プライバシー戦争11話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第11話のあらすじネタバレ!

ジェウクの元に向かったボッキは敷地内に入らず、シャッターに口紅で文字を書くとその場を後にしました。

ボッキが去った後、ジェウクは文字を確認しに行くと「犬に注意」の文字が。

ボッキは刑事のミンギュに連絡を取ると「質問があるの。クッパ店夫婦の殺人事件」と聞きます。

その頃、キム刑事からバイクの男の正体を聞かれたジュウンは嘘をつきジョンファンであることを隠します。納得しないキム刑事は「じゃあ誰です?」と聞くとジュウンは「なぜ説明しないといけないんですか」と反論しました。それに「じゃあ自分で調べます」と言われてしまうと、ジュウンは「友達です。最近知り合いました。個人情報は明かせませんが」とさらに嘘を重ねます。ですが、キム刑事に「言っておきますが、嘘だったら詐欺罪ですよ。僕が刑事であることもお忘れなく」と警告されてしまいます。

パク社長と会っていたジョンファンは産業スパイ事件はビョンジュンを勝たせるためのGKの作戦だったことを明かすと「クォン議員と会わせてください。全部説明します」とお願いします。

その夜、ジュウンはジョンファンの元に向かうと散歩へ誘います。散歩の途中、ジュウンの様子が変なことに気づいたジョンファンは「何かあった?言ってくれ」と聞くと、ジュウンは「何もかもがイヤ、生存がばれたら詐欺罪だって。もう戻れない。私たちどうなるの?」と涙ながらに訴えました。それを聞いたジョンファンは「まだ終わってない、終わってないよ。きっと元に戻れる」といいジュウンを抱きしめました。

翌日、スパイ興信所にジェウクの指示で動かされた警察がやってくるとポケットの物を出すように指示します。テジュのポケットから見知らぬ携帯が出てくると警察は「チャ・ジュウンの携帯?」と的外れなことを言い出します。

ジェウクはある人物を連れ出すと「その携帯でジュウンと連絡を取ってたことにしろ。通話記録は中に保存してある」と指示を出します。その男は「チャ・ジュウンなんて知らないのに警察に嘘をつきにいけと?」というものの「知らない女だろうが関係ない」と言われ、仕方なく警察へ向かうことに。

自首へ向かった男でしたが、キム刑事からのタレコミを受けたジュウンとハンソンによってミスクの事務所へ連れて行かれます。

そこで取り調べてを受けた男はキム・グナムと名前を明かします。ジュウンは「私たちはあなたを助けようとしてるんです。正直に言って、俳優でしょ?」と問い詰めますが、グナムは「私は何も知らないんです。ある人が急に訪ねてきて」と言います。それを聞いたジュウンは「この人が?こいつは連続殺人犯なの」とジェウクの写真を見せるとグナムは「間違いなくこの男でした」と白状します。

その夜、ジュウンは偽装パスポートを使いグナムを船で逃すことに。

ジュウンはジョンファンに船に乗せたことを伝えると「ところでキム・ジェウクの計画だとなぜわかったの?」と聞きます。それに「昔、僕が彼に習った手法だから」と聞かされ、納得します。

電話を切ったジョンファンはパク社長に連れられクォン・ヒョクチャン議員と顔を合わせます。ヒョクチャンに「パク社長に意図的に近づきましたよね。なぜです?」と聞かれると、ジョンファンはGKが次期大統領にビョンジュンを選んだことを伝えます。そして「まずは後援会長を叩くために産業スパイ計画を実行したのです。たとえ後援会長を変えて粘ったとしても選挙の結果は明らかだと思います」と伝えます。

スポンサーリンク


それを聞いたヒョクチャンに「ならば代案もありますよね。代案があるから私に会いに来たのでは?」と聞かれたジョンファンは「まずスパイ興信所のチャ社長の罪をなくすのです。流出自体を否定すればあの計画は失敗するので」と伝えると、ジュウンを呼び込みます。

ジュウンはグナムがジェウクから渡されていた携帯を取り出すと「私と連絡を取ってたことにするんです。私は御社の核心技術に関心のある投資家という設定」と説明します。ヒョクチャンは「パク社長が投資家に技術を説明しただけだという筋書き。ですよね」と納得します。

パク社長は「ミヨンはどうなる」と聞くとジョンファンは「彼女を告訴してください。詐欺罪で」と指示します。

翌日、ミヨンを告訴したパク社長はジュウンと警察に向かうと言われた筋書き通りの主張をします。それでも刑事に「でも逃亡罪は消えませんよ」と言われたジュウンは「その件は弁護士と話してください」とヒョンギョンの名刺を渡します。

その夜、ボッキはヒョンギョンとジェウクが会っているのをヒョンギョン本人から知らされると、ジュウンの弁護士を変えることに。ですが、ヒョンギョンが依頼を引き受けたと聞かされます。ボッキは仕方なくヒョンギョンに任せることに。

ジョンファンはヒョクチャンに再び会いに向かうと「仕上げに警察に電話してください。偽装捜査について情報提供を受けたと」と頼みます。すると「頼み事なら条件をつけさせてもらいます。今後、私の力になってもらえませんか。陣営に入れという意味ではなく、影の助力者になって欲しいんです」と頼まれます。ジョンファンはそれに応じることに。

翌日、ジョンファンはキム室長と顔を合わせました。

プライバシー戦争第11話の感想と考察

ジェウクとキム室長はヒョクチャンを潰すために本格的に行動を開始しました。ジュウンを産業スパイとでっちあげようとしたものの、異変に気づいたキム刑事のおかげでなんとか阻止することができました。ジュウンがキム刑事と手を組んだのが功を奏しました。

キム刑事はGKの息がかかっている課長などからは嫌われているようでしたが、他の刑事からの人望は厚いようで自由に捜査ができているようでした。キム刑事が黒幕に近づく証拠を見つける可能性もあるように感じます。

ジョンファンはついにヒョクチャンとの面会を果たすことができ、GKの計画を伝えることができました。ヒョクチャンはそれを聞き少し衝撃を受けているようでした。ですが、ジョンファンの計画を聞き協力することを決めたようでした。ジョンファンたちは大きな味方をつけたと言えるでしょう。

そしてジュウンはジェウクがスパイとでっち上げるために使おうとした携帯を逆に使い返し、ヒョクチャンとパク社長の協力で冤罪を避けることができました。

そんな中、ジョンファンとジュウンは徐々にお互いへの愛を取り戻しているようでした。ジョンファンはジュウンを無罪にするためにヒョクチャンからの提案を受け入れたようでした。一連の事件が全て解決したら2人はまた夫婦に戻るのでしょうか。気になります。

そして最後にジョンファンはキム室長と顔を合わせていましたが、ジョンファンはなぜキム室長に会いに向かったのでしょう。2人が会った理由が気になります。

まとめ

以上、プライバシー戦争第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です