プライバシー戦争2話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第2話のあらすじネタバレ!

納得のいく金額になったミスクは銀行からお金を下ろそうとするものの、ブロックされてしまいます。一緒に確認していたハンソンは異変に気づくとすぐにジュウンの元へ。

ボッキに全てを見抜かれていたジュウンは「父の演技力のおかげでカンナムにビルまで買ったんでしょ?全額私に還元してよ」と言うものの「録音してる音が聞こえるわ。今更録音するということは証拠が1つも手に入ってないのね」と言われてしまいます。それに対しジュウンは「私が証拠よ」と主張するものの「もう告訴状が受理された。チャさんが管理してた会員が全員告訴したの」と言われ、警察に連行されてしまいます。

ハンソンはその様子を眺めるしかできませんでした。

警察に連れて行かれたジュウンはインスクに取り調べを受けると「これはどう見ても尻尾切りね」と言われます。ジュウンは「当然です。買収されて告訴したんだもの」と言うと「買収した人は?チョン・ボッキ、知ってるわ。ボッキを追ってたらチャ牧師の娘に会えるとは。復讐するつもりだったの?」と聞かれます。

「そんなところです」と答えるとインスクから「あの女の何を知ったからこんな目に遭ってるの?」と聞かれます。

ジュウンはパク総務のことを話し「裏切りは当然の業界だから。友情が芽生え始めたのにこのザマ」と言うものの「敵と味方は区別しないと。被害者名簿を見た?パク総務もあなたを告訴したの」と聞かされます。

後日、パク総務は自殺に見せかけ殺されてしまいます。そしてジュウンの裁判当日、ジュウンは1年6ヶ月の実刑を受けてしまいます。

その後、インスクと面会したジュウンは「必ずチョン・ボッキを捕まえましょう」と告げました。

刑期を終えたジュウンは出所すると、ハンソンに準備された家に住むことに。

後日、ジュウンは刑事をやめ焼肉屋をしているインスクのもとに向かい「その後チョン・ボッキの情報は?」と聞くものの「入ってこないわ。刑事は引退したんだもの。雷に打たれて死んだとでも思おう。そう思わないと悔しくて生きていけない」と言われます。

その後、ジュウンはミンジョンと酒を飲んでいるとジョンファンが「5分だけ時間をくれませんか。5分以内に笑わせます。男は皆美人の笑顔が好きですから」と話しかけてきます。ジュウンはそれに「関係を当てて」と質問します。ジョンファンは考え「大学の同級生?」と答えるものの「ムショ仲間よ」と聞かされると、ジョンファンは動揺してしまい「とりあえず帰りますが、5分後に再挑戦します」と一旦引くことに。

ミンジョンに「どうする気?5分後に来るわよ」と言われたジュウンでしたが「面倒くさいわ。それに俳優はやめる。早く逃げよう」と言い、場所を家に移すことに。するとなぜかそこにはハンソンが。ジュウンは「もう仕事はしない」とハンソンに告げます。

それでも何度も押しかけてくるハンソンに折れたジュウンは仕事を引き受けることに。UI通信の社員に変装しGKの社員に会いにいきます。すると、その人物はジョンファンでした。

ジュウンは驚くもののUSBを受け取るとすぐさま家へと戻りました。ハンソンにUSBを手渡すと「1ヶ月だけ本物の社員みたいに通勤しろ。借りが一気に返せる筋書きだ」と言われます。

スポンサーリンク


出勤したジュウンは昼食に出かけるとまたジョンファンと鉢合わせてしまいます。2人は一緒に帰ることになると、ジョンファンは「肉は好き?今日の夕食は肉にしましょう。携帯を」と言い、勝手に番号します。そして「夜7時にさっきのカフェで」と言い、去っていきました。

ジュウンは疑いながらも食事に行くことに。食事後も散歩してデートを楽しんでいると、ジョンファンはジュウンにキスをしました。

その後、ジョンファンはジュウンを家まで送ると「帰りたくないな」と言い出します。ジュウンは「また今度」と言うと「もしかして親と住んでるからダメなのかな」と言われます。それにジュウンは「親はいなんです。今は親ではなく親代わりのご夫婦と同居してるんです」と嘘をつきました。

ジュウンはジョンファンと別れた後ハンソンを呼び出すと「一月経ったら、その後は?UI通信の社員でいられるの?つまりもう1年働きたくて」とお願いします。ですが「今回のは大企業とのビジネスなんだ。社員証を別の目的に使おうとするな。早く退職しろ」と注意されてしまいます。

それでも引き下がらず「延長させてくれない?」とお願いすると、ハンソンは1年だけ延長させ、働かせることに。

6ヶ月後、ジュウンはインスクの店で働き出していました。ですが、交際していたジョンファンにはUI通信で働いてると嘘をつき続けることに。

そんなある日、ジュウンはジョンファンの両親と食事をすることになってしまいます。そしてジュウンはプロポーズを受けます。ジュウンは一度は断ろうとするものの、結婚を決意することに。

そして結婚式当日、ジョンファンは現れませんでした。ウェディングドレスを着て待っているジュウンの前にミンジョンが現れると「みんな俳優だった。こっちと同じで偽物」と聞かされます。状況が飲み込めないジュウンは「どういう意味なの」と確認すると「全部嘘だった、結婚詐欺ってこと」と言われます。

プライバシー戦争第2話の感想と考察

ジュウンはボッキをはめようとしたものの、全て先に勘づかれており、泳がされていたのはジュウンの方でした。ボッキの洞察力と実力は本当に凄いものなのだと思います。その結果、ジュウンは逮捕されてしまっていたのです。

ですが、そこでインスク刑事との出会いを果たしました。インスクもボッキにお金を騙し取られていた1人でした。そのこともあり、ジュウンがボッキにはめられ逮捕されたことを理解してました。インスクはきっとジュウンの味方となる人物の1人だと思います。

さらに新しい登場人物のジョンファンが出てきました。彼はGKの社員でありながら何か裏を隠し持っている人物に感じました。実際にジュウンを結婚詐欺にはめ、姿をくらましていました。何度も結婚詐欺をしていたようでしたが、ジョンファンとは一体何者なのでしょうか。早く彼の素性が知りたいです。

ジュウンはジョンファンと出会ったことで初めて本当に好きな人と出会えていたように思いました。ですが、そんなジョンファンが自分と同じ詐欺師ということを知り、かなりショックを受けていたように思いました。特に今までの恋愛が全て嘘だったことに一番ショックを受けているようでした。詐欺にあってしまったジュウンはジョンファンを見つけ出すことができるのでしょうか。そして立ち直ることはできるのか注目です。

まとめ

以上、プライバシー戦争第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です