2人がヨリを戻すことは本当にないのでしょうか。

一方でヒョクジュンは失恋に苦しむユンソの姿を見て申し訳ない気持ちになっているように見えました。ここまでユンソが傷つくとは思っていなかったのでしょう。ヒョクジュンはどうユンソの心のケアをするのか気になります。

仕事に打ち込んでいたジョンロクの元にスミョンの母親が。投げつけられる暴言にジョンロクは正直参っているように見えました。きっと別れたショックもあり、精神的に参ってしまっていたのでしょう。

そして裁判を見に行くとジョンロクは控訴審での弁護を求められてしまいます。ジョンロクは初めは断ろうとするものの、スミョンの言葉やスミョンの母親の言葉を聞くうちにユニが怪しいと思い始め弁護を引き受けることにしてしまいます。

しかし、ジュンギュには怒られてしまい、匙を投げられてしまいます。さらには世間の批判の的となってしまったジョンロクでしたが、スミョンを助けることができるのでしょうか。

まとめ

以上、真心が届く第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です