真心が届く4話のあらすじネタバレ&感想考察!

真心が届く,4話,ネタバレ

スポンサーリンク


真心が届く第4話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\真心が届くを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
dTV
独占見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

真心が届く第4話のあらすじネタバレ!

裁判後、ユンソとジョンロクは事務所に戻ります。

ユンソは帰ろうとしてるジョンロクに「さっき褒めてくれましたよね?それだけ?ご褒美をください。明日ご褒美に勉強を教えてください」と頼みます。ジョンロクは二つ返事でOKします。

その夜、家に帰るとユンソの元にジョンロクから「明日大学で教授に会います。大学の講義室で勉強しませんか?」とメッセージが。

翌日、ユンソはおしゃれをしてジョンロクとの待ち合わせ場所へ。

ユンソは期待するものの、ジョンロクはボードを使い授業を。疲れたユンソは「他のところで勉強しませんか?」と誘うと、ドライブインシアターに。

2人は法律映画を見ることに。

ジョンロクに「映画で見るなら1人で見てもいいのでは?なぜ僕と一緒に?」と聞かれたユンソは「それは…、質問事項があればその場で聞けるから」と繕いながら答えると「質問して」と聞かれてしまいます。

ユンソは悩みこむと思わずジョンロクの手の上に手を置いてしまい、2人はハッとしてしまいます。

その後、帰宅途中ユンソは「さっき女性に声をかけられましたよね?」と聞くとジョンロクは「恋人がいるのか聞かれて、いないと答えたら電話番号を教えろと。恋人の有無と番号を教えない関連性について説明したんです」と答えられます。

その答えにユンソは「先生は女性にとって手強い相手です」と喜ぶと、蓋をつけたまま飲み物を飲もうと。それを見たジョンロクは思わず笑顔に。ユンソは「笑顔を初めて見ました。笑顔が素敵です」と喜びます。

後日、法律事務所にテレビ出演の依頼が。

ジュンギュは弁護士たちを集めると「明日の朝放送なんだが、もう1人弁護士が必要だと連絡が来た。誰がいいかな?」と相談を。

ジョンロクは指名されるものの、断り仕事に戻ってしまいます。ユンソもついて行くことに。

裁判所に向かうと、ジョンロクはヨルムと再会を。お茶に誘われたジョンロクとユンソはお茶することに。

ユンソはジョンロクとヨルムの仲の良さに思わず嫉妬してしまいます。

その帰り道、ユンソは「ヘラヘラし過ぎです。先生が笑うのは似合いません。もう笑わないで」とジョンロクに八つ当たりしてしまいます。

退勤中、ユンソはヒョクジュンにも思わず八つ当たりを。ヒョクジュンに「念の為に聞くが彼が好きか?」と聞かれたユンソは「違うわ」と答えるものの「お前の話は嫉妬みたいだ」と言われてしまいます。

翌日、ジョンロクを訪ねスンヒという依頼人が。スンヒに同席するように言われたユンソも一緒に話を聞くことに。

スンヒは「元彼がストーカーかもしれません。先生の記事を見て解決方法があるかと思って来ました」と話し始めます。元彼が酔った隙を狙って携帯を見ていたこと、別れを告げたものの家に入り込んでいることを告白します。

スポンサーリンク


「接近禁止命令の申し立てはできますか?」と聞かれたジョンロクは「申し立てが認められるには十分ではありません。有形力の行使がなければ相手側は未練だと言って片付けるでしょう。状況証拠は必要です」と答えます。

ユンソは「お酒に強いのに、なぜ彼といると先に酔うんですか?」と質問すると「私のお酒に薬を混ぜてたんです。おかしいと思って飲んだ翌日病院で検査したら睡眠薬の成分が」と答えられます。

それを聞いたユンソは思わず過去の記憶がフラッシュバックしてしまい動揺してしまいます。

その夜、ジョンロクが帰宅するとセウォンから「チェ・ユンスの成功報酬を?成功報酬を含め50億ウォンだ。財政界のけつ持ちだろう。イ・ガンジュン事件も担当してた。帝国グループの副社長。女優と麻薬スキャンダルがあった。ユンソかな。後輩の話によるとユンソに振られたガンジュンが腹いせに麻薬パーティーに呼んだとか」と聞かされます。

それを聞いたジョンロクはユンソが動揺していた理由に気づきます。

翌日、ジョンロクはユンソにスンヒの事件から手を引くように話します。しかし「私に任せてください」と言われ任せることに。

ユンソはスンヒの家に防犯カメラの映像を受け取りに。

すると、ベッドの下からスンヒの元カレが現れてしまいます。ユンソが暴力をふるわれそうになるとそこに、突如現れたジョンロクが助けに入ります。

ジョンロクはすぐに警察に突き出すことに。

警察に突き出した後も、スンヒのことを心配するユンソにジョンロクは「私生活を覗き見し気持ちを押し付けるのは過ちです。苦しむのは被害者ではなく加害者でないと。だから苦しまず嫌な記憶は忘れて自分のためにも幸せに暮らすべきです」と励まします。

ユンソはジョンロクの首に傷を見つけると事務所に戻り手当てをしてあげることに。

薬を塗るものの顔が近づきドキッとしてしまったユンソは「塗り薬は自分で塗ってもいいですよ」と言うもののジョンロクに「いいえ、塗ってください」と言われ、塗ってあげることに。

真心が届く第4話の最新話を含めdTVですぐに視聴する

真心が届く第4話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で真心が届く第4話を観たいですよね!

dTVを使えば真心が届くを今すぐ視聴可能です。

『真心が届く4話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はdTVプレミアムのサイトにてご確認ください。

真心が届く第4話の感想と考察

ユンソとジョンロクはさらに心の距離が近づいたようでした。週末2人で勉強をしたり、一緒に映画を見ている姿はまるでカップルのような雰囲気を感じました。2人がカップルになるのは近い気がします。

ジョンロクはユンソへの心の壁も壊れ始め、ユンソの前で初めて笑顔に。完全ではないもののかなり心を開いた証だと思います。さらにユンソの過去のスキャンダルの全貌を聞くと、ユンソに優しい言葉を。ジョンロクの中でユンソは放っておくことのできない存在になったのだと思います。

一方のユンソは完全に恋する乙女になっているようでした。ジョンロクが女性と話していると嫉妬心を抱き、さらにヨルムと笑顔で話すジョンロクを見て八つ当たりをしているのを見ると本気でジョンロクのことが好きなのでしょう。ユンソはこれからもヨルムにライバル心や嫉妬心を抱くような気がします。

最後、ジョンロクの傷を治療するシーンを見ると、お互いがお互いのことを好きな気持ちに気付き始めてもいるようでした。夜寝る前にメッセージをするのもいかにも恋人同士のような雰囲気が。どちらが先に気持ちを打ち明けるのか気になります。

まとめ

以上、真心が届く第4話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です