それでも僕らは走り続ける2話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


それでも僕らは走り続ける第2話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

1話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

それでも僕らは走り続ける第2話のあらすじネタバレ!

ソンギョムはミジュが帰るとダナから「さっきのパシリとどういう関係?」と聞かれます。ソンギョムは「プライベートなので答えません」と答えると「私を好きだったのに」と言われます。それに「過去のことを持ち出さないでください」と意見すると「じゃあこっちの件を聞くわ」と新聞を見せられます。そこにはテリとの熱愛スキャンダルが。

ソンギョムは「チェ・テリって誰ですか?」と聞くと「一緒に広告撮影した女優じゃないの。誰もが知ってる」と言われます。ソンギョムは「言っておきますが、付き合ってません。事務所から正式に熱愛説の否定を」というと、トレーニングのために帰っていきます。

その帰り道、ソンギョムを待ち伏せしていたミジュは「ライターを返してください」と言います。するとソンギョムに「戻りました?デート中のDVじゃなくてよかったです。ライターは合宿所に。車で2時間くらいかと」と言われ「では通訳する時に返してください」と頼みます。

そして「この前のお詫びにご馳走します。それと頼み事が。私を助けて警察に行ったことは秘密に。ソ代表に土下座したくないので」と頼むと、ソンギョムは秘密にすることを約束し、帰って行ってしまいました。

翌日、ソンギョムに食事にいく候補日をメールで送るように頼んでいたミジュはソンギョムから候補日が書かれたメールを受け取ります。予定を確認したミジュは返信します。

そして会社でメイと話しているとソンギョムがユク・ジウとレッドカーペットを歩いている写真を目撃します。ミジュは「キ・ソンギョムって有名人なの?」と聞くと「有名人よ。すごい家族構成だからね。ユク・ジウとキ議員の息子でキ・ウンビの弟よ」と聞かされ、衝撃を受けます。

その夜、トレーニングをしていた帰りウシクが血だらけで項垂れているのを目撃します。ソンギョムはすぐに病院へと運びました。

目を覚ましたウシクにソンギョムは「太腿を手術しないと。ウシク、もう一度聞く。本当に大丈夫か?」と聞くと、ウシクは涙を流してしまいます。それを見たソンギョムは「治療費のことは心配せず治すことだけを考えろ」と言い帰ろうとします。

すると、ウシクに腕を掴まれ「お願いします。やめてください。わかりませんが僕は怖くて」と言われます。「何が怖いんだ」と聞くと「ギュドク先輩の顔を傷つけました。故意ではありませんが仕返しされるかと」と聞かされます。それを聞いたソンギョムは「じゃあ僕が殴ったことに。お前は将来有望だ。メダルを取らないと。心配は加害者がすることだ」と言い、病院を後にしました。

トレーニング施設のロッカールームへ向かったソンギョムはギュドクを見つけると、殴りかかり揉み合いになってしまいます。

ソンギョムはギュドクを殴り倒すと、監督室に向かい「人を殴りました。合宿所にいるギュドクとギボムを。目撃者がいるので噂になるかと」と報告します。監督は「言葉を選べ、喝を入れたんだよな」というものの、ソンギョムは「人を殴ることを喝を入れるとは言いません」と主張します。

監督に「実際殴ったとして、なぜ即座に報告を?」と言われると「他にも報告が。解決してくれますか?」と伝えます。ですが「事を大きくするな。よくある事」と言われると「ご存知だったと?原則通り委員会で調査を」と主張します。

その様子を見ていたコーチが止めに入るものの、ソンギョムは意見を変えずに主張していると痺れを切らせた監督は「おい、選ぶ言葉によって受ける印象が変わる。引退して指導者になりたくないのか?今後の道がなくなるぞ。その程度のことで将来は棒に振るな。処分が決まるまでソウルに戻ってろ」と告げます。それを聞いたソンギョムも「そのような融通が必要なら僕に将来はありません。僕は原則を守る指導者になりたい」というと、監督室を後にしました。

翌日、ミジュはカフェで仕事をしているとモデルガンを盗まれた時に会った美大生のヨンファと偶然鉢合わせます。

ソンギョムはダナのオフィスに向かうと「昨日、人を殴りました。処罰を受けると思います。すみません」と謝罪へ向かいました。「なぜ殴ったの?相手と理由を教えて」と聞かれると「相手は合宿所の後輩で、理由は復讐」と説明します。それを聞いたダナは「処罰を受けたら仕事は全部なくなるわね。暴力を肯定する広告はない」とこぼすと「迷惑はかけません。広告関係で違約金が発生したら僕に請求してください」と言います。

