恋幕10話のあらすじネタバレ&感想考察!

恋幕,10話,ネタバレ

スポンサーリンク


恋幕第10話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

9話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

恋幕第10話のあらすじネタバレ!

ヒョンは宮女出宮帳簿を調べにいくことに。そこにはタミは病により出宮と。ヒョンは「病名の記録は?」と聞くと宮女に「それが全てです。どういうわけか病名について残っておりません」と答えられます。

その頃、ジウンは川を眺めるフィのもとへ。

そしてジウンは「夢ではなかった。私は臣下としての忠心ではなく恋心でした。お慕いしています。世子様」と伝えます。すると「私たちは成就しない定めです」と言われます。それにジウンは「わかっています。世間から後ろ指をさされても、世子様がなんと言われようと全て私が背負います」と伝えるものの、フィは「私にはできません。あの日のことは忘れてください。さっきの話はなかったことに」と告げ、去っていってしまいます。

翌朝、フィは王宮を抜け出しジウンの家を訪ねます。そして2人は食事に。

ジウンは「一体どんな用件で?」と聞くと「この汁飯が忘れられなくて来たのです」と答えられます。

その後、2人は街へ出かけます。

すると、急な雨が。2人は雨宿りすることに。

ジウンは「私を訪ねてきた本当の理由をお話しください」と訪ねるとフィに「あのように生きてみたいと思うことがあります。思い切り笑い、泣きたい時は思い切り泣ける人生を。王宮では己の気持ちにさえも正直になれない。私はここで暮らす民が羨ましい。人目を気にせず笑える人生が」と答えられます。

その言葉にジウンは「世子様もそうしてください。今日のように笑い、泣いても構いません。私の前では」と伝えるものの、フィに「感謝してます。幸せな1日を過ごせました。よい仕官先を選びました。そこに移れば出世の道が開けるでしょう。じきに私は世子嬪を迎えることになります。これがチョン司書の気持ちへの答えです」と告げられてしまいます。

翌日、ジウンは王宮へ。フィとすれ違うものの、2人の間には微妙な距離感が。

フィは王様の元へ向かうと妃を迎えようかと考えていることを伝えます。

すると王様から「そなたの婚礼を反対する理由がわかるか?」と聞かれます。フィは「父上の目には私がまだ未熟だからでしょう」と答えると「余はそなたの齢で妃を迎えた。若くして家族を持ったせいでその大切さや守り方を知らなかった。余は己の家族を守り抜くことができなかった。そなたには未熟な家族を作らせたくない」と思いを伝えられます。

そして「それでも結婚を望むのか?」と聞かれるもののフィは「はい、そうさせてください」と答えます。

その夜、王様はガオンを呼ぶと「そなたの剣には符節がついておったが恩人の物か?」と聞くと「父の遺品です」と答えられます。

その後、ヒョンソルは王の元へ向かうと「先程兵曹の官庁で殺人がありました。今下がったガオンが怪しい動きを」と報告を。

翌日、大妃によってフィの妃選びが行われることに。そこには候補者に上がったソウンとハギョンの姿も。

ソウンは家に帰ると、そこにフィの姿が。

フィは王様に「吏曹判書が後押ししてくれる。そなたの将来に大きな助けになるだろう」と言われソウンに会いに来ていたのでした。

ソウンは茶と菓子をフィに出すと「そなたに会いに来たのだ。そなたとは縁があるようだ」と言われます。そして「日和がよいので一緒に外を歩かないか?」と誘われ、散歩へ。

そしてフィは「10歳の私はこう思い描いた私へと続くのが茨の道だとしても歩いて来てくれる真っ直ぐで強い心を持つ人を妃にしようと。その道を歩いて来て欲しいと頼みに来た」とソウンへ告白を。

その後、家へ戻るとソウンは「世子嬪様になる覚悟ができておりません」と伝えます。フィは「もしや心を寄せる人がいるのか?」と聞くと「申し訳ありません」と答えられるものの「ここまで来た以上、すぐ引き下がることはできぬ。近いうちにまた会おう」と告げ、帰ることに。

スポンサーリンク


王宮への帰り、フィはジウンと鉢合わせます。「なぜこちらに?」と聞かれたフィは「吏曹判書の屋敷へ。世子嬪になって欲しいと頼んできました。新しい仕官先のことは考えてみましたか?」と聞きます。

するとジウンから「お顔を拝見するとお話ししたくなる。こうして偶然に会えば余計に。王宮を去れという意味に私には聞こえました。それが世子様の本心ですか?」と聞かれます。それにフィは「私も本心を言うのが辛かった。察してくれるかと、違ったようですね。よくわかりました」と返し、王宮へ戻ることに。

翌日、講書にジウンの姿が。ジウンは「返答をいいに参りました。講書の後に申します。これが世子様との最後の講書になるでしょう」と告げると、講書を始めます。

そして講書が終わると、フィは「私の提案に対する返答をお話しください」と。するとジウンは「私についてきていただけますか?」と聞き、講書の初日に向かった場所へフィを連れて行きます。

そこでジウンは「私は同じ場所に長く滞れぬ性分です。なのでまた風のように生きてみようかと。どうかお幸せに。夢も希望もなかった私を世子様は幸せにしてくださいました。新しい仕官先の提案にはお応えできません。王宮にいれば東宮殿に気を取られそうで」と告げ、辞職願をフィに手渡します。

恋幕第10話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

恋幕第10話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

恋幕第10話の感想と考察

ヒョンはタミのことを調べるうちに、記述が少ないことに違和感を覚えていたようでした。もしかしたらタミの正体に気付いてしまうかもしれません。

ジウンはフィに正直な気持ちを伝えるものの、振られた形になってしまいました。そしてフィもジウンの気持ちを知ってしまったことでジウンを遠ざけることに。フィはこのままジウンが司書としていると、思いが抑えられなくなると感じたのでしょう。そしてその気持ちを無理やり押し殺すために妃を迎えることにしたのでしょう。

結局、ジウンは考え抜いた結果、新たな仕官先にはいかず辞職し王宮を後にすることを決めたのでした。振られてしまった以上王宮にはいれないと判断したのだと思います。2人にとっては悲しい別れ方となってしまいましたが、2人の恋模様はこのまま終わってしまうのでしょうか。ここから2人が結ばれる未来があることを期待します。

そしてフィの妃選びは王様たちはソウンとフィを結ばせようと考えているようでした。しかし、ソウンが思いを寄せている人がいることを知ったフィは悩んでいるように見えました。このままフィの妃はソウンで決まってしまうのでしょうか。それとも、ハギョンや他の女たちが選ばれることになるのでしょうか。フィの妃が誰になるのか注目です。

まとめ

以上、恋幕第10話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

「恋幕」のキャスト一覧はこちらをチェック!

恋幕,キャスト,画像,相関図恋幕のキャスト一覧(画像付き)や相関図!

「恋幕」の配信時間・視聴率はこちらをチェック!

恋幕,配信,時間,視聴率恋幕の配信時間や視聴率!

パク・ウンビンのその他の出演作品はこちらをチェック!

パクウンビン,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングパクウンビン出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

キム・ロウンのその他の出演作品はこちらをチェック!

キムロウン,ドラマ,最新,おすすめ,人気,ランキングキムロウン出演ドラマ最新おすすめ人気ランキングTOP7!

キム・ロウンの詳しいプロフィールはこちらをチェック!

キムロウン,インスタ,彼女,身長,年齢,wiki,プロフィールキムロウンのインスタや彼女はいる?身長や年齢等のwikiプロフィール!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です