ナビレラ(韓国ドラマ)11話のあらすじネタバレ&感想考察!

ナビレラ,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


ナビレラ第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ナビレラ第11話のあらすじネタバレ!

家に戻ったドクチュルは「すまない、本当にすまない」と謝るものの、へナムは「あの日を覚えてる?私たちは歳月を共にしてきたでしょ。あなたがバレエを踊るのは半分は私の夢でもあるの。弱気にならないで。やりたいことをやり遂げて」と伝え、ドクチュルを励ましました。

ソンサンとソングァンはソンスクの所に行き、ドクチュルの病気のことを伝えました。そして今後ドクチュルを誰が見るかという話に。それぞれが自分の意見をぶつけるのを聞いていたウノは「本人の考えを無視して決めるのはおかしい。まずはおじいちゃんに聞かないと」と話します。

その夜、チェロクはウノと会うことに。チェロクは「何度も言おうとしたけどごめん」と謝るものの、ウノも「私の方こそ何も知らずにおじいちゃんを任せっきりに。とにかくありがとう」と涙を流しながら伝えました。

オーディション前日、ドクチュルはいつも通り運動に向かうとホボムの姿が。サッカー選手のテストを受けたいと話すホボムにドクチュルは「まずはスタートを切れ。たとえ準備が不十分でも思い切って飛び込むんだ」と声をかけました。

その後、レッスンに向かうとチェロクは「約束します。僕のことを忘れても僕が覚えていればいい。僕がそばにいます。僕のことがわかるならいつだってバレエを教えます」とドクチュルと約束を。

そしてレッスンを終えるとチェロクはドクチュルを連れオーディション会場へ。そしてそこで一度踊らせることに。

その頃、ソンサンは会社に行くと支店長から会社の問題の責任を取れと言われてしまいます。

そしてオーディション当日。

ドクチュルはいつも通り、家で新聞を読んでいるとソンサンの会社の記事が。すぐに電話するもののソンサンは電話には出ませんでした。

そのままオーディション会場に行くものの、どうしても気になったドクチュルは1人で出かけることに。ソンサンの働く会社につくと警備員に言い、ソンサンに会わせてもらうことに。

驚くソンサンに「これを渡しに」というと、袋を。その中には野球のグローブが。ドクチュルは「私の言葉を覚えてるか?お前には野手の私がついてる。だから思いっきり投げろ」と励まし会場に戻ることに。

さらにはエランに「これ以上我慢しないで。私が責任を持つわ」と言われたソンサンは支店長の元に向かうと「辞職します。しかし私を切ったところでこの件は片付きませんよ。内部監査でもなんでも私は事実を話します」と言い放ちました。

そしてドクチュルはオーディションを。

ドクチュルは見事オーディションに合格を果たします。

翌日、ドクチュルはバレエ団に合流することに。

スポンサーリンク


練習中、スンジュに「踊りたい作品は?」と聞かれたドクチュルは迷いなく白鳥の湖と答えます。それを聞いたスンジュは「少し考えてみましょう」と伝えます。

その翌日、スンジュはドクチュルとチェロクを呼び出すと2人で踊るのはどうかと提案します。「この1年、2人で築いてきたもののを舞台で見せて欲しいんです」と言われたドクチュルは一緒に踊ることに。

数日後、定期公演の招待チケットを受け取ったチェロクはムヨンの元へ。

チケットを渡し帰ろうとするチェロクを呼び止めたムヨンは封筒を出すと「すまない。今までそばにいてやれず」と謝罪しながら渡します。その言葉にチェロクは「これからはそばにいて」と伝えると、ムヨンも「約束する」と答えました。

定期演奏会当日、へナムはなかなか起きないドクチュルを起こしに行くと「どちら様?」と言われてしまいます。

ナビレラ第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ナビレラ第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ナビレラ第11話の感想と考察

ソンサンたち兄弟はドクチュルの病状を知ったことで将来的なことを考え始めたようでした。それまではギクシャクしていた兄弟だったものの、父親のこととなるとやはり協力するのだと思いました。まだ答えは出ていませんでしたが、彼らがドクチュルに対しどんな答えを出すのか気になります。

一方ドクチュルは見事オーディションに合格を果たします。ソンスクの元に行き、ギリギリまで会場に現れなかった時はハラハラしましたが、なんとか到着し見事な踊りを見せました。練習は嘘をつきませんね。

オーディションに受かっただけでなくチェロクと共に白鳥の湖を踊ることに。2人を見続け、心を動かされたスンジュからの粋な計らいだったのだと思います。それぞれ家族とのわだかまりがなくなった2人が家族たちを前にどんな演技を披露してくれるのか非常に楽しみです。

しかし公演当日、ドクチュルはへナムのことすらわからなくなってしまっていました。最後の最後にまさかの展開ですが、ドクチュルは記憶を取り戻し、公演を成功させることができるのでしょうか。

最終回でどんな結末が待っているのか期待したいです。

まとめ

以上、ナビレラ第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です