ラケット少年団1話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


ラケット少年団第1話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

ラケット少年団第1話のあらすじネタバレ!

ヘガンはソウルの中学校に通いながら野球をしていました。エース級の活躍をしながらもヘガ父のヒョンジョンにはお金がなく、大会にも参加できませんでした。

2021年2月。

ヒョンジョンはバドミントンのコーチとして仕事をもらうと、ヘガンとヘインを連れて引っ越しすることに。

ヒョンジョン一家は地の果てと呼ばれるへナムへ引っ越します。彼らは用意された家に向かうものの、あまりにも古臭い家に困惑してしまいます。さらには庭にクマの足跡が。3人は初の田舎暮らしに不安を覚えながらも寝ることに。

翌日、ヒョンジョンはコーチをすることになっているバドミントンの名門ヘナン西中学校へ。ぺ監督と顔を合わせます。そして校長に会いに向かうことに。

その頃、家に残されたヘガンはヘインを連れて食事を食べに向かっていると、隣人のオメに会います。食事を食べさせてもらい、常備食をもらったりと優しく接してもらいます。

ヒョンジョンは校長と会うと「少年体育大会で優勝します」と宣言するものの「それは頼もしい。今後大会に欠場すると教育委員会からの支援が断たれる。わかるね?1年間部を維持し大会さえ出ればお金が。実力の問題ではない」と言われます。

その後、部活を見に行くと選手は3人のみでした。

ユンダム、ウチャン、ヨンテを紹介されるとすぐに練習に入ることに。ぺ監督から「団体戦には何年も出られなかった。地域大会が1週間後にある」と聞かされたヒョンジョンは「あと1人いれば大会に出られる」と言うものの「候補者がいない」と言われてしまい驚愕します。

その夜、ヒョンジョンはヘガンに部活に入らないかと相談するものの断られてしまいます。

大会5日前、ぺ監督から候補が見つかったと連絡が。会いに向かうと交換学生のナダンを紹介されます。

大会4日前、学校の寮が急に潰れてしまいます。窮地に陥ったヒョンジョンは4人を自分の家に住まわせることに。

3日前、ナダンはソウルに行ってしまうことに。再びチームは3人になってしまいます。ヒョンジョンは再びヘガンに頼もうとするものの、ヘガンは無視します。しかし、ヨンテに「野球よりバドミントンの方が難しい」と言われてしまったヘガンは負けず嫌いな性格に火がつくと勝負を挑みます。

ユンダムは「僕とゲームして僕が勝ったら大会に出ろ」と誘い出します。ヘガンは勝負に乗ることに。

2日前、ユンダムとヘガンの試合が行われることに。ヘガンは1点でも取れば勝ちという条件で試合をするものの負けてしまいます。しかし、ヘガンの成長スピードにユンダムたちは驚きます。

家に戻り、ヘガンは何者なんだと話していると、バドミントン店の店長から電話が。「小学生に頃グランドスラムを達成して消えた天才だ」と聞かされた3人はヘガンを歓迎します。

ヘガンは仕方なく大会にだけ出ることに。

大会前日、ヘガンたちは練習から戻るとヘインがいなくなっていることに気づきます。ヘガンたちは村人たちに伝え村人総出で必死に探すものの、見つかりませんでした。

スポンサーリンク


ヘガンは思いつくとオメの元へ。怪しいと思っていた部屋を開けるとそこには子供部屋とヘインの姿が。ヒョンジョンは預けていっていたのです。

大会当日。

会場に着いたヘガンは全国1位というヘナン第一女子中のセユンのプレーに目を奪われてしまいます。

そしてついにヘガンの出番に。ヘガンはブランクもあり負けてしまいます。試合後、ユンダムたちから対戦相手が小6だったと聞かされると、ヘガンは「次の大会はいつ?あいつをぶっ潰す」と告げ、バドミントンを続けることに。

その夜、ヒョンジョンの家を妻であるヨンジャが訪ねてきます。さらにヨンジャがコーチをするセユンとハンソルも現れると一緒に生活することに。

翌日、春季大会のリーグ戦の詳細が。アヨン中学が同じブロックだと聞くとユンダムたちは一気に燃え上がります。

ラケット少年団第1話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ラケット少年団第1話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ラケット少年団第1話の感想と考察

ヒョンジョンたちはへナムへ引っ越し新たな生活を始めました。最初はヒョンジョンもヘガンも田舎暮らしに戦々恐々としていましたが、短い間で田舎にかなり慣れたようです。

ヘガンは野球をしたかったようですが、ユンダムとの勝負に敗れてしまいバドミントンをやることに。過去には天才と言わしめるくらいの選手だったヘガンでしたが、なぜ一度バドミントンをやめて野球の道へ進んでしまったのでしょう。野球でも才能はあったようですが、お金の問題でメンバーになれなかったのになぜそちらの道へ進んだのか気になります。

しかし、試合に負けてしまったことで負けず嫌いに火がつきバドミントンを続けることに。ここからヘガンがどこまで成長していくのか注目です。

そんな中、ヨンジャもヒョンジョンと同じ家に住むことに。2人は今までは別居していたようでしたが、なぜこのタイミングでまた一緒に住むことになったのか気になります。夫婦仲は悪くなさそうだっただけに疑問です。

さらにはセユンたちも住むことになり、大人数の家庭に。彼らの共同生活がうまくいくのか気になります。

最後、ユンダムたちはアラン中学と聞いて燃え上がっていましたが、彼らとアラン中の間に何か因縁があるのでしょうか。彼がが燃え上がった理由が気になります。

まとめ

以上、ラケット少年団第1話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

2話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です