それでも僕らは走り続ける最終回(16話)のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


それでも僕らは走り続ける最終回(第16話)の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

それでも僕らは走り続ける最終回(第16話)のあらすじネタバレ!

ジヒョンから連絡を受けたダナは急いで父親のいる病室へと向かいました。そこにはテウンたちの姿も。

父親は「みんなの顔を見れて嬉しいよ、愛してた」と告げると、父親は他界しました。その報告はチョンドの元にも。

秘書は「ウンビのスキャンダルはどう処理しますか?」と聞くもののチョンドは「縁談は消滅するのか。放置しておけ。息子を大事に育てたのに無駄だったか」と言い放ちます。

翌日、ヨンファはダナに会うと「会長が亡くなった、後日お葬式が」と聞かされるとヨンファはダナを抱きしめ「大丈夫ですか?」と聞きました。それにダナは「悲しむ暇もなく次の準備で忙しいからわからないわ。今まで何度も早く消えて欲しいと思った、薄情な娘ね。だけど父さんも同じよね。父親と言うよりはずっと会長だったから。会長が亡くなってこう思ったわ、いつ死ぬかわからないと。将来性のあるあなたには時間を有意義に使って欲しい、私に時間を使わずに。どうせ結果はわかってたでしょ」と告げます。その言葉にヨンファは「結末は迎えてみないとわからない」と言うものの「ハッピーエンドじゃないの。今後は忙しくなる、さらに上にいくから」と言われてしまうと「帰るよ。来ないで、来たら僕は死ぬから」と告げ、帰って行きました。

ダナは後ろ姿を見送ることしかできませんでした。

その頃、チョンドの秘書とあっていたソンギョムは「ウンビのスキャンダルは議員が広めた。支持を得るために」と聞かされます。「なぜ僕に話すんですか?」と聞き返すと「お前たちを私は可愛がってた。私の助言に傷ついたならすまない議員の肩を持ちすぎた」と聞かされ、さらに「ご両親に離婚話が出てることを?」とも聞かされます。

悩んだソンギョムはミジュの家に向かうことに。そして「僕は今日姉さんのことで衝撃的な事実を知りました、本人がそれを知らないと気の毒だし僕も秘密にするつもりはありません。だけど事実を話したら傷つくだろうし、傷つく姿を見るのも辛いです」と相談すると「なぜ今回は尻込みを?あなたも傷ついたのね」と言われ、言葉を失ってしまいます。その様子を見たミジュはソンギョムを抱きしめると「言葉で思いをうまく伝えて、傷ついてたら抱きしめるの。それが家族かと」と伝えました。

翌日、ソンギョムはウンビに事実を伝えに向かいました。そしてソンギョムはその事実をジウにも伝えました。それを聞いたジウはアメリカ行きを取りやめ、チョンドの元へ。

ジウはチョンドを見るなりいきなりビンタを喰らわせると「子供を利用するなんて許せないわ。もう離婚よ。私を煩わせたら父さんに全てを話すから」と告げました。

後日、ヨンファはダナのもとを訪ねました。

ヨンファは「僕は代表が大切です。代表のためにできることは気持ちを整理することでした。どうぞ、代表の絵です」といい、絵をプレゼントしました。ダナは「私に渡していいの?これは心でしょ」「僕の心を奪っていったくせに。持ってて、代表の中で小さくなるまで。そして最後はリサイクルに出して」と告げると、ダナは号泣してしまいます。

スポンサーリンク


ヨンファはダナを抱きしめると「僕は今も変わりません。代表が何をしようとずっと好きです。だからずっと好きでいさせて」と伝えました。

家に戻ったヨンファはソンギョムに抱きつき号泣しました。

その夜、ダナはミジュをバーに呼び出すと辛い思いを打ち明けました。

その後、ソンギョムはエージェンシーに就職しました。そしてミジュの翻訳した映画はドバイ映画祭に招待されることに。さらにジウはチョンドと離婚することに成功します。

ソンギョムはウシクを事務所に連れて行くとエージェンシーと契約させることに。

ダナはソミョングループの副社長に。美術館に視察にきたダナはそこでヨンファの作品を発見します。その絵の中に自分が書かれているのを見つけ「私も会いたい」と呟くと、後ろにヨンファの姿が。

歩み寄ったヨンファは「絵の感想は?」と聞くと、ダナは「私が見たあなたの中は煌めいてた。私の誕生日は今日にしよう」と言いました。それにヨンファは「誕生日おめでとう、代表」と返すと、2人は微笑み合いました。

ランニングをしていたソンギョムとミジュはベンチに座り休憩していると、ソンギョムは「君に愛してると言ったっけ?今がその時かと。愛してます」と伝えました。

それでも僕らは走り続ける最終回(第16話)以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

それでも僕らは走り続ける最終回(第16話)のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

それでも僕らは走り続ける最終回(第16話)の感想と考察

ダナが呼び出されたのは父親の命が危ないからだったのでした。お互いに嫌いあっていたダナと父親でしたが、死ぬ寸前に「愛してた」という言葉が聞けて良かったと思います。

その結果、仕事に集中するためヨンファとの別れを決めました。お互いにとって切ない別れ方でした。お互い離れ離れになりたいくない思いがあるからこそ、お互いのわからない場所で涙を流したのだと思います。

ですが、最終的には再び再会しヨリを戻せたのだから良かったと思います。あの別れが永遠のものじゃなくて良かったです。

ソンギョムとミジュはお互いに仕事が順調に進み、愛も順調に育んでいました。辛いことを乗り越えた2人だからこそ、順調に進んでいて良かったと思います。2人の純粋な思いが実って良かったです。

ソンギョムがずっと気にしていたウシクも会社に入り、金メダルをとるほどに成長していて良かったです。ウシクはやはりソンギョムが認めるほど才能がある選手だったようでした。

最終的にそれぞれがハッピーな結末になって良かったと思います。

まとめ

以上、それでも僕らは走り続ける最終回(第16話)のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です