ムーブ・トゥ・ヘブン6話のあらすじネタバレ&感想考察!

ムーブ・トゥ・ヘブン,6話,ネタバレ

スポンサーリンク


ムーブ・トゥ・ヘブン第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ムーブ・トゥ・ヘブン第6話のあらすじネタバレ!

サングは病院で一夜を明かすものの、スチョルは目を覚ましませんでした。

翌日、グルは依頼がないのに入金されていたことに驚きます。サングにそれを話すとサングは以前に予約があったことを思い出します。しかもその日の予約が今日だったのです。

2人は急いで依頼人の元へ向かうことに。

電話しても繋がらないものの、サングは聞いていた住所に向かうことに。

中に入ると老夫婦の遺体が。その横には「2人でこの世を去ります」という遺書が。すぐに警察に連絡することに。

警察が来るとグルたちは「依頼があったのはいつ?」と聞かれます。サングが「3日前に男性から電話が。名前はキム・インス」と答えると「亡くなった夫の名前がキム・インスです」と聞かされます。

さらに市のソーシャルワーカーでインスたちを担当していたユリムが現れると、奥さんは入院しており、インスは1ヶ月前に仕事を解雇されたことで死を決意したのだと聞かされます。その話を聞いたサングはインスが勝手に妻も殺したと呆れてしまいます。

グルはユリムに遺品を渡すためにインスの親族を聞くものの、身寄りがないことを聞かされます。それでもグルは遺品を整理することに。ユリムもそれを手伝うことに。

遺品整理を進めているとサングは隠し扉を見つけます。中に入るとそこには温室とたくさんの花が。その鉢植えには棟数と部屋番号が。グルは遺品のメモ帳を思い出すと「返しに行く」と告げます。

その頃、サングはユリムが療養病院に行くと聞くと送ることに。そしてサングも病院へ行き、再びスチョルの病室へ。するとスチョルの妹スジンと鉢合わせてしまいます。話をしているとサングはスジンから「あなたのおかげで死ぬはずの兄さんがまだ生きてる。でもそう思えない。あなたもここにいればわかる、生死の境がどんなものか」と言われてしまいます。

スチョルはチョン・マダムが組んだ試合のせいで脳を損傷してしまっていたのでした。

病院を出たサングは再びユリムと顔を合わせるとインスの妻が「夫よりも先に死にたい」と言っていたこと、サングが末期の膵臓癌だったことを聞かされます。

それを聞いたサングがファイルに目をやると1枚の写真が。サングはインスたちと以前病院に来たときに顔を合わせていたのでした。サングは「これからどうなるんだ?」と聞くと「家族がいないので無縁死とされます。市の支援があるので小さなお葬式をするわ」と答えられ、ホッとします。

その夜、遺品をどうするか話し合い、サングはジョンウのやっていたように焼いて処分しようとします。しかしグルは「まだダメ。親戚か友人がいるはず」と言うと部屋に遺品を持っていきます。

スポンサーリンク


そしてグルたちはインスたちのお葬式へ。グルはインスが育てていた花を全てお供えすることに。

インスたちの横ではジェファ建設の取締役の母親の葬儀が。多くの献花が上がっているのを見たサングはそれを盗もうとするものの、グルに見つかってしまいます。

しかし、グルは献花に書かれていたジェファ建設の名前を見て、インスが過去にジェファ建設で働いていた頃の名刺があったことを思い出します。

グルはその名刺を配りにいくものの、途中で注意されてしまいます。するとそこにジェファ建設の会長が現れ「それはキム・インスさんのことか?」と聞かれます。

それを聞いたジェファ建設の会長はインスにお参りに。さらに続けてジェファ建設の社員たちも参列します。

翌日、サングはスジンから「兄さんが危篤なの」と連絡を受けると急いで病院へ。

ムーブ・トゥ・ヘブン第6話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ムーブ・トゥ・ヘブン第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ムーブ・トゥ・ヘブン第6話の感想と考察

サングは初めて身寄りのない依頼人の遺品整理をすることとなりました。サングは最初はインスの身勝手な行動だと思いながら整理を続けていましたが、徐々にインス夫婦の気持ちを知ったことで気持ちが大きく変わっていきました。やはりサングは本当は心優しい人物なのだと思います。だからジョンウもグルの後見人としてサングを選んだのだと思います。

さらに再びグルの行動力のおかげで参列者がいないはずのインスの葬式に多くの人が参列するようになりました。やはりグルにとってこの仕事は天職なのでしょう。

そんな中でスチョルを生かしているのがサングであることが明らかになりました。ということはサングはスチョルのために医療費を払っているということなのでしょうか。なぜサングとスチョルはこのような関係性になったのか気になります。

最後にはスチョルは危篤になってしまいましたが、スチョルは助かるのでしょうか。そしてサングは病院へ間に合うのでしょうか。

まとめ

以上、ムーブ・トゥ・ヘブン第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です