韓国の芸能界を舞台にしたラブコメディ「流れ星」(韓国ドラマ)3話のあらすじネタバレ!痛い?こっちも痛いよ

流れ星第3話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

もし文章のネタバレではなく動画で流れ星第3話を観たい!という人には、U-NEXTで今すぐに視聴可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「流れ星」のキャスト一覧はこちらをチェック!

韓国の芸能界を舞台にしたラブコメディ「流れ星」(韓国ドラマ)のキャスト一覧(画像付き)!

ハンビョル役イ・ソンギョンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』イソンギョンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

テソン役キム・ヨンデの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』キムヨンデの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

流れ星第3話のあらすじネタバレ!

ハンビョルがテソンの元カノだというニュースが出ると、ミニョたち広報チームは「未練があるから毎日会社に来てるわけ?わざと仲の悪いふりをしてるのね」と噂を。

しかし、ウンスは「じゃあ、なぜテソンさんをアフリカに行かせたの?」と疑問を。

その頃、テソンに「アフリカに行かせた感想は?」と問い詰められたハンビョルは「自分で行くと言ったくせに」と答えると、さらに「だから連絡しなかったのか?答えろよ」と聞かれ、「個人的に連絡するような仲じゃないでしょ」と答えると、テソンは一度落ち込むものの「そうだな。連絡が来ても無視したさ」と元気に言い返し、帰っていきます。

そしてデスクに戻ると、ハンビョルはミニョからテソンとの記事を見せられます。

ハンビョルは驚くものの「すぐに削除されましたし、話題にはなってません」と言われると、「また写真がアップされたら報告して。載せた奴を殺してやる。テソンが現れてからうまくいかない」とイライラしだします。

テソンは帰ろうとしていると、そこにジュノが。

「実はもうすぐ死ぬんだ」と言われ、ホヨンに「病院に行きましょう」と運ばれたテソンは驚くものの、マネージャーから「”涙が出る”。見ていないんですね。最近人気のドラマです。ジュノさんが役に入り込みすぎてカゲロウを見ても泣くんです」と言われ、安堵します。

後日、ジュノは撮影に向かうと、カットがかかるものの、車椅子に座り込んだまま、意識を失ってしまいます。

ホヨンたちは急いで病院に連れて行くと「過労と栄養失調です。数日入院すれば良くなります」と言われます。

翌日、会議でジフンに「CMと海外プロモーションは?」と言われたホヨンは「数日休めば復帰できると。スケジュールを調整します」と答えると「次の作品はくれぐれも健康で明るい役を選べ」と言われます。

そしてジフンは「お前らもしっかり俳優をケアしろよ。この際、メンタルケアを推進しようじゃないか。俳優、社員、インターンもだ」とハンビョルに指示を。

その後、ホヨンはクッパ店のシドクの元へ。

「俳優の件は考えてみた?」と聞くものの「俳優なんて無理です」と何を言っても断れてしまいます。

ポスターを見たホヨンは「あの2人はうちに所属してる俳優だわ。韓国一の事務所だから信じても大丈夫よ。お金もたくさん稼げる」と説得を試みるものの「僕は今の生活に満足してます」と言われてしまいます。

その頃、ハンビョルはストレス検査を社員たちに配ります。

ホヨンは会社に戻ると、ジフンの元へ。「いい人材を見つけたんですが、俳優はやりたくないと。理事はどうやってテソンさんを誘ったんですか?」「それはな。俺のマネージャー人生で最高の日だった」と話し始めます。

当時、ジフンは学生だったテソンを見つけると、スカウトするものの返事をもらえず。その後、ずっと追いかけ回したものの、説得することができず。

ジフンは「そんなテソンがどうして今、俺と一緒に働いてると思う?それは企業秘密だ。重要なのは本人のやりたい気持ちだ。強制的にやらせる仕事じゃないだろ?」と話します。

ハンビョルはスヒョクにもストレス検査を配り、デスクに戻ると、そこにジョンヨルが。

すると、「あのチーム長」と話を切り出されます。

ストレス検査をテソンの元に持っていったジョンヨルは「やらない。ハンビョルの指示は全部断る。そう伝えろ」と言われていたのでした。

それを聞いたハンビョルは「私が解決するわ。戻って」と伝えます。

ハンビョルはテソンに電話するものの、無視されてしまいます。

その夜、ハンビョルはホヨンとキプムと飲みに行くと、ストレス指数の話に。

キプムから「テソンはどう?」と聞かれたハンビョルは「あいつの話はやめて。自分勝手なんだから10%未満でしょ。肩も凝らないでしょうね」と答えると、携帯をチェックすることに。

