真心が届く6話のあらすじネタバレ&感想考察!

真心が届く,6話,ネタバレ

スポンサーリンク


真心が届く第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\真心が届くを見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
dTV
独占見放題
◎31日間無料

今すぐ見る

真心が届く第6話のあらすじネタバレ!

ジョンロクに「もしかして好きですか?」と聞かれたユンソは動揺しながらも「なぜ好きだとバレたんですか?」と答えると「みんな好きなので。牛肉より安いし」と言われ、振り返るとサムギョプサルの店が。ユンソは「サムギョプサルが好きかと聞いたんですか?」と聞くと「はい。なんだと思って返事を?」と言われ、恥ずかしくなってしまいます。

サムギョプサルの店に入ったユンソは「先生は恋愛経験がないでしょ。恋愛の素質がなさそうだから」とジョンロクに八つ当たりしてしまいます。

翌日もユンソは残業しながら判例を探していると、ジョンロクに帰ってもいいと言われます。ユンソは断っているとヒョクジュンから電話が。心配だと言われたユンソは仕方なく帰ることに。ジョンロクも一緒に帰ることに。

しかし、エレベーターが途中で止まってしまいます。

助けを呼びなんとか脱出すると、ヒョクジュンが心配してロビーに。

ヒョクジュンはジョンロクに「うちのユンソを働かせすぎです。今後は残業も外回りも禁止です」と怒鳴ってしまいます。

ユンソはヒョクジュンを外に連れ出すとヒョクジュンを怒ります。

家に帰ったジョンロクはヒョクジュンがユンソの彼氏だと勘違いしてしまいます。

翌日、ジョンロクは出勤するとユンソに「コーヒーでも?」と聞かれます。ジョンロクは「結構です。こき使うと彼氏に怒られるので」と断ってしまいます。しかしユンソに「彼氏って何ですか?違います。いとこです。誤解しないでください」と否定されたジョンロクはコーヒーを頼むことに。

その後、ジョンロクは資料の内容を確認するために殺人現場となったユニの家に向かうことに。ジョンロクはユンソも連れていくことに。

中に入るとすぐにジョンロクは資料との称号を始めます。すると、ジョンロクは後ろから何者かに殴られてしまいます。ジョンロクはすぐに追いかけ、その男を捕まえます。

その男は逮捕されるとジョンロクは証言すると警察に伝えます。そこにユンソがやってくるとジョンロクの傷口から血が出ているのを見て泣き出し「怪我の手当が先でしょ」と話します。ジョンロクはユンソを落ち着かせると「驚いただろうから家で休んでください」と言い、タクシーで家に帰らせることに。

その後、ジョンロクは警察に向かうと犯人は近所の住人で泥棒だと思った町の防犯員スミョンだと聞かされます。

ジョンロクは2人で話をすることに。

ジョンロクは「イムさんは知り合いですか?前にも彼女の家に行ったことが?」と聞くと「ユニさんが黙ってろと言いました」と答えられます。さらに「何をですか?事件の日、家に行ったんですか?」と問い詰めようとすると、ヨルムが来てしまい話を切り上げることに。

しかしスミョンのことが気にかかったジョンロクはスミョンの当日の足取りを調べることに。

ヨルムもスミョンを調べることに。

ジョンロクは帰ろうとすると、車の前にユンソの姿が。ユンソは「心配だったので戻って来ました。早く病院に行きましょう」と無理矢理ジョンロクを病院に連れていくことに。

病院が終わり家に送ってもらったユンソは「少しは休んでください。仕事のことは忘れて。いいですね?約束です。指切りしましょう」と伝え指切りを。

スポンサーリンク


翌日、ジョンロクに頼まれたドゥシクはスミョンと親しい人物を見つけると話を聞くことに。すると、スミョンがユニを好きで追いかけ回していたことを聞かされます。そして事件当日スミョンがユニの家に行った目撃証言を手に入れます。

