真心が届く2話のあらすじネタバレ&感想考察!

真心が届く,2話,ネタバレ

スポンサーリンク


真心が届く第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\真心が届くを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
dTV
独占見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

真心が届く第2話のあらすじネタバレ!

ユンソは「もしかして女が嫌いですか?」と聞くとジョンロクから「僕は女が好きだ。ただ君に全く興味がないだけです」と言われてしまいます。

ユンソは負けじと「忠告してあげます。性格を直した方がいい。それでは女に好かれませんよ」と言い返すものの「君に好きになれとは言いません」とさらに言い返されてしまいます。

ジョンロクは必死に書類を探しているとユンヒョクが探していた書類を持って現れます。ジョンロクは「なぜ黙って持っていく?」と怒鳴るとユンヒョクは謝罪を。

ジョンロクは外回りに出る前にユンソに「すみません。君が無くしたと思った書類はチェ弁護士が持ってました。申し訳なかったです」と謝罪を。しかしユンソはここぞとばかりに「謝れば済むとでも?大事な書類ならちゃんと保管しないと」と言い返します。

その夜、ユンソの歓迎会が開かれることに。酔っ払ったユンソはみんなの前でジョンロクに対する文句をぶちまけてしまいます。

その頃、ジョンロクは依頼人との打ち合わせを終えるとジュンギュに呼ばれ仕方なくユンソの歓迎会へ。すると、帰ろうとしているところに出くわします。するとユンソに「なぜ今頃来たんですか。言いたいことが山ほどあったのに」と絡まれてしまいます。そしてユンソに捕まれそうになったジョンロクは思わず避けてしまうと、ユンソは転んでしまい恥をかいてしまいます。

その後、ジョンロクは家に帰るとセウォンが。急に家に住むと言い出すセウォンにジョンロクは嫌気を見せるものの、仕方なく家にあげることに。

翌日、ジョンロクは出勤するとジュンギュから「優しくやってくれ」と頼まれます。さらには他の弁護士たちからも「やりすぎだわ」と非難されてしまいます。

自らのオフィスに向かったジョンロクはユンソに「過度の飲酒は控えた方がいい」と告げます。ユンソは「謝罪をすべきでは?昨日先生のせいで転んだでしょ?」と聞くものの「君が自分で転んだんでしょ」と言われてしまいます。

ジョンロクは仕事を開始すると、完璧に仕事をこなすユンソの姿を見て感心します。そして外回りへ。

その頃、セウォンは検事として仕事に復帰することに。そしてすぐに賭博事件で起訴されたチョン・ジホの横領について捜査を任されることに。

その後、ジョンロクは外回りから戻ってくると食事の輪にユンソだけいないことに気づきます。ジョンロクは「食事しましょう。酒を飲んだしフォーは?」とユンソを食事に誘うものの「食べなくて大丈夫です」と断れてしまいます。

午後になり、ユンソはジョンロクのためにコーヒーを淹れに向かうとムニとヘヨンが財閥の御曹司とスキャンダルになった時の噂をしている声が。しかしユンソは気にせずコーヒーを。

ジョンロクはその様子を後ろから目撃してしまいます。

スポンサーリンク


その夜、ユンソはヒョクジュンから「明日は1人で出退勤してくれ。送迎できなくて。タクシーに乗れ」と言われます。

翌日、ユンソは久しぶりに運転して出勤することに。しかし事故を起こしてしまい相手の車の運転手から絡まれてしまいます。

そこにジョンロクが通りかかると「やめてください。僕と話しましょう。僕は彼女の弁護士です」と止めに入ります。ジョンロクは「ぶつけられても見逃せと言うのか」と言われるものの「あなたのしたことも見逃せません。あなたのしたことは煽り運転に該当します」と言い返し、撃退します。

その後、出勤するとジョンロクは「法学部でしたね?最高裁判所のサイトで検索すると関連する判例が出ます。全て検索してください。ペットの騒音です」とユンソに仕事を任せることに。

調べ上げたユンソは「急に思い出して検索してみました。アメリカの話ですが、隣の犬の騒音で訴訟した人が勝訴してます」と話を。ジョンロクは「いつ聞いた話?」と聞くと「大学で他の班が。記憶力はいいんです。自慢するほどではないけど」と答えられ、ジョンロクは思わず「自慢してもいい。とにかく助かりました」と褒め称えます。

その夜、ジョンロクは「食事しましょう。夕食です」と誘いユンソと食事へ。

ジョンロクは「今の仕事はどうですか?」と聞くと「嫌でしたが今日は楽しかったです。仕事もあったし褒められたし」と聞かされます。

食事を終え、店の外に出るとジョンロクは「今まで君を秘書だとは思っていませんでした。でも考えを改めます。本当の秘書として働く機会を与えたいです。始めからやり直しましょう」と伝えます。

その言葉に感動したユンソは「本当に頑張ってやります」と走り出すと、足がもつれてしまいジョンロクに抱きついてしまいます。

ジョンロクはそれを受け止めると「今は避けませんでした」と。

真心が届く第2話の最新話を含めdTVですぐに視聴する

真心が届く第2話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で真心が届く第2話を観たいですよね!

dTVを使えば真心が届くを今すぐ視聴可能です。

『真心が届く2話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はdTVプレミアムのサイトにてご確認ください。

真心が届く第2話の感想と考察

ジョンロクは最初はユンソを毛嫌いしていたように見えましたが、徐々にユンソのことを認め始めているようでした。ミスをしながらでも必死に食らい付いてくる部分や、とにかく努力している姿がジョンロクの心に響いたように見えました。さらには陰口を叩かれていても精神的に強い部分もユンソを見直すポイントになったのだと思います。

その結果、ジョンロクはユンソに仕事を任せることに。すると、ユンソは過去の記憶を頼りにジョンロクの期待以上の仕事を見せました。ここでジョンロクはユンソを本当の秘書だと認めたのだと思います。

さらに、ユンソを認めるとともに好意を抱き始めているように見えました。端正なルックスと実直な姿に惚れ始めているように見えました。このまま本気で好きになっていきそうです。

一方のユンソもジョンロクに上から目線で冷たく当たられても、ジョンロクを認めさせようとしていました。その影の努力はきっと芸能界で育まれたハングリー精神なのでしょう。その努力で本当にジョンロクを認めさせたのだから本当にすごい力だと思います。

さらに認められたことでさらにやる気に満ち溢れていました。これから本当の秘書としての仕事が始まりそうですが、さらにキツくなってもユンソはついていくことができるのでしょうか。

まとめ

以上、真心が届く第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です