それを聞いたダナは「迷惑はかけないんでしょ。撮影は予定通りよ」と伝えると、ソンギョムは「僕は代表のおまけです。他の人に変更を」と頼みます。ですが「他の人に変えたらキ・ウンビが私の服を着ない。私があなたと契約した意味を考えて」と言われてしまうと「人を人形扱いするために事務所を作ったんですね。ソミョングループの常務とは話したくありません」と言い、オフィスを後にしジムへと向かいました。

スポンサーリンク


トレーニングを終え、携帯を確認したソンギョムはミジュからメッセージで一緒に食事に行く予定だった事を思い出します。ソンギョムは急いでミジュの元へ向かいます。

ソンギョムは謝ると、遅刻を許したミジュは「通訳の練習をしましょう」と言います。ですがソンギョムは「別のことをしてもいいですか?」と聞きます。ミジュは「仕事をするのが嫌だと?」と聞き返すと「はい、その代わり遅刻の埋め合わせをします」と言われます。そう言われたミジュは自分が翻訳した映画を一緒に見に行くことに。

映画を見終わるとソンギョムは「酒は好きですか?飲みませんか?」とミジュを酒を飲みに誘います。

酒を飲み始めるとソンギョムは「映画が好きで翻訳家に?」と聞きます。それにミジュは「初めて見た映画のあるセリフに慰められたんです。字幕のおかげでセリフが理解できました。言語の橋渡しをする人はどんな人だろう、私もやってみたい、そう思ったんです。そのまま努力し続けて翻訳家に」と語りました。

その後話を続けていると、ミジュは「あなたって変わってますね」と伝えると、ソンギョムは「周りからはムカつくと」と返します。それに「あなたのような人がそばにいると大抵の人は苛立ちます」というと「僕をどんな人間だと?」と聞かれます。

ミジュは「強い人。お酒には弱いようですね。なぜ飲みに行こうと?」と聞くと「さっき見た主人公のように酒を飲んだら気分が良くなるかと。飲めないけど飲みたくなって」と言われます。それにミジュが「仕事として走る気分は?」と聞くと、ソンギョムは「息苦しいです。走ってる時は後ろを全く気にしません。今日のフィニッシュラインは君でしたね」と話し、笑みを浮かべます。

帰り道、酔っぱらったソンギョムにミジュは「寝る場所はありますよね。自分で帰ってください。一緒にいたら過ちを犯しそうです」と言います。ソンギョムに「過ち?」と聞かれたミジュはソンギョムに接近すると「こんな過ち」と告げます。顔を近づけた2人はハッとしてしまいます。ミジュは離れると「だけど、気まずくならないように自制します」と言い、1人で帰っていきました。

ですが、心配になったミジュはソンギョムの元に戻り、車まで送ることに。

ミジュは少し席を外していると、ソンギョムとテリとテリのマネージャーが言い争っているところに鉢合わせます。状況のわからないミジュは「あの2人は一体何を?」と聞くとソンギョムは「僕が過ちを犯しても?」と言い、ソンギョムはミジュにキスをしました。そして「僕の彼女です」と言い放ちます。

それでも僕らは走り続ける第2話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

それでも僕らは走り続ける第2話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

それでも僕らは走り続ける第2話の感想と考察

ミジュは数回ソンギョムと会っている中でイケメンのソンギョムに少しずつ好意を抱いているようでした。ソンギョムのことを変な人だと思っていながらも、彼の持つ素直で純粋な心に惹かれているのだと思います。それでも、通訳と選手という関係があることでその関係を発展させようとは思っていないようでした。ミジュは何も行動を起こさずに諦めてしまうのでしょうか。

ダナもソンギョムのことがまだ好きなようでした。2人は一度別れていながらもダナはまだソンギョムのことが好きなように見えました。だからこそ事務所を作り、そこにソンギョムを所属させスケジュールを管理しているのだと思います。ソンギョムは完全に好意はなくなっているようでしたが、2人がヨリを戻すことがあるのか気になります。

そんなソンギョムは後輩のウシクがいじめにあい、怪我をしてしまったことで堪忍袋の緒が切れてしまったようでした。そしてギュドクを見つけると殴りかかり、暴力行為を働きました。きっとソンギョムは自分が行動を起こすことによって監督やコーチが動いてくれると思っていたようでしたが、監督たちは委員会から調査に入られる方が嫌なようでした。

その監督たちの態度をみたソンギョムはかなりショックを受けているようでした。そんなモヤモヤした気持ちを晴らすつもりでミジュをデートに誘い、お酒を飲みに誘ったのだと思います。よっぽどソンギョムの心の中で気持ちの整理ができなかったのだと思います。

酔っぱらったソンギョムは最後にミジュを抱き寄せキスをし「僕の彼女だ」と言い放ちましたが、ソンギョムは本気なのでしょうか。それとも酔っぱらった勢いでしてしまったことなのでしょうか。ソンギョムの行動の真意が気になります。

まとめ

以上、それでも僕らは走り続ける第2話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

3話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です