ナビレラ(韓国ドラマ)9話のあらすじネタバレ&感想考察!

ナビレラ,9話,ネタバレ

スポンサーリンク


ナビレラ第9話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ナビレラ第9話のあらすじネタバレ!

ドクチュルは「さっきはボーっとしてたんだ」とアルツハイマーのことを誤魔化すと、心配に思ったチェロクはドクチュルの家で食事をさせてもらうことに。

家に着くと、そこにはソングァンの姿が。チェロクは外に呼び出すと「おじいさんに問題があるんです。おじいさんはアルツハイマーなんです」と真実を伝えます。それを聞いたソングァンは呆然としてしまいます。信じられないと言う表情を浮かべるソングァンに今日会ったことを話し「おじいさんにバレエを続けさせてあげたい」と自身の思いを伝えます。

衝撃のあまり涙を浮かべるものの、考え抜いた結果ソングァンはドクチュル主役のドキュメンタリーを撮ることに。

チェロクは帰宅しているとホボムと鉢合わせます。チェロクは自分からホボムを呼び止めると「さっきは誤解して悪かった。今日みたいなことがあったらまた連絡してくれ、頼むよ」と頼みました。

翌日、ソングァンは機材と持ってドクチュルの家に来ると、泊まり込みで撮影することに。

ソングァンは内緒でドクチュルの手帳を見ると、そこには「私はアルツハイマーだ」の文字が。動揺するものの、気持ちを落ち着かせたソングァンは撮影を始めることに。

ソングァンは初めてドクチュルが必死にバレエを練習する姿をみて感動してしまいます。

お昼、食事に出かけたチェロクは「今日から午後も練習しましょう。体で覚えるんです」とドクチュルに言うものの「明日からでいいか?用事が。食事は奢るから」と言われます。ドクチュルが支払いに行くとチェロクはドクチュルの携帯に位置情報アプリをダウンロードします。

その夜、チェロクはドクチュルのバレエに対する気持ちを思い出すと、翌日から今まで以上に厳しくドクチュルに指導します。

その様子を見かねたソングァンはチェロクを呼び出し「いくらなんでも強引すぎないか?」と言うものの「僕はおじいさんが病気だからって手加減はしません。病気であることを隠してまでバレエを続ける理由はたった1つなんです。やり遂げたいんですよ」と気持ちを伝えられると、言い返すことはできませんでした。

その午後、ドクチュルとチェロクがスタジオに戻ると舞踊院の先輩でダンサーのファンフィが。

ファンフィはドクチュルがチェロクからバレエを習ってると聞くと「趣味として頑張ってください」と告げ、スタジオを後に。

しかし、その言葉にイラッときたチェロクはファンフィを追いかけると「趣味じゃない。本気で頑張ってます。おじいさんは本気なんです。残りの人生を懸けて挑んでるんです」と反論します。

そしてロッカールームに戻るとドクチュルに「傷つきました?自分にとってバレエとは?ただの趣味でやってるわけじゃないのになぜ黙ってたんです?」と聞きます。すると「誰がなんと言おうと私は構わない。諦めるもんか。私はそんなに弱くない。自分の好きなバレエを上手に踊りたい」と思いを聞かされます。

スポンサーリンク


それを聞いたチェロクはスンジュにドクチュルを舞台に立たせたいと相談します。スンジュは「冗談じゃない」と突っぱねようとするものの「一度だけチャンスをください」と頼まれると「オーディションをやるなら規定通りにやる。1ヶ月後だ」とオーディションを受けさせることに。

それを聞いたドクチュルは「白鳥の湖」を踊ることに。

その夜、チェロクは家に帰るとムヨンの姿が。一緒に食事をしたチェロクは「今度銭湯に一緒に行こう」と誘うと、ムヨンは思わず笑みを浮かべます。久しぶりの2人の時間を楽しみました。

翌日、ムヨンはチェロクを見送るとホボムの元へ。

チェロクはスタジオに向かい、ドクチュルを待っているとスンジュから「さっきおじいさんならトイレに行ったぞ」と聞かされます。

チェロクはトイレに向かうとドクチュルが独り言を話す声が。チェロクは思わずトイレのドアを蹴り飛ばすと頭を抱えるドクチュルが。

ナビレラ第9話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ナビレラ第9話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ナビレラ第9話の感想と考察

ドクチュルは記憶を失ったところをチェロクに助けられるものの、自分がアルツハイマーだと言うことは打ち明けることができませんでした。きっとまだプライドの中で自分がアルツハイマーだと言いたくない思い、そしてアルツハイマーだと知られたらバレエを辞めさせられるのではという恐怖があるのだと思います。きっともどかしい思いを抱えていると思います。

チェロクはドクチュルが自分からアルツハイマーだと言わないことに痺れを切らし、ソングァンにアルツハイマーのことを打ち明けました。ソングァンはあまりにも衝撃すぎて自分の中で消化しきれていないようでした。自分の父親がアルツハイマーだと急に聞かされたらそうなるのも理解できます。今のところドクチュルの家族でアルツハイマーのことを知ってるのはソングァンだけですが、いつ他の兄弟たちに打ち明けるのか注目です。

そんな中で、チェロクはドクチュルにオーディションを受けさせることに。悔いが残らないようにチャレンジさせてあげたい思いで頼んだのだと思います。1ヶ月後オーディションになりましたが、ドクチュルはどうなるのでしょう。

ムヨンはチェロクに会った後、怪我をさせた張本人であるホボムに会いに向かいましたが、この2人一体どうなってしまうのでしょう。

まとめ

以上、ナビレラ第9話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です