ラケット少年団11話のあらすじネタバレ&感想考察!

ラケット少年団,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


ラケット少年団第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

ラケット少年団第11話のあらすじネタバレ!

その日の練習中、ユンダムはヒョンジョンに「白狼が誰かご存知ですか?」と聞きます。ヒョンジョン「監督だよ。それが何?」と答えるとヨンテから「それが、監督がテソンと部員を暴行したと」と聞かれます。それにヒョンジョンは「違う。そんなことは考えず選抜戦に集中しろ」と返しました。

翌日、インソルはヒョンジョンの家に過去に右目が見えない状態でオリンピックのメダルを取った選手の映像を持ってきます。それを右目の状態が悪いへガンに見せ、戦い方を教えます。

その後、へガンたちは体育館に向かうとその戦い方を練習することに。

その夜、ユンダムたちが倉庫練習場へ向かうと、そこにチャンが。

一緒に練習をし終えると、そのままユンダムたちはチャンと共におばあさんの家で食事をすることに。そこにへガンも合流するものの、チャンの顔を見るなり「ソウル野郎が田舎に何のようだ」と嫌悪感を示します。するとヨンテから「近所のあ婆さんの家に来たついでにせユンさんに会いに」と聞かされます。へガンは明らかに嫌がる素振りを見せます。

翌日、ヒョンジョンはぺ監督の過去が気になり、白狼時代を知るコーチに話をしにいくことに。「皆が噂してるようなことが本当にあったのか?君たちに暴行した後学校を去ったと。一体何があったんだ」と聞くものの「生活のためにこの仕事をしないといけません。もう来ないでください」と言われてしまいます。

さらに他の選手たちに話を聞きにいくものの「あれ以来誰も選手を続けてません。真実を話す人はきっと誰もいないはず」と言われてしまいます。それでもヒョンジョンは「うちの生徒が白狼の暴行の話を聞いたようだ、不安がってる」と引き下がるものの「そう言うことなら知らないほうがいいです」と言われてしまいます。

その後、練習が終わるとある1人の生徒から電話で「ノ・コーチと話を。海南バドミントン専門店を経営してます。あの日一緒にいました」と聞かされます。

その頃、都会から引っ越してきたキム夫婦は海南の人たちを触れ合うことで生きる価値を見つけ始めていました。家に戻った2人は「自殺する決意を固めて田舎に来たけど、これからは幸せに生きよう」と決意を固めます。

するとそこにへガンがカレーのおすそ分けに。へガンは「ここにいてくれて嬉しいです。お二人のおかげで病院に行けて銭湯に行ける」と感謝を伝えると、キム夫婦は「こんな僕らのことを考えて来てくれてありがとう。役立つ人にしてくれて。生きる勇気をくれてありがとう」と号泣します。

その夜、ヒョンジョンはノ・コーチの元に向かうと「10年前、白狼と海南西中に何があったんですか?」と切り出します。しかし「口を開かないのには理由があるんです。私も同じです。やっと忘れて生活してるんです。過去の話を蒸し返さないでください。ぺ監督も望んでないと思います」と言われてしまいます。

スポンサーリンク


選抜戦当日。

和順烏城中が来るものの、へガンたちは選手たちの違和感を感じ取ります。

コーチも現れるとヒョンジョンは「試合前にお伝えしたいことがあります。海南が勝ったら全権をコーチに譲ります。我々が勝ったら指示に従ってください」と言われてしまいます。

試合中、コーチにウンホがいじめられてるのを見たヨンテは外に出たウンホに「何があった」と声をかけます。すると「うちのコーチが少しおかしい。挨拶もするなと。それに僕だけ走らされるんだ。しかも大会から外すと」と聞かされます。それにヨンテは「実力で証明するんだ」と伝えます。

しかし、その時ヨンテがへガンの目が見えにくいことを話してしまったせいで、作戦がバレてしまい苦戦を強いられてしまいます。

ラケット少年団第11話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

ラケット少年団第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ラケット少年団第11話の感想と考察

ヒョンジョンはぺ監督の過去について当時の選手たち全員に話を聞きにいくものの、誰も口を割ることがありませんでした。ノ・コーチに聞きに行っても追い返されてしまう始末。過去にぺ監督は何をしたのでしょうか。本当に部員に暴力をしたのか、その噂の真偽が気になります。ただの根も葉もない噂であって欲しいです。

キム夫婦は海南に引っ越してくる前にソウルで酷い仕打ちに遭っていたことが明らかになりました。そのせいで2人は自殺のために海南へ来ていたのでした。しかし、段々と生きる価値を見いだすことができ自殺を止めることに。田舎の暖かさが彼らの心を動かしたのでしょう。早まらなくてよかったです。

ついに選抜戦が始まりましたが、和順烏城中の様子が明らかに変になっていました。コーチが選手たちを自らの駒のように操り、選手たちが楽しんでバドミントンをできない状態になってしまっているようでした。なぜあそこまでチームが変わってしまったのでしょうか。コーチがなぜあんな風にしてしまったのか気になります。

最後、へガンは目の状態が悪いことがバレてしまい苦戦を強いられることになりましたが、勝利を収めることはできるのでしょうか。

まとめ

以上、ラケット少年団第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です