プライバシー戦争14話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第14話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第14話のあらすじネタバレ!

ジュウンは急いで駆けつけてくれたジョンファンに「正直に答えて。殺したの?チョン・ヒョンチョルを」と聞きます。それを聞いたジョンファンは当時のことを思い出しました。

2012年、チェ会長の死後、ハヌル財団の理事となったヒョンチョルでしたが資金洗浄をしている疑いがありジョンファンは彼を追いかけていたのでした。

ジュウンに「ジョンファンさん、誓って。本当にあなたは関わってないと、チョン・ヒョンチョルと」と言われたジョンファンは「もちろん。僕は関係ない」というと、ジュウンはそのまま意識を失ってしまいます。ジュウンはすぐに救急車で運ばれることに。

医者から話を聞いた後、ジョンファンはハンソンに「どこまで巻き込む。GKの影など信用しない。全てはジュウンのためだ」と言われてしまい、頭を抱えてしまいます。

その後、ジュウンの病室に向かったジョンファンは手を握り「僕は怖い。うまくいくだろうか」と呟くと、目を覚ましたジュウンに「信じてる。私はあなたを」と励まされます。

翌日、キム室長はカン・スジン刑事からハードディスクを受け取ります。その後、キム室長はジェウクのもとに向かうと「チョン・ヒョンチョルの件を警察が再捜査するとか。なぜだと思う」と切り出します。ジェウクは「誰かがそう仕向けたかと。イ・ジョンファン。彼はどこまでしってるんですか?」と聞くと「当時、情報提供があった。誰かがハヌル財団で資金洗浄してると。だが我々はすぐに手を引いた」と答えられます。

それを聞いたジェウクは「VIPの指示で?ハヌル財団を通じて資金洗浄したのはオ・ヨンジュ理事ですから当然です」と言うと「それを承知で共に教会に侵入し、オ理事の資金を奪ったのは君だろ。私と手を結ぶことにしたのはそれが理由では?問題はジョンファンだ。私に隠れて秘密の授業を受けてた」と言われ、ヒョンチョルの監視報告書を渡されます。

その頃、キム刑事はデサン課長に会うと記者の前でヒョンチョルの事件の再捜査をするように言うように頼みます。

ジョンファンはジュウンを襲った犯人を探そうと近くの防犯カメラの映像を見にいくものの、映像は写っていませんでした。するとそこの警備員から「女性の刑事が来てから映らなくなった」と聞かされます。そう言われたジョンファンは「この人ですか?」と一枚の写真を見せます。すると、そこにキム刑事も現れます。

その写真を見た警備員が「間違いない、昨日の刑事です」と言うとキム刑事は携帯を覗き込みます。すると、そこにはスジンの姿が。

キム刑事はスジンを呼び出し「カン刑事が防犯カメラの映像を?理由は?」と聞くと、USBを見せられ「死んだはずのイ・ジョンファンと一緒に映ってます。これからも会うと思って防犯カメラを不能に。生きてることを私にも秘密に?犯罪者を助けるんですか?決めてください、私はどうすれば?」と聞かれます。キム刑事はスジンとジョンファンと会わせることに。

中々ヒョンチョルが見つからずに焦っていたジェウクは偽物のヒョンチョルを立てることに。キム室長に「帳簿だけでは世間は信じません。帳簿と一致する内容を証言させます。内容は我々だけではなくジョンファンも見たからこそ信憑性があります」と提案すると、キム室長も納得し作戦を進めることに。

ヒョクチャンはヒョンギョンを呼び出すと「ジョンファンから意外な言葉を聞きまして。チェ会長の秘密の帳簿です。この私に。帳簿の存在を知ってるんですか?」と聞きます。それを聞いたヒョンギョンは「どちらでもいいのでは?ご安心を。書かれた内容が事実だと証拠がないと使うことができないので」と伝えました。

別れた後、ヒョンギョンはボイスレコーダーに録音されたビョンジュンたちの会話を聞くとボッキがユンギョンだったことに気づきます。

その頃、ジュウンはヒョンテの元に行きヒョンチョルのことについて尋ねると、ボッキがヒョンチョルのことを知っていたことを聞かされます。さらにインスクからも「地方で農業を営む両親以外近しい人はいなかった。信徒への性的暴行で逮捕されたことが自殺の原因だって」と聞かされます。

