プライバシー戦争8話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第8話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第8話のあらすじネタバレ!

ジュウンはスパイ興信所に向かうとコ代理に「昨夜お母さんが来たわよ」と聞かされます。するとミスクから電話がかかってきて食事へ行くことに。

ミスクに「それで結論は?」と聞かれたジュウンは「キム・ジェウクを一緒に探すことに」と答えます。「それでいい。次は?チョン・ボッキのためのドキュメンタリーなんでしょ」と聞かれ、ジュウンは「それは今考え中よ」と答えると「ゆっくり完璧なシナリオを考えなきゃ。復讐が終わるまでは完璧に演じるのよ。それから私も出演させてね」と言われてしまいます。ジュウンは仕方なく「改めて連絡する」とミスクをの意見を了承することに。

その夜、ジョンファンは誰もいなくなったスパイ興信所へと向かい、中を調べていました。そして帰ろうとするとジュウンが帰ってきてしまいます。

ジョンファンはすぐに身を隠すと、ジュウンがオフィスに入るのを見てヘルメットを被り逃げ出そうとします。ですがジュウンは何者かがいることを呼んでおり呼び止められてしまいます。

ジュウンは警察を呼んだと脅すものの、ジョンファンは正体を明かさず走って逃亡しました。ジョンファンに逃げられたジュウンでしたが、その正体がジョンファンではないかと考え始めていました。

その後、オフィスに戻ると鏡に「次に会ったら命はないと思え」と落書きされています。ボッキを呼び出しジェウクが書いたものか確認してもらうものの「エドワードならご丁寧に警告なんてしない」と言われます。ジュウンは思わず「だったら誰?誰だか知らないけど私を監視してる奴がいる」と聞くと「私の推測だと恐れる対象じゃない。危険な真似をするなと警告してる、親切にね。キム・ジェウクが危険だというのも知ってる」と言われます。その意見を聞いたジュウンは「もしかしたら病院にいた謎の男かも。あの人はありえない話かもしれないけどジョンファンさんしか考えられない。警告文もジョンファンさんかも」と推理を語ります。

「まさかこう思ってるの?スパイ・イは生きててあなたを守ってる。こっそりと陰ながら?ゾンビじゃあるまいし簡単に復活させないで。現実を直視しないとね」と否定されてしまいます。そして「そのためのヒントを教えてあげる。あなたに聞いた話を分析してみたの。そこで疑問が。イ・ジョンファンはGKにもいるのよね、それって偶然?」と言われます。

翌日、ジュウンはキム刑事を呼び出すと「夫と同姓同名の人物がGKにいるのはご存知ですよね?」と聞くと「同姓同名?初耳です」と答えられてしまいます。

その頃、活動拠点を他の場所に移したジョンファンはユンソクから「ジュウンさんはなぜUIを辞めて興信所を?」と言われます。ジョンファンはハッとすると「UIのシムテムにも侵入できるか?確かめたい、僕がUIに狙われた証拠」と頼みます。「大企業は難しいけど内部からなら可能だ」と言われたジョンファンはUIの社員IDを盗み出すとオフィスに侵入します。

サーバー室に忍び込んだジョンファンはサーバーにUSBを挿し、システムに入り込むことに成功します。

拠点へ戻ったジョンファンとユンソクはUIのサーバーに入り込むとチョン・ユンギョンについて調べます。ですが1つもデータが出てきませんでした。不思議に思ったユンソクは「ジュウンさんに渡したんだよな?そのせいでクビに?」といい、調べるとジュウンの情報は残っていました。ユンソクは「もしかしてスパイじゃないか?」と疑います。それを聞いたジョンファンは動揺しながらも「違う、そんなわけない。重要なのはファイルがなかったことだ。つまりチョン・ユンギョンと僕を狙ったのはUIじゃなかった」と否定し、推理します。

スポンサーリンク


ユンソクは「じゃあ、俺の弟を殺したのは誰だ。もしかしてGKじゃないか?」と疑うと、それを聞いたジョンファンはキム室長に連絡をしました。ジョンファンは「以前依頼した件はどうなりましたか?」と聞くものの「UIか?そうだ、君の言った通りだった。ただこの問題は思った以上に複雑だ。特定するのは困難だ」と嘘を答えられてしまいます。それを聞いたジョンファンは「ここからは僕が調べます」と言い切ります。

翌日、ジュウンはソクホとの接触を図ります。うまく食事に誘うことに成功するとボッキから受け取った睡眠薬を使いソクホを眠らせます。ジュウンはソクホの携帯をチェックすると連絡先が全て番号になっているのを目にします。そしてソクホがジョンファンのことを知っていたことを知ります。

ですが、そこにソクホの携帯がスリープモードに入ったことを発見したGKの社員たちが確認に訪れてきます。ジュウンはウエイトレスの変装をし、逃げ出します。

事務所に戻るとボッキから「GKの革新ビジョン室を?」と聞かれます。それにジュウンは「知ってるわ。何年か前スキャンダルを起こして解体」と答えると「本当にそう思う?私は疑ってる。革新ビジョン室には影の要員たちがいると聞いた。つまりダーティーでダークで違法な業務を担う人たち。スパイ・イのように起業して裏の任務を遂行する影の要員。スパイ・イ、本当にGKの社員だったかも」と言われます。

家に帰ったジュウンはハンソンに「GK革新ビジョン室を知ってるわね?そこに影の要員がいるそうよ。彼が…」と聞くと「そうだ、イ・ジョンファンはそこに所属していた。約束しろ、無茶はするな。今までのように身の安全を一番に考えるんだ」と答えられます。

それを聞いたジュウンはジョンファンの何もかも嘘だったのことを確信します。

その頃、ジョンファンもユンソクから「悩んだんだけど、知るべきだと思って。ジュウンさんには家族がいる」というと、家族関係証明書を見せられます。

ジョンファンは納得できない表情を浮かべていると、さらに「それからこれも言うべきか悩んだんだけど。ジュウンさんには前科がある、詐欺罪だ。騙されたんだ。だけどUIを騙して入社できるかな?」と言われます。それを聞いたジョンファンは「聞いてくる」と言うとジュウンのもとへ向かいました。

プライバシー戦争第8話の感想と考察

ジュウンとジョンファンはお互いにお互いが嘘をついていたことにようやく気づきました。

ジュンはジョンファンの事故について調べていくうちにジョンファンがGKの革新ビジョン室に所属しており、影の要員として活動していたことを知ります。何もかも嘘だったことを知ったジュウンはかなりショックを受けていたようでした。信じていた人に裏切られてしまったのだから仕方ないと思います。

ジュウンとボッキは一緒に調査をしていく中で友情が芽生えているよう見えました。相手のことを知らずにいがみ合っていた2人でしたが、だんだんとお互いの素性がわかっていく中でお互いに対する気持ちが変わっているように見えます。この調査を通じて2人は友情を手に入れるかもしれません。

ジョンファンも自分とボッキの死について調査していく中でUIのことを調査しているとジュウンに家族がいて前科があることを知ります。最初、ジュウンに家族がいると聞いた時はショックを受けたような表情を浮かべていましたが、ジュウンに前科があると聞かされた時は驚きの表情を浮かべていたように見えました。ジュウンが言っていたことが本当だったことへの驚きもあると思いますが、この時ジョンファンはジュウンが詐欺師だということに気づいたように見えました。

ジョンファンはついにジュウンに会うことを決めたようでしたが、2人はお互いの素性がわかった状態で顔を合わせたら一体どうなるのでしょう。対面の瞬間が楽しみです。

まとめ

以上、プライバシー戦争第8話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です