テソンに「テストに回答してよ」と送っていたものの、既読になっておらず。

ハンビョルは「クッパの彼はどうなった?」とホヨンに聞くと「諦めようと思います。ジュノさんが倒れてから色々考えちゃって。引き込まない方がいいかなと思って。楽な世界じゃないですから」と言われます。

その頃、ユソンはオーディションに落ちたジェヒョンの愚痴を聞きに。

「やめた方がいいのかも」と言われたユソンは「君のせいじゃないよ。今も十分頑張ってる。僕のせいだ」と励まします。

すると、そこにユナが受かったことでテンションが上がってるデスが。

デスはユソンに「ジェヒョンが可哀想だな。急に天下りが入ってきたせいで。出資者の甥らしいぞ。ユナと共演することになって今から心配だよ」と話していると、そこにその甥が。

翌日になってもテソンから返答がなかったハンビョルは苛立ちを我慢できず、仕事中に関わらず映画を見に行くことに。

ハンビョルは貸切状態だと思いながら映画を見ようとすると、横にテソンが。

ハンビョルと「電話には出ないで、映画を見に来たわけ?」と聞くと、シーっと指を口の前に立てられてしまいます。

その行動にハンビョルは学生時代にも同じ出来事があったことを思い出してしまいます。

「今度から来るな。ここは俺専用だぞ」「ここを先に見つけたのは私よ」「じゃあいい。俺がここを丸ごと買うよ」「そのお金で寄付したら?」「寄付なら今も十分助けてる。じゃあな」「ちょっと!本当に私がアフリカに行かせたと思ってるの?道行く人に聞いてみれば?ついてきて」

グィノンの店に連れて行くと、誰のせいでアフリカに行くことになったか是非を問う事に。

1年前、テソンは中指を怪我していたことでフォトタイムの写真で中指を立ててしまいます。

フォトタイムが終わったテソンはイライラしていると、お腹を下していたユソンがトイレに。

その間、テソンはライバルであるジュヒョンが「アフリカに行きたい」と夢を語っている記事を見つけます。

さらに、親友のユヌからも「アフリカのボランティアに行きたい。一緒に行こう」と誘われていたことを思い出すと、ハンビョルに「アフリカでボランティアできるかな?」と聞きます。

すると、ハンビョルに「落ち着いて。あなたの顔にはボランティアという単語が全く似合わない」と嘲笑われてしまい、火のついた「行けないとでも?行くと決まれば十分行けるさ。俺はアフリカに行くぞ」と叫び、ドアを開けると、そこに記者たちが。

その事件を話したハンビョルは「誰のせいだと思う?」とグィノンに聞くと「だから、悪かったのは…」と悩み込まれます。

すると、ユソンが現れ「僕のせいだ。腹をくだしてトイレに行った僕のせいだ。楽屋の位置を教えず、トイレに行ったせいだ。マネージャー失格だ」と自らを責め始めます。

それを見たテソンは「俺なら大丈夫だ」と言うと、ハンビョルも「そうよ。勘違いしたこのバカのせいよ」と。

それを聞いたテソンは「なんだと?喧嘩を売ってるのか?」と言い返し、再び喧嘩に。

その後、ネットに「伝説の女優ウン・シウ離婚」の記事が。

その記事を見たテソンは動揺を。

そこにハンビョルから電話が。

「何の用だ」と出ると「その…、早くストレス検査をやって」と言われます。

テソンは「またその話か」と言うと「そうよね。あなたにストレスがわかるわけないわよね」と言われ、腹を立てると「何を言ってるんだ。お前よりは多い。賭けるか?」と言い返します。

