スタートアップ(韓国ドラマ)第13話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


スタートアップ第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スタートアップ第13話のあらすじネタバレ!

ダルミは心機一転インジェの会社の面接を受けることに。

インジェから「なぜうちに入りたいの?」と聞かれたダルミは「デモデーの時、代表のお話が印象的でした。15年前に父が言っていた言葉に似ていたからです。その時こう思いました、代表と私は同じ方向を見ているかもしれないと」と話します。

それを聞いたインジェは笑みを浮かべダルミをCOOとして迎えました。

3年後、インジェカンパニーは実績をあげると、新事業開発チームを法人化し分社させ、そこの代表をダルミに任せました。ヌンギルも世界最大の財団に引き継がれました。そして、インジェたちの会社では新しい事業として自律走行車の開発を始めていました。

2STOのドサンが率いる開発チームは主要部署へと昇格しました。そしてドサンの契約が切れる頃でした。

この3年間、ドサンとダルミは一切連絡を取り合っていませんでした。

チョノからチョルサンのVlogにドサンが出ていることを聞いたダルミは久しぶりにドサンの姿を見て思いを馳せていました。ドサンもダルミの会社のCMを見て考え込んでいました。

ダルミはエレベーターでジピョンに会うと「今日うちに来てください。秋夕や正月に料理を食べにくるだけでなくたまには手伝いを」と誘いました。

家に帰ったダルミはインジェも誘うものの、忙しいと断られてしまいます。料理を手伝ったジピョンはダルミの家で寝てしまいます。

会話の声で目を覚ますもののダルミたちの微笑ましい会話を聞いて、寝たふりをします。すると、ダルミがウォンドクに「教会に行くよね?私の分もお祈りしてきて。自律走行車のターザンがテストを受けるの。だから試験に通るよう祈ってちょうだい」と頼んでいるのを耳にします。

翌朝、ジピョンに「今も寝てばかり?」とウォンドクの様子を聞かれたダルミは「はい。医者は特に異常はないと。仕事を辞めてから症状が出たので心理的な問題かも。また店を出させるべき?」と相談します。

ジピョンは「僕が店を用意しても?」と提案するものの「常務がなぜ?自分でなんとかします」と断られてしまいます。そんなダルミにジピョンは「まだ気まずいですか?辛い時僕を思い浮かべて欲しい、真っ先に」と言うものの、ダルミは動揺して黙り込んでしまいます。

その頃、1ヶ月の休暇をもらったドサンたちは韓国へ帰ることに。飛行機の中で3人は今後ソウルとサンフランシスコどちらで暮らすかを考えることに。

翌日、ジピョンはヨンシルに話しかけると「あなたは小心者です。アウトを恐れてバットを振れない。ためらい続けると結局敗者になります。勇気を出すのです。勝負に出るべきです」と言われます。その言葉で決心したジピョンはアクセサリーショップへ。

指輪を買ったジピョンは決意を固めダルミの元へ向かおうとすると、目の前にサンドボックスにドサンの姿が。

2人はサンドボックス内のカフェに座り、話をしているとジピョンの手にアクセサリーケースが握られているのを見つけたドサンは「誰かに贈り物を?」と聞きます。ジピョンは隠そうとするものの「ええ、ダルミさんに。今まで多くのものをもらったので」と正直に伝えました。

そしてジピョンは「一緒にダルミさんに会いにいきますか?」と誘うものの、ドサンは「いえ、結構です。約束があるので」と断ります。ジピョンが立ち去ると、ドサンはその場に立ち尽くしてしまいます。

ダルミは車に向かうものの、車のキーを忘れたことに気づきます。オフィスに戻ろうとすると帰ろうとしているドサンを見かけ、走って追いかけ声をかけるものの別人で、落ち込んでしまいます。さらにはコーヒーがかかってしまい、服が汚れてしまいます。

すると、そこに電話がかかってきてオフィスに呼び戻されます。

ターザンのソフトがランサムウェアに感染をしてしまい12時間以内に3億ウォンを振り込めと請求されてしまいます。サハに助けを求めるものの対応しきれずに頭を抱えてしまいます。

