スタートアップ(韓国ドラマ)第11話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


スタートアップ第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スタートアップ第11話のあらすじネタバレ!

ドサンはアレックスに2STOに出向することを伝えると「条件を変えても?我が社の社員全員を受け入れてください。ヌンギルサービスも継続を」と提案します。するとアレックスに「私は君を獲得したい。君の実力は検証済みです。しかし買収は別問題です。私は事前事業家ではない。デモデーを拝見したうけで買収も考えてみます」と言われます。

ジピョンはヨンサンから兄を殺したと問い詰められるものの、それに反論すると「まさか兄を覚えてないとはな」と首を締められてしまいます。ですが、間一髪エレベーターのドアが開いて助かります。

ジピョンはミンソクにヨンサンから言われたことを教えると「チーム長だったんですね」と言われます。

5年前、デモデーで審査員をしていたジピョンはチャージングパートナーの代表であったヨンサンの兄ドンスに厳しい言葉を浴びせていたのでした。そしてドンスはデモデーの数日後に自殺していたのです。

デモデーの発表順を決めるとサムサンテックは6番目になることに。

ドサンはチョルサンに呼ばれると「俺はお前のコードレビューを数千件もやってきた。目を見ればわかる。今のお前は諦めの目じゃなくて決意に満ちた目だ。何を決心した」と聞かれます。ドサンは「ハン・チーム長の代案を退けたい」と言い放ちます。そこにヨンサンも現れると「これ以上奴に関わりたくない。奴はサムサンテックでなく代表のために投資の提案を。そんな投資は受けたくないだろ」と言います。

ミンジェもサハにジピョンが提案した代案を受け入れないことにしたことを伝え、決意を固めます。

デモデーが行われる時間になるもののジピョンは会場に現れず、電話にも出ませんでした。ソナクは諦めてジピョンなしでデモデーを始めることに。

1番目の発表にはインジェが立ちました。質疑応答に移ると「質問があります」と客席から声が。なんとドサンの父のソンファンだったのです。ソンファンは「あなたたちの革新技術は我々のメシの種を奪います。経費を少し減らそうと」というと「36億ウォンです」と言い返されます。ですが続けて「その金で暮らしてきた大勢の人々はどうすれば?あなたたちの使命は人を追い詰めることですか」と聞くと「人情を重んじ技術を革新しなければ携帯電話も開発されなかったでしょう。それをお望みで?未来の人たちも今より便利な世の中で暮らしたいはずです。より良い世の中にするのが私の使命です」と言われてしまい、言い返すことができませんでした。

さらに「息子さんの使命でもある。息子さんもサンドボックスにいますよね?なぜ私たちだけを非難するのですか?」とドサンのことを持ち出されると「我が子もあなたと同じ道を歩んでいます。あなたのような人が多ければ世の中は急激に進歩します。でもそれも問題です。大勢の人々が傷つきます。社会に適応できない人が増えます。私のような人がいてこそその速度が調整されます。その速度のために私は戦い続けます。親子で進む道が違うこともあり得ます。息子は息子で、私は私です。そのせめぎ合いで革新の速度が決まるでしょう」と言うと、ドサンに近づき「こうして向き合えるのになぜ私を避けてきたんだ」と伝え、帰って行きました。

インジェは「投資は求めていません。売り上げだけで十分です。私はグローバルパートナーを探しています」と言うとアレックスは関心を示すものの、ダルミたちのピッチを聞いてから決めることに。

そしてサムサンテックの順番に。質疑応答に入るとアレックスは「サムサンテックの技術に関心があります。御社の顔認識の精度は?」と質問します。

ダルミは正式な数値を伝えると「1番のチームに劣りますね」と言われます。それにドサンは「いいえ、精度は数値だけでなく環境も考慮すべきです。ヌンギルは携帯電話用アプリですし、1日中使えるようバッテリー使用料を抑える必要があります。だから精度と軽量化の間で均衡点を探りました」と答えます。

すると、アレックスはインジェたちを舞台へ呼ぶことに。そしてシングルボードPCでAIプログラムを実行させることに。するとサムサンテックの方だけ作動します。

その結果、サムサンテックはデモデーで優勝を飾りました。

その様子をテレビで見ていたジピョンは今までの自分の言動に罪悪感を感じていました。そこにテハクが現れると「チーム長は当然の指摘をしたまでです」と励まします。するとジピョンは「当然の指摘ですかね?僕が苦言を呈してきたサムサンテックが優勝しました。キム・ヨンサン、彼の言う通りかも」と話しました。

ダルミはその喜びをウォンドクに伝えるものの、様子が変なことに気づきます。すると、後ろからアヒョンが現れます。

スポンサーリンク


ダルミは部屋に入ると「私は嫌。腹が立たないの?」とウォンドクに怒鳴ります。ウォンドクは「私はあなた以上に腹が立つ。だけど些細な理由で人を遠ざけるとそばに誰も残らない。だから許す方がいい」と説明します。ですがそれでも納得のいかないダルミは「理解できないわ。豪邸暮らしの人がなぜここに?追い出して」と言うと「このまま返したら夫に暴力を振るわれそうなの。幸せには暮らせてないようよ。それでも家に追い返すべき?」と言われてしまい、黙り込んでしまいます。

