ナビレラ(韓国ドラマ)7話のあらすじネタバレ&感想考察!

ナビレラ,7話,ネタバレ

スポンサーリンク


ナビレラ第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ナビレラ第7話のあらすじネタバレ!

へナムからドクチュルがいなくなったことを聞いたチェロクはすぐにへナムのいる水族館へ。

へナムと合流したチェロクはドクチュルを探すことに。なんとかドクチュルを見つけたチェロクは「どれだけ探したかわかってます?おばあさんから電話がきて」と安堵します。

そしてへナムにドクチュルを預けると、スタジオに向かいスンジュに「コンクールは諦めろ」と言われた言葉を再び思い出します。

翌日、ドクチュルは朝早くからスタジオに向かい自主練に励むことに。

その後、チェロクはスタジオに向かうと入り口に待っていたスンジュから「意地を張り通す気か?」と言われるものの、チェロクは無視し、ドクチュルのレッスンをすることに。

しかし、途中でスンジュにレッスンを遮られると、スンジュの家に連れて行かれます。

そして「知らないだろ?この俺がバレエをやったことのないお前をなぜ受け入れたのか。俺はバレエを教える気はなかった。バレエを踊れなくなりどん底にいた時お前に出会った。そして俺が求める踊りをお前なら踊れると思った。やってみる価値はあると思ったんだ。俺は絶対にお前を舞台に立たせてみせる、俺みたいになるな」と言われます。

その帰り、チェロクは舞踊院に寄るとソリと鉢合わせます。チェロクは「2度と踊れない気分ってどんな気分?引退した時の気持ちは?」と聞くと、スンジュへの劣等感や妬みを抱いていたことを聞かされ「努力だけでは限界があるの」と聞かされます。

その言葉を聞いたチェロクは「僕にも才能が?」と聞くと「彼が初めてあなたを見た時こう言ってた。本能的に解釈し、恵まれたその体でなんとか表現しようとしてた。これこそまさに才能だって言ってた。自信を持っていいのよ」と聞かされます。

夜、スタジオに向かったチェロクはドクチュルに自分の思いを話すと、ドクチュルから「チャンスはまた巡ってくる」と励まされ、チェロクはコンクール出場を辞退することを決めます。

翌日、ドクチュルは友人とすれ違うと近所で自分がバレエを習っていることが知れ渡っていることを聞かされ、さらに「その年で踊るなんて愚かですよ」と言われてしまいます。

そんな中、スタジオに向かったドクチュルはチェロクの踊りを見て「確かに私のような老人が踊るのは愚かなのかもしれませんね」と呟いてしまいます。

それを聞いていたスンジュはレッスンを中断させドクチュルたちをキム・フンシクバレエ団に連れていくことに。

そしてスンジュは車椅子に乗る女性のダンサーを紹介します。

スポンサーリンク


踊りを見たスンジュは「何が正解なのか私にもわかりません。限界はありますがチェロクの言うように、あなたらしく踊ってみては?」とドクチュルに声をかけると、チェロクもバレエ団にドクチュルを紹介し、全員の前で踊らせることに。

ドクチュルは今まで習ったことを精一杯踊り切ると大きな拍手を浴びました。

その夜、チェロクはロッカーにドクチュルが忘れていったメモ帳を発見するとそれに目を通すことに。

するとメモ帳の最初のページに「私はアルツハイマーだ」の文字が。

ナビレラ第7話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ナビレラ第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ナビレラ第7話の感想と考察

逸れてしまっていたドクチュルでしたが、なんとかチェロクに見つけてもらえて良かったと思います。ですが、ドクチュルはどこかおかしい様子に見えました。もしかしたら、記憶力が落ちているのかもと感じました。

チェロクはコンクール出場をどうするか悩み込んだ末に出場辞退することを決めました。最初は意地を張り通すつもりだったものの、ソリとドクチュルにかけてもらった言葉を聞いて出場辞退を決めたようでした。特に、ソリからスンジュが才能を認めていたことを聞いた言葉にはかなり心動かされたように見えました。間接的に才能を認めていることを聞いたことでスンジュが本気で自分を心配していると気付いたのだと思います。壁にぶつかった時には他人からの言葉が大事になるんですね。

一方のドクチュルも友人から「愚かだ」と言われてしまったことでバレエを続けるべきか悩んでいました。自分だけではなくへナムも近所の人から何か言われていることで悩んでしまったのだと思います。しかし、スンジュに車椅子のバレエダンサーを紹介されたことで、その思いが吹っ切れました。どんな人でも表現する自由があると感じたのだと思います。バレエをやめる選択へ動かなくて良かったです。

そんな中、最後にドクチュルがアルツハイマーであることが明かされました。まだ家族にも言っておらず知っているのは本人とチェロクのみのようでした。衝撃的事実を知ってしまったチェロクがこれからどうするのか注目です。

まとめ

以上、ナビレラ第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です