スポンサーリンク


一方、ボッキはビョンジュンを呼び出すと、ビョンジュンの娘ミンソを利用し親子の写真をSNSにアップすると支持率を上昇させます。

ボッキはホテルへ帰ると、そこにはジェウクが立っており「何をしてる?これが俺への復讐のつもりか?」と聞かれます。ボッキは「復讐?その程度の関係だった?言ったわよね、復讐という概念は成立しないと。何をしてるかって?努力してるところよ、幸せになるために。どこまで幸せになるか見届けるがいいわ」と告げると、ホテルの中へ。

部屋の前にはジュウンの姿が。ジュウンはヒョンチョルとの関係を聞くと「大事な話をするからよく聞いて。彼は信徒に手をつけるような人じゃない。ましてや焼身自殺するような勇気なんてない。チョン・ヒョンチョルを殺すために誰かが書いたストーリーってことよ。性被害者まで立てるほどの力を持つ黒幕がね」と聞かされます。

ジュウンはそれに対し「もしもその黒幕がチョン理事と財団を利用して資金洗浄をしたなら?チョン理事を騙してそのお金を奪った、キム・ジェウクとあなたが一緒にね。そのせいでチョン理事は殺されたの。だとすればあなたが殺したも同然よ」と言うと「私は何も知らなかったの。全部エドワードが計画したことよ」と言われてしまいます。

「ユンギョンに騙されたとチョン理事は言ってた」と言うジュウンにボッキは「今更どうしろと?」と聞くと「知りたいだけ。ハヌル財団の背後に誰がいたのか。教えてよ」と言われます。ボッキは「オ・ヨンジュよ、GK建設のオ・ヨンジュ理事。チェ会長から全てを奪った張本人」と教えると、ジュウンは衝撃を受けます。

その後、ジュウンはジョンファンを呼び出すと「オ理事とはいつから仕事を?」と聞きます。ジョンファンは「オ理事が革新ビジョン室に所属したことはない。革新ビジョン室を監視する立場だった、VIPからの権限で。成功したかったんだ。だからオ弁護士の事務所に意図的に近づいた。GKでは成功できる道が見つからなかったから。君には申し訳ないと思ってる」と素直に話しました。

翌日、ビョンジュンは会見でチェ会長の帳簿を公開しました。その内容は一気に報道され、ビョンジュンの支持率は上がり、ヒョクチャンの支持率は下落しました。

さらにはハヌル財団の事件の再捜査を行うと警察が会見を開いたことでヒョクチャンは窮地に立たされました。

その日の夜、ジョンファンはヒョンチョルを呼び出すとジュウンと会わせます。ジュウンは「どういうこと?」と聞くと「無縁故者の死体だった」と聞かされます。

プライバシー戦争第14話の感想と考察

今回のキングスゲームに関わっている全員がチェ会長の裁判に関わっていたのは驚きでした。2012年にあったチェ会長の裁判の時から今回の事件が始まっていたと言っても過言ではないでしょう。

ジェウクはビョンジュンを陥れようと策略していたようでしたが、ボッキの行動により邪魔をされてしまいます。そんな中でキム室長から作戦を開始するよう言われ、仕方なく行動を開始したようでした。チェ会長の帳簿を公開したことでビョンジュンの形勢は一気に有利となりました。ビョンジュンがこのまま大統領になってしまうのか注目です。

一方ヒョクチャンは窮地に立たされてしまいました。チェ会長との関係が明らかになってしまった今、このまま大統領選に出馬し続けることができるのか気になります。

そしてジュウンはボッキから話を聞き全ての黒幕はオ理事だと理解したようでした。ジョンファンもそのことを知っていながらずっと黙っていたようでした。ジョンファンはなぜそのことを話さなかったのでしょう。成功したかったという思い以外にも理由があるように感じます。ジョンファンは本当にジュウンたちの味方なのかも怪しく感じてきました。

そんなジョンファンは最後の切り札と言えるヒョンチョルを呼び出します。ヒョンチョルが姿を現したことで不利な状況を一気に逆転することはできるのでしょうか。

残り2話でどんな展開が待っているのか楽しみです。

まとめ

以上、プライバシー戦争第14話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です