今、私たちの学校は…最終回(12話)のあらすじネタバレ&感想考察!

今、私たちの学校は…最終回(第12話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

今、私たちの学校は…最終回(第12話)のあらすじネタバレ!

爆撃翌日。

山の中で朝を迎えたオンジョたち。

スヒョクは「行こう」と声をかけるものの、オンジョは「このままじゃいけない。ちょっと待ってて。やっぱり先に行ってて。あとから行く」と山を降り始めます。

さらにナムラも「私も行ってくる」というと、スヒョクも一緒に向かうことに。

工事現場についたオンジョは「チョンサンのばか」と涙ながらに叫ぶと、ナムラは「行こう。ここは何の匂いもしない。チョンサンに挨拶して、行こう」と抱きしめます。

その後、山を抜けようと歩いているとナムラは「軍は私たちがいると知ってた。なのに助けるどころか学校を爆破した。死ねばいいと思ってたのかも。きっと私のせいよ。私たちがゾンビと一緒にいたから、ゾンビではなくとも人間であるはずがない、そう思ったはず。みんなと一緒にいていいのかな?」と聞きます。それにオンジョは「あなたは友達で私たちの委員長よ。みんなを助けてくれたわ」と答えると、ナムラは「また絶対に焚き火をしよう。またいつかできるよね?」と。