翌日、ダルミはジピョンに電話をかけ「デモデーはご覧になりましたか?」と聞くと「おめでとうございます。立派です」と言われます。ダルミはそれに「チーム長のおかげです。苦言のおかげでここまで来られました。感謝しています」と答えると、それを聞いたジピョンは思わず泣いてしまいます。

2STOとの契約に入り、契約書に目を通すとアレックスから「2STOが御社を30億で買収します。3年間は本社に勤務することが条件です。いかがですか?」と提案されるとダルミは「検討してご連絡します」と返答します。

アレックスたちが帰っていくと、サムサンテックの面々は好条件に浮かれ上がりました。ですがドサンは「ところでサムサンテックの名前は無くなるのか?」と悩み始めます。

その夜、ドサンが1人事務所に残っているとダルミが戻ってきます。ドサンが名刺を見て考え事をしているのを目にしたダルミは「私が会社を辞めた足で事務所を訪れたでしょ。そこに行こうとした」と声をかけます。するとドサンは「まだ気になる?僕の事務所が。見にくる?」と提案します。

事務所にダルミを連れて行くと「ここが僕の始まりだ」と話しました。そして事務所のドアを開けるとチョルサンとサハの姿が。

ドサンたちに問い詰められたチョルサンが「誤解しないでくれ。社名がなくなると聞いたら感傷的になってここに来たくなるのは当然だろ」と話していると、そこにヨンサンも現れ、サムサンテックのメンバーが全員集まってしまいました。

全員でそこで酒を飲むことになるとサハは「3年後、私たちはどうなるんですか?」と切り出します。それぞれが夢を語ると、ダルミは「私はこのメンバーで起業したい。シングルボードPCでも私たちのプログラムは動作を。この画像認識の技術で自律走行も可能かも」と話します。ドサンも「金ならある30億も」と言うと、全員がその話に乗ることに。

翌日、ジピョンは2STOがサムサンテックを買収することを聞かされます。慌てたジピョンはサムサンテックの事務所に向かうとすでにダルミとドサンは契約に向かった後でした。気になったジピョンはサハから契約書の写しを見せてもらうことに。

ジピョンは「契約書に問題がないことが問題だ。保留にさせないと」と言うと電話をかけようとします。ですが、ヨンサンは電話を取り上げ「何の権利があって俺たちの前途を阻むんですか。俺の兄も将来性がないと決めつけて一蹴を?」と聞きます。するとジピョンは「これは典型的なアクハイアです。会社ではなく技術者目当てで買収するんです。契約した瞬間このチームは空中分解します」と警告しました。

そんなこととは知らないダルミとドサンは契約を交わしてしまいました。

スタートアップ第11話の感想と考察

ジピョンが提案していた代案を捨てて、ジピョンから独立することを決めたことでサムサンテックはとても大きな前進を遂げたように思いました。デモデーでもインジェたちよりも優れた機能性を発揮し、見事に2STOとの契約を取り付けることができました。ここまではドサンやダルミの思い描くように進んでいたように思いました。

ですが、そのことを知ったジピョンは2STOには企みがあり、このままだとこのチームは空中分解してしまうと危惧していました。2STOと契約を結んだことはサムサンテックにとって良い方向に進むのか、それとも悪い方向に進んでいくのか気になります。サムサンテックが今後存続していくのか注目です。

デモデーの会場にソンファンが来たことで、ドサンは改めてソンファンと顔を合わせることになりました。ドサンの前で気持ちを全てぶちまけたソンファンはもうドサンのことを怒ってはいないようでした。ましてや会場から去っていくときに「こうして向き合えるのになぜ私を避けてきたんだ」と声をかけたのを見ると、ドサンのことを許し、応援しているという態度に見えました。2人はもう仲直りしたと言ってもいいでしょう。

逆にダルミは急にアヒョンが家に現れたことで嫌悪感を示しました。やはり自分の大好きだった父親を捨てた母親を許す気はなかったようです。ウォンドクに何とか説得され心を落ち着かせたようでしたが、ダルミはこのままアヒョンのことを許すのでしょうか。まだこの2人の関係には一悶着ありそうです。

インジェは徐々にダルミのことを認め始めているように見えました。最初の頃は嫌悪感を示すような態度をとっていたものの、最近ではダルミを応援するような態度も増えてきたからです。2人の関係が早く修復されてもらいたいです。

ダルミとドサンは関係を一度フラットな状態に戻したものの、徐々に好意がお互いに戻ってきたようでした。新たな自分となったドサンはダルミと再びヨリを戻すことができるのでしょうか。

まとめ

以上、スタートアップ第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です