スポンサーリンク


連絡先から頼りになりそうな人物を探していると、電話がかかってきます。すると「ダルミ?ドサンだ。今どこだ。大丈夫か?」と言われます。ドサンの声を聞いたダルミは涙を流しながら「もちろんよ」と答えました。ですが、ドサンは「今すぐ行く」と言い出します。ダルミは「大丈夫だってば。なぜ来るの?」と聞くと「サハさんに聞いた。会社だろ?20分以内に行くから心配するな」と言われます。

ドサンは急いでオフィスに向かい、ランサムウェアを解決しようとします。そこにチョルサンとヨンサンも現れると3人で問題を解決します。

ドサンから「30分以内に復旧できそうだ」と言われたダルミは緊張から解放され、座り込んでしまいます。

ドサンとダルミは2人きりになると、ダルミは「完全に帰国を?」と質問すると「いや、休暇だ。来週戻る」と聞かされ落ち込んでしまいます。そしてダルミは「今日はありがとう」と伝えるとドサンから「僕もだ。久々に夢中になれた」と言われます。

翌日、ダルミの勝手な判断に腹を立てた会社の開発者2人が抜けてしまいます。

ジピョンはダルミの会社がランサムウェアに感染したことを聞くとすぐに事務所へ向かいました。ダルミから「もう解決しました」と言われたジピョンは「どうやって?」と聞くと「ドサンが解決を」と答えられ、複雑な表情を浮かべます。

その頃、ドサンもダルミの会社の開発者2人が辞めたことを知ります。ドサンは心配そうな表情を浮かべると、チョルサンが「他人の心配はいいから多数決を。アメリカで働き続けるか韓国に戻ってくるか」と切り出します。チョルサンは「数日過ごしてわかった。サンフランシスコはいい環境だが俺には退屈だ。帰国して気づいた、俺はスリルを求める。ドサン次第だ。アメリカで仕事を?それとも韓国に?」とドサンに意見を問います。すると、ヨンサンは「いつ俺が答えた。俺も韓国に1票だ。お前に決定権はない」と告げます。

それを聞いたドサンはサンドボックスに戻り、ダルミのもとへ向かおうとすると、ジピョンと出くわし「話がある」と言われてしまいます。

スタートアップ第13話の感想と考察

ドラマは一気に3年後のストーリーまで進みました。ダルミはドサンたちと話していたように自立運転システムを作り上げていました。3年という短期間で実現させたのは素晴らしいことだと思います。そしてダルミがインジェの会社に入ったことで、姉妹のいがみ合いはもう終わっていたようでした。味方になったことで2人の関係性も変わったのでしょう。

ドサンたちもサンフランシスコで成功を収め、契約更新の時期でした。3人も最初では考えられないくらい成長していました。環境を変え、成長を遂げたのだと思います。

ドサンとダルミは3年間一切連絡をとっていないようでした。きっと連絡を取り合ったら寂しくなるから取らなかったのでしょう。ドサンはダルミが出ていたCMを見て帰国を決意したようでしたが、会いに行く勇気がなかったようでした。そこにランサムウェアに感染したという情報が入ったことで、それを理由に再会できたのでした。ドサンにとってはいいアクシデントだったと思います。

2人は3年ぶりの再会を果たすものの、ぎこちなさを感じました。お互いに嬉しさを感じながらも3年間分の距離が開いてしまっているようでした。ですが、お互いにまだ好きな気持ちは残っているようでした。2人が復縁をするのか注目です。

それと同じくジピョンもいまだにダルミのことが好きなようでした。ですが、まだ先に進む一歩を踏み出せていませんでした。今までの関係を壊すのが嫌だったのでしょう。

チョルサンとヨンサンはドサンのために韓国へ残ることを決意したようでした。2人の心の中にはドサンの恋を応援したいという気持ちがあったのでしょう。素晴らしい友情です。

最後、ダルミとジピョンの表情を見るとジピョンが告白した後のような雰囲気を感じました。ダルミはなんと答えたのでしょう。そしてドサンはジピョンに「話がある」と言われていましたが、その話の内容は一体どんなものなのでしょう。

また、開発者が抜けてしまったダルミの会社とターザンはどうなってしまうのでしょうか。

まとめ

以上、スタートアップ第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です