真心が届く14話のあらすじネタバレ&感想考察!

真心が届く,14話,ネタバレ

スポンサーリンク


真心が届く第14話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\真心が届くを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
dTV
独占見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

真心が届く第14話のあらすじネタバレ!

ジョンロクがスミョンの弁護を引き受けたことで会社には非難の電話が。

事務所ではジョンロクとジュンギュの仲は最悪に。

ジョンロクはジュンギュのオフィスに向かうと退職願を提出します。ジュンギュは「逃げれば終わるとでも?辞めるのが最善策なのか?ふざけるな。これはダメだろ。君を部下だと思ったことは一度もない。信じられる後輩で家族以上の存在だ。なのに勝手に受任して退職願を出すのか」と言うものの「僕のせいで事務所は非難され業務は麻痺してます。誰かの人生を台無しにしたくないんです。これしか方法がありません」と返されると「勝手にしろ。君みたいな無責任な奴はいらない」と怒鳴ります。

その夜、ジョンロクはセウォンから飲みに誘われます。すると、そこにはジュンギュの姿も。

セウォンは2人をそれぞれ叱ると、席を外し2人で話をさせることに。

ジョンロクは「すみません。僕は最初から最後まで利己的で独断的でした。楽になりたくて1人で耐え忍ぶべきだと思いました。みんなに迷惑をかけないために」と謝罪すると、ジュンギュも「君の気持ちはわかってる。だが君には潰れてほしくない。君は大事な存在だ。だが君が辞めたら俺には何も残らない。だから共に歩もう。どんなに大変でも一緒に乗り越えよう」と声を。

翌日、事務所全体をあげてジョンロクのサポートをすることに。

その頃、ユンソは撮影をしているとセウォンと遭遇します。

セウォンに「ジョンロクのことを聞きたいんでしょ?」と聞かれたユンソは「先生はどんな様子ですか?世論が反発してますが大丈夫でしょうか?」と聞くと「いいえ。最近は食事もしないし、倒れないか心配です」と答えられます。もどかしい思いを感じながらも「先生をお願いします」と言い残し仕事へ。

事務所では弁護士たちが集まると、スミョンが1回だけ刺したのが本当なら真犯人や共犯がいるはずと疑いの目を向けると、ユニと一緒に保険金の受け取りに来ていた男の身元を割り出すことに。

その後、ジョンロクの専任のサポートとしてピルグがつくことに。

ピルギはデスクでユンソの忘れ物に気付くとすぐにユンソに連絡を。ユンソは事務所に取りに行くことに。

ジョンロクの裁判所から戻ってくると、ユンソの姿があることに驚きます。

2人は気まずさを感じながらも挨拶を交わします。

ユンソは「私が置いていった資料です。お礼くらい言ってくれないと。ご褒美は?ご褒美にごちそうしてください。それか私が奢ります」と提案するものの、ジョンロクに「僕たちは別れたのを忘れましたか」と言われてしまいます。

それでも「忘れてません。わかってます。でも先生が心配なんです。私が辛い時は先生はそばにいてくれたのに、私はできないもの。そんな仲じゃないから。でも来ました。一緒に食事をしたくて。先生が食べずに倒れないかと」と思いを伝えるものの「そんな心配はしなくて結構です。僕たちはもうそんな仲じゃないのに。自分の仕事をやり遂げてください」と突き放されてしまいます。

その夜、ジョンロクは証拠物の写真に目を通していると、スミョンの服に血がついていないことに気づきます。

スポンサーリンク


後日、スミョンの裁判へ。ジョンロクはそのことを全面に押し出し弁護をするものの、検察側に証人としてユニを召喚されてします。ジョンロクは窮地に立たされてしまいます。

ジョンロクはどうすればいいか悩んでいるとドゥソプから監視カメラの映像を確保できたと連絡が。その映像を見たヨルムに頼み、その男の指紋を採取してもらうことに。

その頃、ユンソもそのニュースを目にため息をつくと、見かねたヒョクジュンは「俺を思い切りぶってくれ。そういうことをお前にしたから。彼が別れたのは嫌いだからじゃない。お前を大事に思ってたからなんだ」と話します。

その事実を知ったユンソは翌日、ジョンロクが家から出てくるのを待ち伏せするとお弁当を渡します。

さらに夜には「一緒に食事をどうですか?」と誘いに。

ジョンロクは「なぜですか?写真を撮られたらスキャンダルに。僕たちのことは早く忘れて」とユンソに告げるものの「嫌です。私は先生を忘れませんし、恋しく思うし、心配な時や会いたい時は会いに来ます」と返されます。

翌日、ヨルムから鑑定結果が。なんと死んだはずのユニの前夫サンホのものだったのでした。

それを手に入れたジョンロクは裁判で大逆転を果たします。そしてサンホとユニは拘束されることに。

取り調べを受けたサンホはユニがスミョンの洗脳をしていたことを明らかにします。その証言が決め手となりユニは逮捕されます。

その夜、一段落したジョンロクの元にユンソから「今日は焼酎を飲みましょう。勝訴した時の店はどうですか?」とメッセージが。

ジョンロクはその店に向かうとユンソを外に連れ出します。

ジョンロクに「やめてください。こういうのはダメでしょ」と言われるものの、ユンソは「なぜダメなのかわかりません。聞きました、先生が私となぜ別れたのか。大変なことがあったけど先生がいたから乗り越えられました。そして強くなりました。スキャンダルでチャンスを逃すよりも先生がいなくなる方がよっぽど怖いです。だから私のためを思うならそばにいて。やり直しましょう」と告白を。

それを聞いても無反応なジョンロクにユンソは「私を捕まえないんですか?今手放したら永遠に会えなくなりますよ」と告げると、ジョンロクは「愛してます」と伝えキスを。

真心が届く第14話の最新話を含めdTVですぐに視聴する

真心が届く第14話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で真心が届く第14話を観たいですよね!

dTVを使えば真心が届くを今すぐ視聴可能です。

『真心が届く14話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はdTVプレミアムのサイトにてご確認ください。

真心が届く第14話の感想と考察

ジョンロクはスミョンの弁護を引き受けたことでジュンギュとの仲も最悪になってしまい、事務所での居場所を失いかけてしまいました。しかし、セウォンの助けによってジュンギュと仲直りを。2人の仲を見かねて助け舟を出したセウォンはさすが親友というような活躍でした。ジュンギュもジョンロクのことをあんなに大事に思っていたとは驚きでした。

仲直りしてからは事務所をあげて弁護に協力することに。そしてジョンロクはユニが保険金詐欺を働いてい証拠を手に入れ、見事にスミョンの控訴審で勝訴を勝ち取りました。依頼を受けた弁護でしっかりと結果を残すジョンロクの手腕はさすがです。そのことで事務所の評価の好転していました。全てがいい方向に進んで良かったです。

ヒョクジュンはずっとジョンロクのことを心配し浮かない表情を見せるユンソを見かねて、ついに真実を話してしまったのでした。きっとヒョクジュンはずっとどこかに罪悪感を抱えていたからこそ話したのだと思います。

それを知ったユンソは即行動に移しました。その結果、ついに2人は復縁を果たしたのでした。2人とも別れてから辛そうだっただけに、見事復縁できて良かったです。

復縁したものの職場がバラバラな2人がこれからどう愛を育んでいくのか気になります。

まとめ

以上、真心が届く第14話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です