ハンビョルも「いいわ。勝ったら黙って要求に従うのよ」と乗ると、「俺が勝ったらお前は減俸3ヶ月だ」と言われます。

その夜、ハンビョルはキプムと散歩していると、キプムは腹痛で倒れてしまいます。

その頃、ホヨンはジュノの元に向かうと「俳優になったことを後悔してませんか?」と質問を。

4年前、銀行員だったジュノを無理やりスカウトしたのでした。

「スカウトしなかったら幸せだったでしょうか?」と聞かれた、ジュノは「後悔したことはない。俳優になってよかった。毎回違う人になれるから楽しいんだ。道を開いてくれた君もいるし、それからすごく余裕のある残高もあるじゃないか」と答えると、ホヨンは元気を取り戻し、クッパ屋へ。

その頃、ハンビョルはキプムを病院に連れて行き、受付を済ませると、キプムに「あそこにチョン・サンウよ。早く撮って。絶対に逃しちゃダメよ」と指示されます。

ハンビョルは暴れるサンウを撮影すると、キプムはメールを打ち始め、仕事を始めます。

すると、そこに医師が「急性虫垂炎です。検査後に緊急手術を」と伝えに。

キプムは無理やり仕事を終わらせると、手術へ。

クッパ屋についたホヨンはシドクから「もう会えないかと」と言われると、営業終了の張り紙を見せられます。

シドクに「売り上げがいいから大家さんが商売すると。俳優になったら本当にたくさん稼げますか?僕にできるでしょうか」と聞かれたホヨンは「もちろんよ。たくさん稼がせてあげるから」と答えると「こんな気持ちで始めてもいいんですか?」と心配されるものの「もちろんよ。私がスカウトした元銀行員は今や大人気よ」とスカウトを。

シドクはホヨンの誘いを受けることに。

翌日、ハンビョルのもとに目元を怪我したユソンが現れると「ジェヒョンも星たちの世界に出る」と聞かされます。

ユソンはデスから、キャスティングされた甥が酒癖が悪いと聞くと、わざと一緒に酒を飲み、わざと怪我をしたのでした。

その後、ハンビョルたちはテソンのサイン会に。

ハンビョルはジョンヨルが持ってきたテソンのストレス検査の結果を見ると、100%という数値が。

ハンビョルはホヨンからジュノとドンジュンが90%で倒れたと聞いたことを思い出すと、テソンの心配を。

テソンはサイン会を終え、ステージを降りようとすると…。

流れ星第3話の最新話を含めU-NEXTをすぐに視聴する

流れ星第3話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、文章のネタバレではなく動画で流れ星第3話を観たいですよね!

U-NEXTを使えば「流れ星」を今すぐ視聴可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

流れ星第3話の感想と考察

ハンビョルとテソンが付き合っていたという報道はすぐに削除されたものの、その写真がアップされたことにハンビョルはかなり怒っているようでした。この2人が本当に付き合っていたかは謎のままですが、一体どちらなのでしょう。

そんなハンビョルとテソンはアフリカにボランティアに行ったことについても因縁があったのでした。

テソンはハンビョルに「アフリカにボランティアに行きたい」と言った時に、嘲笑われてしまったことで、叫んでしまうと、それを記者たちの取られてしまい、行かざるを得なくなってしまったのでした。テソンにとっては自分で蒔いた種ながらもハンビョルのせいにしたいようでした。アフリカに行くことになったのは明らかにテソンが悪そうです。

さらにそんな2人はストレステストでも対立を。

テソンはハンビョルの指示ならやらないといったものの、ハンビョルはうまくテソンの性格を利用し焚き付けると、テストを受けさせることに成功したのでした。やっぱりハンビョルはテソンの扱い方を熟知しているようです。流石広報チーム、チーム長です。ある意味、ハンビョルはテソンの1番の理解者なのかもしれません。

テソンはテストを受けた結果、なんと100%という結果に。

最後、テソンはステージから降りそうになると、転びそうになっていましたが、テソンは大丈夫なのでしょうか。

また、テソンはシウの離婚の記事を見て動揺していましたが、シウとテソンはどんな関係なのでしょう。

一方、ホヨンはなんとかシドクのことを説得し、スカウトすることに成功したのでした。ジュノに続いて2人目の才能をスカウトしたホヨンの実力も本物のようです。ホヨンがシドクをどのような俳優に仕上げて行くのか楽しみです。

まとめ

以上、流れ星第3話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ユソン役ユン・ジョンフンの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』ユンジョンフンの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

ホヨン役キム・ユネの公式インスタグラムはこちらをチェック!

『2022年最新版』キムユネの公式インスタグラム&人気出演ドラマおすすめランキングBest 5!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。