その頃、ヨルムはスヒョンの取り調べを。

ヨルムは質問をするものの、スヒョンは質問に答えてもらえず。証人として役に立たないと感じたヨルムは帰らせることに。

ジョンロクはユニの接見に向かうと「あなたは全治9週間もの重傷を負ってました。なのにどうやって夫を殺せたんですか?」と質問を。「生き残ろうと考えました。刺せば終わると」と答えられるものの「包丁は簡単には突き刺さらない。普通包丁で刺すと手を怪我します」と話すとユニは手を引っ込めます。

それを見たジョンロクは「スミョンを知ってますか?親しいと聞きました」と聞くと「とんでもないです」と否定されます。

第2回公判当日。

スミョンを法廷に連れてくるようにドゥシクに頼むことに。それを聞いていたユンソもドゥシクに付いて行くことに。

ユンソはスミョンと話を。ユンソは「あなたが襲った人は私が好きな人なんです。好きな人が怪我をして悲しくなりました。私の気持ちがわかりますよね。好きな人が苦しむのは嫌でしょう」と話すと「ユニさんが苦しむのは嫌です」と。その言葉に「あなたが黙ってたらユニさんはもっと辛くなるかも。真実を話してください。もう会えなくなりますよ」と説得するとスミョンは法廷に。

ジョンロクはすぐにスミョンを在廷証人を申請することに。

ジョンロクはスミョンの親指の怪我に付いて追及するとスミョンはすぐに手を隠してしまいます。ジョンロクはすぐにカルテを提出すると「キム・ヒョンテを殺したのは誰ですか?」とスミョンに質問を。

スミョンは「殺した人は」と答えようとするもののユニは止めようと。それでもスミョンは「僕が包丁で刺しました。あいつはユニさんを毎日叩きました。あの日もぶったんです」と自白します。

勝訴を勝ち取ったジョンロクだったものの、ジョンロクの心は晴れず。

その夜、ジョンロクはユンソを誘い飲みに。

ユンソはジョンロクを励ますと「1つ聞いても。疲れたから会食に行かないと言いながらなぜ私と焼酎を飲もうと?」と聞くと「今日はなぜか2人で飲みたい気分でした」と答えられます。

その帰り道、ユンソが寒そうにすると、ジョンロクは黙ってユンソの手を自らのポケットに。そして「心配です。君が僕を心配して励ましてくれるように僕もそうした」と伝えます。

真心が届く第6話の最新話を含めdTVですぐに視聴する

真心が届く第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で真心が届く第6話を観たいですよね!

dTVを使えば真心が届くを今すぐ視聴可能です。

『真心が届く6話』を無料視聴する/

31日以内に解約すれば完全無料

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はdTVプレミアムのサイトにてご確認ください。

真心が届く第6話の感想と考察

ジョンロクが「好きですか?」と聞いたのはサムギョプサルのことだったのでした。まさかの勘違いにユンソは腹を立てていたようでした。自らが勘違いしたこと、そしてジョンロクが自分の気持ちに気づいてくれていないことにイラッとしたのだと思います。

ジョンロクはユニの家に検証に行った際に怪我をしてしまうものの、そのお陰で真犯人であったスミョンを発見できたのでした。怪我の功名でしょう。きっとジョンロクはスミョンがユニのことを好きだったと聞いた時からスミョンが真犯人なのではないかと勘づいていたように見えました。ジョンロクの洞察力が素晴らしい。

一方のヨルムは質問に中々答えてもらえないことでスミョンの調査を行わなかったのでした。ここが裁判の分かれ目だったのでしょう。ヨルムは目先のことばかり追いかけたことで真実を見逃してしまっていたのでした。ヨルムはこれで好きな部署に移れるチャンスを逃してしまいましたが、ヨルムはどうなってしまうのでしょうか。

最後、ジョンロクはユンソの手をポケットに入れるという大胆な行動を起こしました。お酒が入っているのもありついに思いを伝えたのでした。ユンソも満更でもない顔をしているのを見ると、そろそろ2人の関係に進展がありそうな予感がします。

まとめ

以上、真心が届く第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です