ナビレラ(韓国ドラマ)10話のあらすじネタバレ&感想考察!

ナビレラ,10話,ネタバレ

スポンサーリンク


ナビレラ第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ナビレラ第10話のあらすじネタバレ!

ドアを無理やり開けたチェロクは「ぼくが誰かわかりますか?」と聞くとドクチュルは「君は知ってたんだな」と悟ります。

その後、チェロクは「先生には黙ってます。だけどソングァンさんは知ってます。僕が言いました。でもソングァンさんもバレエを続けてほしいと思ってます」と伝えました。

その頃、ムヨンはホボムに会いに向かうと「何もかも俺が悪かった」と謝罪します。しかしホボムは「本当に悪いと思ってないでしょ。なぜ俺が黙って殴られたと?」と反発します。「怪我さえしなければ選抜チームに入れたよ」と告げられるものの、納得行かないホボムは「結局監督のせいで俺はサッカーを辞めることに。体罰せず廃部にならなければ」と言うと「すまない。なんとしても戦績を上げたかったんだ。欲を出した。まだ遅くない、お前には才能があった」と言われます。そう言われたホボムは思わず泣き崩れてしまいます。

その後、ドクチュルを家に送ったチェロクはドクチュルのことを心配し「2回も僕がわからなかった。危ないことが多かった。これで何かあったらどうするんですか。辞めてください。バレエを辞めて」と告げます。「私はできる」と言われるものの、それでも「無理です。辞めてください」と突き放してしまいます。

翌日、スンジュはバレエ団の公演のミーティングに行くとスペシャル舞台のオーディションを行うことを聞かされます。スンジュはドクチュルを推薦する計画を立てます。

その頃、ソングァンはヘナムと共に病院に向かった帰り、一緒に食事をしていると「撮影が終わっても一緒に暮らそうかな」と冗談交じりに言うと「頑張らなくていい。父さんの面倒は私が見る」と言われます。

へナムはチェロクとソングァンの会話を聞いてしまっていたのでした。

涙を流すソングァンにへナムは「頑張ってる父さんを見守りましょう。自分から言うまで見守ることにしたの」と伝えました。

ドクチュルは自己練から家に帰ると小腹が空いたのでラーメンを食べることに。しかし、鍋でお湯を沸かしている間にバレエシューズがないことを思い出すと買い物に出て行ってしまいます。

その後、へナムたちが家に帰ると鍋から火が。へナムは鍋をずらす際に火傷してしまいます。

ソングァンがその治療をしているとドクチュルが帰ってきます。ドクチュルは「また鍋に火をかけたまま忘れたのか?」と怒るものの、台所に置かれているラーメンの袋を見て思い出すと、自分がやったことを思い出し謝罪しました。

翌日、ドクチュルは老人ホームに向かいパンフレットをもらいに行き、友人の墓へ向かうと、そこへ座り込みます。

午後、チェロクは1人ドクチュルのことを考えながら食事をしているとへナムから電話が。「うちの人と一緒にいる?電話をかけても出ないのよ。いつもなら帰ってる時間なのに。今日は練習が長引いた?」と聞かれたチェロクは「いつも練習に行くと言ってたんですか?」と聞くと「どういうこと?何があったの?」と問い詰められます。するとチェロクは「実は…」と全てを伝えたのでした。

スポンサーリンク


それを聞いたへナムはソングァンとともに探しに行くことに。

探しても探しても見つけられなかったソングァンはソンサンに電話をかけると「父さんが連絡がつかない。早く言わなくてごめん。父さんはアルツハイマーなんだ」と打ち明けました。それを聞いたソンサンも探しに向かうことに。

チェロクは捜索中、ドクチュルの位置情報を探知するとそれをソングァンたちに伝えます。

ソンサンは一足先にその場所に着くと、ドクチュルは「なぜお前がここに?」と驚きます。ソンサンは「電話にも出ないから母さんがすごく心配してる。帰ろう」とドクチュルを立たせるものの号泣すると「父さんは僕にとっていつまでも高い山だ。それを絶対に忘れないで」と伝え、抱きしめました。

その帰り道、ドクチュルはチェロクを見つけると、車から降りバレエを踊ります。そして踊り終え「私も怖い。でも毎日練習したよ。記憶が薄れる頭でじゃなく体で覚えられるように」と話すと、それを聞いたチェロクは「やりましょう。バレエを続けましょう」と伝えました。

ナビレラ第10話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ナビレラ第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ナビレラ第10話の感想と考察

ドクチュルはチェロクに助けられたことでチェロクが自らのことを知っていることを悟りました。その時の表情を見ると知られていてショックを感じた部分と、知ってくれていてよかったと思っている気持ちの両方があるように見えました。

ですが、バレエを辞めるように言われたのはショックだったと思います。チェロクが事故で死んでしまったりしないか心配する気持ちもわかるものの、急にあんな風に突き放されたらショックを受けてしまうのは当然のように思います。チェロクも突き離したくなかったものの、そうするしかなかったという心情を考えると、どちらも辛い思いをしたのだと思いました。

その後、ドクチュルと連絡がつかなくなってしまったことで家族全員がアルツハイマーを知ることとなりました。初めてそれを知ったソンサンは非常にショックだったようでした。なぜ自分の父親がという思いで胸が一杯だったのでしょう。でも逆にこれで家族全員が知ったことはドクチュルにとってはいい方向に向かうと思います。

さらにチェロクは一度は突き放したものの、ドクチュルの踊りを見て再びレッスンすることを決めます。ドクチュルの集大成に向けてどう物語が進んでいくのか楽しみです。

まとめ

以上、ナビレラ第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です