しかし、オンジョたちは道に迷ってしまいます。

するとウジンは木に目印が結ばれているのを発見します。オンジョたちはそれをたどりに山を降りることに。

その途中、オンジョはソジュの懐中電灯を見つけます。

目印はソジュがつけていたものだったのでした。

そして隣の市に移動するものの、ナムラはゾンビを感じ取ると「ゾンビよ。四方に。走って」と指示を。

オンジョたちは全員で逃げるものの、途中で怪我を負っていたデスが転んでしまいます。

意を決したスヒョクは武器を手に取り、ゾンビと戦うことに。それに他の生徒たちも応戦します。

しかし、ウジンがゾンビに噛まれてしまいます。

ハリはすぐに駆け寄るものの、ウジンは「姉さん、アーチェリーを続けろ。諦めるな」と言い残すとゾンビに。

ミジンはウジンを刺そうとするものの、ハリは「ウジンは刺さないで」と庇います。

ゾンビになったウジンはハリに襲い掛かろうとすると、ナムラはウジンの首を折り殺します。

そして「後ろからまた来てる。行こう」と。

ハリは1人でゾンビに向かっていこうとするものの、ナムラに止められると「無駄に死なないで」と言われ、我に帰り逃げることに。

しかし、ナムラには徐々にウイルスが周りだし。

再び噛みつきたい衝動に狩られたナムラはオンジョたちから離れることに。

スヒョクはそのことに気づくとすぐに探しに行くことに。オンジョもその後をついていくことに。

ナムラを見つけるものの、ナムラは他の死体を噛もうとしていたのでした。

ナムラは「来ないで」とオンジョたちを遠ざけようとするものの、オンジョは「一緒に行こう」と近づくと、ナムラはオンジョに襲いかかってきます。

スヒョクは「目を覚ませ」とナムラを叩こうとするものの、躊躇してしまい。

ナムラはオンジョを噛もうとするものの、思いとどまると泣き始めます。オンジョは「噛んでもいいよ。私なら平気だから」と言うものの、ナムラは1人歩き去ることに。

そしてそのままナムラは姿を消してしまいます。

その後、線路沿いを歩いたオンジョたちは特殊部隊に保護されます。

隔離施設に移ったオンジョたちはそれぞれ隔離生活に。

後日、オンジョたちはビョンチャンに関するインタビューを受けることに。

しかし、心に深い傷を負っていた生徒たちは協力しようとせず。オンジョは「大人に何かを頼むことは二度としません。だから協力を望まないでください」と告げます。

それから4ヶ月後。

戒厳令は解除されるものの、隔離生活は続けられます。

そんなある日、オンジョは外出禁止の時間を無視し、隔離施設から外へ。

高校の生徒たちへのメッセージが結ばれている木の元へ向かうと、お菓子をお供えします。そしてオンジョはチョンサンのことを思い出します。

すると、学校に光が。

翌日、オンジョはスヒョクの元に。

オンジョは「昨晩、山で焚き火を見たの。あれは学校の屋上だと思う。違うかもしれないけど、確かにみた。ナムラが言ったの。また絶対に焚き火をしようって。今夜行く」と話すと、スヒョクは「俺も行く」と言います。そしてスヒョクは「オンジョごめんな。ナムラが噛みつこうとした時、何もできなかった」と謝罪を。

オンジョは「正しい選択だった。他の子には内緒だよ。2人で行こう」と返し、約束を。

その夜、待ち合わせ場所に向かうとそこにはスヒョクの他にも全員が。

そして全員で山に行くと、再び学校に光が。

全員で学校の屋上に向かうと、そこには焚き火が。しかし、誰もおらず。

「誰だろう」と言うと、オンジョは「ナムラよ。私たちに会いたいんだよ。なぜかわからないけどそう感じるの」と答えると、そこにナムラが。

スヒョクは「大丈夫か?元気だった?」と声をかけると、ナムラは「会いたかった。みんなに。会いに行きたかったけどやめた」と言います。

その言葉にオンジョは「来ていいのに。一緒に行こう」と言うものの、ナムラは「まだやることがあるの。私みたいなゾンビがいるの。逃げたのもいるけど、校内にもまだいる。学生と同じよ。子供でも大人でもない。私もそう。人間でも怪物でもない」と言います。

オンジョは「それは違う。一緒にいよう。大丈夫だから」と手を握るものの、ナムラは手を離し「一緒にいなくても友達よ。でしょ?」と。スヒョクは「どこにいても俺たちは友達だ」と反応すると、ナムラは「それだけで十分」と答え、笑みを。

そして「戻ってきた。行ってくるね」と言うと、ナムラは屋上から飛び出して行ったのでした。

今、私たちの学校は…最終回(第12話)以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

今、私たちの学校は…最終回(第12話)のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

今、私たちの学校は…最終回(第12話)の感想と考察

爆撃が終わった後、オンジョはチョンサンを探しに向かうものの、すでに姿はなく。きっとオンジョはチョンサンの死を受け止めることができずに戻ったのだと思います。

その後、オンジョたちは隣町に逃げ込むものの、そこにはゾンビたちが。最後にウジンが犠牲となってしまったのでした。さらに、ナムラは禁断症状が抑えきれなくなってしまい、オンジョに襲いかかってしまいそうに。思い留まるものの、ナムラは1人で街に消えていく道を選んだのでした。きっと、友達を危険な目に合わせたくないという思いで、そのような行動を選んだのでしょう。

そしてオンジョたちは保護してもらえたのでした。

それから数ヶ月経ったものの、隔離はずっとされたままだったのでした。それでもオンジョは夜中抜け出し、生徒たちの供養に。その時に学校の屋上で焚き火がされているのを見つけたのでした。それはナムラがやっていたものだったのでした。

全員で夜中抜け出し、焚き火の元に向かうとオンジョたちは久しぶりにナムラと再会する事ができたのでした。焚き火で全員が繋がっていたと思うと感動的でした。

ただのゾンビドラマではなく、恋愛や友情などが組み込まれていて、一気に引き込まれてしまうドラマでした。

最後、ナムラは何者かに立ち向かいに行きましたが、彼女はいったい何と戦っているのでしょうか。

まとめ

以上、今、私たちの学校は…最終回(第12話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

「今、私たちの学校は…」のキャスト一覧はこちらをチェック!

今、私たちの学校は…のキャスト一覧(画像付き)や相関図!

ユン・チャンヨンのその他の出演作品はこちらをチェック!

ユンチャニョン出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

チョ・イヒョンのその他の出演作品はこちらをチェック!

チョイヒョン出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

ユ・インスのその他の出演作品はこちらをチェック!

ユインス出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。