プライバシー戦争5話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第5話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

4話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第5話のあらすじネタバレ!

ジュウンを逃したジョンファンは警備員を倒すとバイクで逃走します。ジョンファンは「どこからおかしくなってしまったのか。チェ会長の帳簿の時から?」と考えながらバイクをスパイ興信所まで走らせました。

スパイ興信所に着くものの、ジュウンに姿をみられるとすぐに逃走しました。

ジュウンは事務所に入ると、そこにはボッキの姿が。2人は舌戦を繰り広げるとジュウンは「今すごく重要な場所に行ってきたところなの。エドワードは犬を飼ってたわよ。気になるでしょ、彼がどこにいるのか」と言い出します。ボッキは「自慢したいなら早く言えば?」というものの「お願いしたら?」と言われてしまい仕方なく「お願いさせるのが望みならお願いしてあげる。教えて」とお願いします。

すると、ジュウンは「どういう関係?」と質問します。そう聞かれたボッキは過去のことを思い出します。

チェ会長が殺された当日、犯人はジェウクの手によって殺されていたのです。そしてジェウクはボッキを見つけると車で家から連れ出しました。

「君の命の恩人だ」と語るジェウクにボッキは「何が望み?」と聞くと「目撃したことを全部話しなさい、命の恩人のことだけは内緒に。その前にやってもらうことが」と家に連れ戻されます。

そしてボッキはジェウクに言われるがまま金庫を開け帳簿を渡しました。ボッキは「あなた一体何者なの?」と聞くと「チェ会長のニュースは知ってるよな。なら知ってるはず、これが何か。世に出たら大変だ」と言われます。話を理解したボッキは「それのせいで会長は殺されたの?」と聞くと「その通り。そして今は目撃者の君が危ない。みんなが君を探すだろう。よく考えろ。今君を助けてくれるのは誰なのかを。誰と手を組むべきか」と言われ、ジェウクと手を組むことに。

ハッと我に戻ったボッキは「どんな関係かって?言ったでしょ、教育実習生だって。とにかく見つけてよ。聞きたいことがあるの。エドワードに直接」と告げました。ジュウンは「プライドが傷つくことがたくさんあったみたいね」というと「あなただってスパイ・イに怒ってるでしょ?私も気になるわ、彼はなぜ死んだのか。しかも結婚式当日に。警察の知人から聞いたの。多分私たちの目標は同じ男だから、きっとあの男よ。スパイ・イを陥れた奴は」と言われます。

ジュウンはそれを否定するものの「知ってるでしょ?スパイ・イの最後のミッションを」と言われます。

2019年8月、ジェウクの別荘に侵入したジョンファンは見つかりそうになるものの、なんとか逃げ切りジェウクの尾行を開始します。

そして入り込んだパブがジュウンに声をかけたパブだったのです。ジョンファンは席につき取引を目撃するものの取引していたのは犬だったのです。

その後、GKに戻ったジョンファンは室長にジェウクの助けでユンギョンが生きていることを報告すると「あとはUIに任せて手を引け。誤解されそうなので終わりにしよう。UI側に直接渡してくれ」と指示されてしまいます。

後日、UI側にUSBを渡しに行った時に会ったのがジュウンだったのでした。

結婚式9ヶ月前、ジョンファンはボッキに連絡を取ると「あなたの情報がUI側に渡りました。会長の次男であるチェ・ヨンジン会長の手に」と伝えます。ボッキは「なぜ急にUIが出てくるのよ」と怒るものの「キム・ジェウクとの関係を知ってしまったので」と言われてしまいます。納得いかないボッキは「私の情報を売ったの?キム・ジェウクの情報も?」と聞くと「いいや、行方不明なので。よく聞いて、やつのことは忘れろ。それが身のためだ。だから今すぐホテルを出ろ。今すぐにだ」と指示されます。

スポンサーリンク


ボッキは言われた通り部屋から逃げると危機一髪のところでジョンファンに助けられます。

ジョンファンはボッキが帳簿を持っておらずジェウクの手に渡ったことをしると「あなたに武器はないすぐに国を出ろ、命が惜しいなら」というと、チンピラの目を掻い潜りホテルを抜け出しました。

その話を聞いたジュウンは「つまりチンピラどもをよこしたのはキム・ジェウク?」と聞くと「なんだか悔しくて帰国したの。なのにスパイ・イは死んでいた。きっと殺されたのよね。結婚式当日にあんな遠くで転落事故だなんて。連れ去られたんだわ」と言われます。

結婚式を目前に控えていたジョンファンはジェウクの別荘へと侵入し、隠しカメラの映像を回収していました。そしてチェ会長の帳簿を確認していると、犬に侵入がバレてしまいます。ジェウクにバレそうになるもののなんとか逃げ切ります。

そして結婚式当日、ジョンファンは式場に向かうものの駐車場でチンピラたちに追われてしまいます。なんとか逃げ出し秘密の場所に向かうものの、そこでユンソクが殺されてしまっていました。そしてユンソクに預けていたはずのUSBがなくなっていることに気づきます。

危険を察知したジョンファンは家に帰ると、自分の痕跡を全て証拠すると事故があった山道へ向かいました。そこで車に加工をすると、ユンソクの遺体を入れたまま車を崖へと落としました。そして、自分のIDの入った財布をそこに投げ込んでいたのでした。

プライバシー戦争第5話の感想と考察

普通の生活を送っていたボッキでしたが、ジェウクに助けられたことで詐欺師への道へと落ちていっていたようでした。ですが、その時にジェウクに帳簿を渡してしまったことで、ジェウクに裏切られ命を狙われるようになっていました。命の危機をジョンファンに助けてもらったことでボッキは徐々にジョンファンを頼り、ジェウクに復讐をしようと考えているようでした。

今もジェウクは帳簿を持ち続けているようですが、その帳簿を使って何をしようと企んでいるのでしょうか。ジェウクの行動に注目です。

死んだと思われていたジョンファンでしたが、あの遺体はジョンファンではなくユンソクだったのでした。ジョンファンはボッキを助けたことでジェウクたちに追われるようになってしまい、命を狙われるようになっていました。その追手から逃げるために自分でジョンファンは死んだと思わせるような仕掛けをしたのでしょう。そうしないと、周りの人にも危害が加えられると思ったのだと思います。

死を偽装したところまではわかりましたが、ジョンファンはその後どうやって生活していたのでしょう。GKに事情を話したのか、それとも他の方法や協力者がいるのか気になります。

GK側にも何か裏があるように感じました。ジョンファンからボッキが生きていることを聞かされるものの、手を引くように指示されていました。真実解明に手を貸さないのを見るとGK側もその帳簿に表に出てはならないことが記載されているのかもしれません。

さらにウチーム長はジョンファンが興信所をやっていることに気づいているようでした。気づかれないようにと注意していましたが、なぜウチーム長はジョンファンのことを泳がせているのでしょうか。理由が気になります。

まとめ

以上、プライバシー戦争第5話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です