プライバシー戦争10話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第10話のあらすじネタバレ!

ジュウンはミスクの事務所に向かうものの、チンピラたちに追い詰められます。ですが、そこにハンソンが現れると次々チンピラを倒していきます。そしてジュウンを救うと、そのまま車で逃げて行きました。

ジュウンはミスクに電話をかけ無事を確認すると「お母さん、ごめん」と謝ります。するとミスクから「なら親孝行しなさい。イ・ジョンファンが生きてたそうね。あなたのために言うけどイ・ジョンファンには2度と会わないで」と言われます。それを聞いたジュンは「彼にはもう会えない。彼に正体を知られたの」と伝えると、電話を切りました。

その後、ジュウンはハンソンに「私はおとりだった。ジョンファンさんを表に出すための。私のせいでまた彼が危険にさらされる」と言うと「イ・ジョンファンもお前も俺も一線を越えた」と言われてしまいます。

ジュウンはスパイ興信所に電話し、ユ・ミヨンの車があることを聞くとドライブレコーダーの映像を取りに向かおうとします。

ジョンファンもミヨンの車が興信所のところにあることを知ると、事務所を飛び出しました。

ハンソンはテジュに電話をし、ドライブレコーダーを取りに行かせるもののチンピラたちに捕まってしまいます。その様子を見ていたジョンファンは車の前に現れると、ジョンファンが現れるのを目にしたジェウクもやってきます。

ジョンファンは「よりによってこのタイミングでなぜ登場を?」と聞くとジェウクから「やっと判断がついた。10年前の俺の行動が正しかったかどうか。残念だが間違ってたようだ。お前のせいで。お前が昔のままなら今頃一緒に働いていたはずだ。お前が台無しにしたんだ。指示されてもないのに余計な真似をするからだぞ」と言われます。「何の話でしょう」ととぼけるものの「チョン・ユンギョンの救出に帳簿まで大活躍だったじゃないか。従順な犬のやる事か」と言われると、ジョンファンは「ご存知でしたか。でもそれが僕が死ぬべき理由に?」と聞きます。

「ここで疑問が1つ生まれた。イ・ジョンファンがなぜ突然こんなふうに変わってしまったのか。詐欺師の両親のもとに生まれ英才教育を受けたチャ・ジュウン。彼女との出会いが人生のターニングポイントに」と得意げに語るジェウクにジョンファンは「不正解です。こう思ったんです。先輩が手にしたあの帳簿を僕も手に入れたい。僕なら先輩よりもずっと有意義に使える。先輩がチョン・ユンギョンを逃がし、秘密の帳簿を手に入れた。だから責任を取るように見せかけ僕に恩を売ってGKを去った」と言い放ちました。すると、ジェウクは「選べ。帳簿のことは忘れて元の生活に戻るか、納骨堂への移転届を出すか」と言います。「帳簿を諦めればもとに戻れると?」と返すと「どっちかの脚をもらおう」と言い、ジェウクはチンピラたちを襲い掛からせました。

圧倒的な数の差で追い詰められたジョンファンでしたが、その様子を見ていたハンソンによって助けられます。そしてそのままボッキの滞在しているホテルへ。

意識を取り戻したジョンファンはボッキとも顔を合わせます。ボッキは「キム室長とキム・ジェウクが手を組んだ理由は何かしら。狙いはスパイ・イジャない。他に目的があるはずよ」と聞くとジョンファンに「キングメーカー」と言われます。それを聞いたボッキは納得します。

翌日、ジョンファンはパク社長にスキャンダル写真を送ると「言うとおりにしろ。逆らったら写真を流出させる」と脅し、カフェへと呼び出します。その様子を別のところから見ていたジョンファンはチンピラたちもカフェに入っていくのを目撃すると「尾行されてる、店を出ろ」と指示します。そしてパク社長を車へ乗せ、逃走します。

スポンサーリンク


ジョンファンは駐車場に車を止めるとパク社長の時計に目をつけます。ジョンファンは改革保守党と書かれた時計を奪い「誰からもらった」と聞くと「それはクォン・ヒョクチャン候補の後援会長になって本人からもらった時計だ」と聞かされます。それを聞いたジョンファンは「思った通りだ」と呟きます。

その頃、ジュウンはキム刑事を呼び出すと「なぜ私が産業スパイに?外圧があった?」と聞きます。キム刑事は「ここであなたを逮捕することもできる」と言うもののジュウンは「でもしない。私が産業スパイ?ありえないのは明らかでしょう。知ってることを全て話して。助け合いましょう」と提案します。キム刑事は「刑事が民間人と協力を?」と嫌悪感を示すものの、ジュウンは気にせず「よく聞いて。この事件にはGKが介入してるの。どう?捜査してみたいと思わない?私と協力する?」と言いたい放題言うと、キム刑事は「2度と僕に連絡しないで。次に会ったらあなたを逮捕します」と去っていってしまいます。

その後、キム刑事は同僚の刑事を食事に誘うと、怪しまれないように盗聴器をつけます。そしてその刑事にソ次長から電話がかかってきたのを盗聴すると中国のスパイが自首するという会話を耳にします。

キム刑事はすぐにジュウンに連絡すると「協力しましょう。1つ質問が、男の正体は?あなたを助けたバイクの男はイ・ジョンファン?」と聞きます。

ボッキはジェウクとビョンジュンの関係に疑いを持つと、国税庁のジョンホンとコンタクトを取りジェウクの両親が営んでいたと思われるクッパ店の住所を調べてもらいます。そしてボッキはそこへ向かうことに。

プライバシー戦争第10話の感想と考察

ジョンファンはジェウクとも再会を果たしました。ジョンファンは過去にはジェウクの部下だったこともありましたが、今回の一件で完全なる決別となりました。ジェウクも自分の企みにジョンファンが気づいていると察知し、その場でジョンファンを殺そうとしました。ジェウクはよほどジョンファンのことが気に入らないようでした。

何とか助けられたジョンファンはパク社長を脅し、呼び出した時に改革保守党と書かれた時計を目にしました。ヒョンチャンから直接もらったと聞いたジョンファンは「思った通りだ」と口にしていましたが、それはどういうことなのでしょうか。ヒョンチャン側にもGKがついているということなのでしょうか。パク社長がビョンジュン側の党の刻印が入った時計をしている理由が気になります。

ジュウンはキム刑事に協力を持ちかけました。一度はキム刑事は断ったものの独自で調査する中でジュウンの言っていることが的を得ているとわかり協力することにしたようでした。確実に警察内部もGKによって管理されてしまっているようでした。2人は手を組むことで黒幕を暴くことができるのでしょうか。

一方キム室長はジュウンを中国のスパイとでっち上げジュウンを二重スパイとして中国で抹殺する計画を立てているようでした。GKの人脈は中国までも及んでいるようでした。警察はジュウンの逮捕へ動き出しそうでしたが、ジュウンは捕まらずに逃げることができるでしょうか。

ジョンファンからジェウクとキム室長が手を組んだ理由がキングメーカーと聞いたボッキはジェウクに直接会いに向かう意思を固めたようでした。久しぶりの対面を果たす2人は何を語るのでしょうか。ボッキが目の前に現れた時のジェウクの反応も気になります。

まとめ

以上、プライバシー戦争第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です