ナビレラ(韓国ドラマ)8話のあらすじネタバレ&感想考察!

ナビレラ,8話,ネタバレ

スポンサーリンク


ナビレラ第8話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ナビレラ第8話のあらすじネタバレ!

ドクチュルがアルツハイマーだと知ってしまったチェロクはショックを受けると、思わずスタジオを飛び出しドクチュルに電話をかけ、追いかけることに。

連絡がつかなかったチェロクはドクチュルの家の前までいくとそこでウノと鉢合わせてしまいます。チェロクは帰ろうとするものの、ウノに誘われ家の中へ。

家の中ではソングァンの誕生日パーティーが。チェロクは家族の紹介を受けているとそこにドクチュルが帰ってきます。「家まで来てどうした?」と驚くドクチュルにチェロクは「レッスンを伸ばすので30分早くきてください」と伝え、帰ろうとするものの食事を食べていくように言われます。

食事中、チェロクはドクチュルのことを心配そうに見つめるしかできませんでした。

食事が終わり家の外に出たチェロクはウノから「ところで祖父に何かあったの?」と聞かれるものの「家での様子が見たくて」と誤魔化します。

翌日、チェロクはドクチュルのいつも通りレッスンをするものの、気持ちの整理ができずにレッスン中にもぼーっとしてしまいます。

レッスン途中、スンジュとともにカフェに向かうもののチェロクはドクチュルのことを切り出すことができませんでした。

レッスン後、チェロクはドクチュルに無理矢理誘われ一緒に銭湯へ。チェロクは「父と銭湯に来たら仲良くなれますか?ぼくは父との思い出があまりないんです。父はサッカー部で体罰をしてたんです。母もその頃亡くなりました。父が憎くて会いたくなかったのに考えちゃうんです」と相談します。

すると、父親との思い出を思い出したドクチュルは「すまなかった。その一言で許せたんだ。チェロクの父さんも同じはずだ、仲良くなれるさ」と励まします。

その夜、チェロクはウノを呼び出し一緒にカフェへ。ウノに「言いたいことがあるのね」と言われたチェロクでしたが「奢りたかっただけだ」と再び真実を告げれませんでした。

週末、ドクチュルはレッスンに向かうものの、メモ帳を見て病院だったことを思い出すと、チェロクに嘘をつき病院へ。

医者から「どんどん記憶が薄れていくでしょう」と言われてしまったドクチュルはショックのあまりそのまま病院を後にします。

病院からの帰り道、チェロクは帰り道を忘れてしまい、ベンチに座り込んでしまいます。

チェロクはリハビリからスタジオに戻るもののドクチュルの姿がないことを心配し、電話をかけるものの繋がりませんでした。へナムに連絡しても家に帰っていないと聞かされたチェロクは心配になりドクチュルを探しにいくことに。

チェロクはドクチュルを見つけると、そこにホボムたちがドクチュルに絡んでいる姿が。「ホボム」と叫ぶと、それを聞いたホボムたちはあっさりと帰っていきます。

スポンサーリンク


ホボムはドクチュルのメモ帳を見たことでアルツハイマーであることを知っていたのでした。

チェロクは「おじいさん。大丈夫ですか?」と聞くものの、怯えたままで何も答えてもらえませんでした。その時、メモ帳に「彼が踊るのを見て記憶が戻ってきた」と書かれていたことを思い出すとその場で踊りを見せることに。

それを見たドクチュルは記憶を取り戻します。

ナビレラ第8話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ナビレラ第8話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ナビレラ第8話の感想と考察

ドクチュルがアルツハイマーであることを知ったチェロクはショックと共に不安な感情が生まれていました。ドクチュルが家に無事に帰れるのか、どこまで記憶がなくなっているのか、ドクチュルのする全ての行動が心配になっているようでした。

しかし、チェロクもドクチュルの家族に真実を伝えることはできませんでした。ウノに何か言いたいことがあると勘付かれても真実を言う勇気は出せずにいました。それだけ繊細な問題だとわかっているからこそチェロクは自分がそのことを伝えていいのかという心の葛藤をしていたのだと思います。チェロクにとってかなり精神的にきついことだと思います。

ドクチュルもアルツハイマーが進行していると聞かされてしまい、かなりショックなようでした。自分の両親の記憶から、家族、孫、チェロク、バレエのこと全て忘れてしまうかもしれないという現実が辛かったのだと思います。特に自分のやりた買ったバレエを始めたばかりなのにアルツハイマーのせいで踊れなくなってしまうかもという現実はかなりショックだったと思います。

病院の帰り道、ドクチュルは帰り道を忘れてしまいました。ですが、迎えに来たチェロクの踊りを見てなんとか記憶を取り戻しました。きっとドクチュルの記憶を思い返させるのにはチェロクの踊りが必要なのだと思います。

アルツハイマーはかなり進行しているようですが、ドクチュルはいつのタイミングで家族に打ち明けるのでしょうか。そしてそんな状態を見てしまったチェロクはこれからどうするのか注目です。

まとめ

以上、ナビレラ第8話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です