プライバシー戦争9話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


プライバシー戦争第9話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

プライバシー戦争第9話のあらすじネタバレ!

ボッキはヨンギョンの骨壺から一冊のノートを取り、実家に帰ると家計簿と書かれたそのノートを開けます。そのノートはチェ会長から「この世で一番純粋なものは何だと思う?金だ。それは金が記録した歴史だ」と言われ受け取っていたものでした。

ボッキは「この中で一番強い奴は誰だろう」と考えながら目を通し始めました。

翌日、ジュウンと会っていた事がばれたソクホはキム室長に呼ばれると「あの女と何をした?系列会社のホテルへ?行ったろ、ジョンファンのフリをして。詐欺師の美貌にコロッといきやがって。オ理事にばれたらどうなると思ってる。ビジョン室に反対してる男なんだぞ。君を娘婿にして黙らせたのに、オ弁護士にばれたらどうする気だ」と怒鳴られてしまいます。

その頃、デサン課長に呼び出されたキム刑事はジョンファンの事件の捜査をしていることに対し嫌味を言われてしまいます。それにキム刑事は「例のイ・ジョンファンの事件ですが、適当に終わらせろと外圧がかかったのでは?」と聞くと「その通り、外圧があった。君はこの国で一番強いのは誰だと思う?GKのビジョン室だ。本当に解体されたと思うか?」と聞き返されます。

それに「そのくらい見抜いてます」と答えると「それなのに先制攻撃を?どれほど危険な真似をしたかわかってるわけだよな。警察を首になるぞ。それでも続ける気か?」と言われてしまいます。キム刑事は考えながらも「どうして欲しいんですか?」と言うと、キム刑事は治安センター送りにされてしまいます。

その夜、ジェウクはキム室長の元に向かうとジュウンとジョンファンを利用してクォン候補の後援会長であるパク社長を陥れる産業技術流出計画を提案します。それを聞いたキム室長は実行することに。

翌日、計画を実行するとジュウンは産業技術を流出された疑いと称し逮捕されてしまいます。その様子を見ていたハンソンはジュウンが乗せられた車に車でぶつかり、行方を遮ります。

さらに、その様子を見ていたジョンファンはジュウンに駆け寄ると車から助け出します。そしてバイクに乗せるとその場から逃げ去りました。

逃げ切ったジョンファンはジュウンの手錠を外してあげるものの、ビンタされてしまいます。

その頃、ソクホから「ジュウンに逃げられました。正体不明の男2人が協力を」という報告を聞いたジェウクたちはその時の映像を確認することに。それを見たジェウクは「バイクの男は間違いなくイ・ジョンファンです」と言い放ちます。

どうするべきか悩んでいるとジェウクは「影を使っては?今はその方法がベストだと思います」と提案するものの、キム室長は「相手はイ・ジョンファンだ。下手すれば面倒なことに」と反論します。ジェウクは思わず「そろそろ決めるべきでは?私か、あいつか」と言い放ちました。

キム室長は「別の影を使うと奴の復活が大勢に知られる。死んだと思われているうちに静かに始末するのが賢明だ。だからキム次長がうまく処理してくれ」とジェウクに指示を出しました。

スポンサーリンク


ジョンファンの部屋に逃げたジュウンは「なぜ結婚式に来なかったの。それより私を愛してた?」と聞くと、ため息をつかれてしまいます。ジュウンは「それが答え?私を騙したの?」と問い詰めると「じゃあ君は?先に答えてくれ、なぜ僕を騙した。愛だって?ああ、君を愛してたけどもうわからない。騙されてたから。嘘ついてたんだろ?何もかも。なぜなんだ」と言い返されてしまいます。ジュウンは「違うわ。私は。あなたこそ何よ」と反論すると2人は口論になってしまいます。

そしてジュウンはジョンファンが自分の前科まで調べていたことを知ると「私たち終わりね。そうやってムカつく生き方を続ければ?」といい、その場から去って行きました。

ジョンファンはジュウンを追いかけると「ごめん。許してくれ」と謝りました。それを聞いたジュウンは抱きつき、キスをしました。

翌日、ジュウンを逮捕しようとしたことを耳にしたキム刑事は担当した刑事の元へ向かうと「スパイ興信所のチャさんの件だけど、なぜ逮捕した。誰の指示だ?」と問い詰めます。「妙な言い方しないでくれ、情報提供者がいたんだ」と言われるものの「仕組んだな、興信所の社長が産業スパイなんてするか?誰の指示なんだ」と問い詰めていると、その様子を見たデサン課長に怒られてしまいます。ですがキム刑事は「こんな事件子供に見せてもヤラセだと言うはずです。誰が仕組んだのか調べます」と告げ、勝手に捜査をすることに。

ジェウクはGKに復帰しました。ジェウクは出社するとキム室長がジュウンの身辺調査を行っていました。

その夜、ジュウンはミスクの元へ向かうことに。ですが、ミスクの事務所にはすでにチンピラたちの姿が。

プライバシー戦争第9話の感想と考察

ジェウクたちGKが狙うターゲットはジョンファンのみならずジュウンも加わってしまいました。ジェウクたちはジュウンを利用することで次期大統領候補のクォン・ヒョクチャンを陥れようと考えているようでした。ジェウクたちは自分たちが次期大統領候補として押し出すビョンジュンをどうにか当選させたいのでしょう。そのためには手段は厭わないという思いなのだと思います。

GKビジョン室は警察すら恐れる部隊のようでした。デサン課長もGKの言いなりなのを見ると、GKの息のかかっている人物や影の要員と言われる人物たちはかなり多いように思います。そんな敵相手にジョンファンは対抗できるのでしょうか。

そんなジョンファンはハメられてしまい逮捕されそうになっていたジュウンを助けたことで2人は久しぶりに顔を合わせました。ジュウンが手錠を外してもらった時にジョンファンにしたビンタは色々な思いが詰まっていたと思います。

ですが、お互いにお互いのことを調べており、裏を知られていることを知った2人は和解できずに終わってしまっていました。一度はジョンファンが謝ったことでヨリを戻すのでは?と思いましたが、翌日にはジュウンはジョンファンが起きる前に家を出てしまっていました。さらにその後のジョンファンの浮かない顔を見ても2人はもう終わってしまったと考えてもいいのだと思います。

キム刑事はジュウンが逮捕されてしまいそうになったことで、警察に裏で指示をしている人物がいることに勘付いているようでした。勝手に捜査を開始するようでしたが、指示を出した黒幕にたどり着くことはできるのでしょうか。

まとめ

以上、プライバシー戦争第9話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です