スタートアップ(韓国ドラマ)第14話のあらすじネタバレ&感想考察!

スポンサーリンク


スタートアップ第14話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

スタートアップ第14話のあらすじネタバレ!

ランサムウェアに感染したという情報を聞いたジピョンはダルミの元に向かうものの「ドサンたちが解決を」と聞かされ、複雑な気持ちに。

さらにダルミは「自分が情けない。なぜこんな時に来るの?」と落ち込み、泣いてしまいます。そんなダルミにジピョンはブラインドを閉めると「落ち着くまでここにいるといいです。ドアに鍵を」と言い、事務所を去って行きました。

そして帰ろうとすると、エレベーターでドサンと鉢合わせてしまいます。事務所へ向かおうとするドサンを「話がある」と言い引き留めます。ジピョンは「ダルミさんに用が?それなら今日はダメです」というと、ドサンに「なぜ?」と聞かれます。するとジピョンは「その権利があります。3年という時間は関係が変わるほど長いです」と嘘を伝え、追い返します。

ジピョンはその発言を後悔すると、ダルミに電話をして「ドサンがそちらへ行くのを止めようと、僕が恋人のような発言をしてしまいました」と謝ります。そして「今なら会えますけど?」と言うものの、ダルミは「いいえ、どうせアメリカに戻る人ですから。私たちは3年前に終わりました」と断ります。

ダルミは電話を切ると、すぐにドサンから電話がかかってきます。ですが、ダルミはその電話を無視してしまいます。

翌日、韓国で生活することを決めたドサンたちは「投資を受けるために宣伝しないとな」と考えます。するとチョノに頼み、雑誌に載せてもらうことに。

その頃、ターザンの安全祈願を行おうとしていたダルミたちはドゥジョンたちの会社と以前所属していた会社の開発者たちが引き抜かれていたことを知ります。

それを見たインジェはすぐにモーニング・カンパニーへ。そしてドゥジョンたちに会うと「なんの真似?会社だけではなく今度は社員を奪われたので」と言います。するとサンウから「なぜ僕を気にする。所詮僕はバカだ」と過去の発言を持ち出されます。

それを聞いたインジェは「お父さん、10年前のことを覚えていますか?兄さんが詐欺に遭い5億失いました」と話し始めます。「関係ない話はやめろ」と口を挟まれると、インジェは「ふと気になったのよ。伸び悩む開発者を高額で買って何をするのか。その結果を見てお父さんがなんて言うのか。楽しみと言うより心配だわ」と告げ、宣戦布告し帰っていきます。

事務所に戻ったインジェはダルミに「開発者を見つけて」と頼みます。高いレベルの開発者を求めるインジェにダルミは「不可能です。簡単に見つかりません」と言うと「ドサン、チョルサン、ヨンサンは?韓国で起業するとか。知り合いなんだから何とか説得して」と頼まれます。

その言葉にダルミはインジェを別室に連れて行くと「私とドサンがどんな別れ方をしたと?」と聞くと「行きたくないという彼を突き放したんでしょ?」と答えられます。それに「知ってて説得しろと?姉さんが言ってるのはすごく残酷なことよ。私は彼に酷い事を言った。もう足を引っ張りたくない。そんな恥ずかしい事できない」と意見するものの「うちに引き入れることが彼の足を引っ張ることに?あの3人を引き入れなかったらあなたはクビよ」と言われてしまいます。

翌日、決意を固めたダルミは書類を持ち、ドサンたちのもとへ。事務所へ向かったダルミでしたが、あまりの投資家の多さに圧倒されてしまいます。

そんなダルミは「時間はある?話があるの」とドサンにメッセージを送るものの無視されてしまいます。痺れを切らせたダルミは事務所に入っていき、3人と顔を合わせます。

「何の用でここに?」と聞かれたダルミは「この前のお礼を言いたくて。それからスカウトするために」と告げます。そして資料を渡し説明を始めようとするとドサンが「知ってる。広告映像を見た。少しの間、席を外してくれ」とチョルサンとヨンサンに頼みます。

沈黙が続く中、ホワイトボードに書かれた過去のアイデアを目にしたダルミは「覚えてる?ここで3年前自律走行車について会議したよね」と切り出します。

するとドサンは「ダルミ、僕に言ったよな。幻想に浸って駄々をこねるなと。あれは本当に冷たい言葉だった。だけど今は理解できる。君が正しかった。君の好きな人は僕じゃなかったし、僕の好きな人も君じゃなかった。それを受け入れるのに3年かかった。もう惑わさないでくれ。君には2度と会いたくない」と告げます。その言葉を聞いたダルミは目に涙を浮かべながら「その言葉を改めて聞くと胸が痛い。すごく傷ついたよね。遅くなったけど、ごめん」と謝ると、事務所を後にしました。

その頃、サンドボックスに向かったヨンサンはジピョンを見つけると「起業するので事務所に空きがないかと。既に投資家たちが列をなしています。チーム長の意見を聞いても?」と頼むものの、断られてしまいます。

スポンサーリンク


ジピョンは帰ろうとすると、車に頭を打ち付けているダルミを見つけます。ジピョンは声をかけ「何か悩みが?」と聞くと「モーニングAIに開発者を奪われたのでCレベルの開発者を探してます。ドサンたちが適任かと。ドサンにその話をしたら何の迷いもなく断られました」と聞かされます。その答えに笑みを浮かべると、ジピョンは「彼を見直したな。個人的な事情でアドバイスはしたくありません」と伝えました。

その夜、家に帰ったドサンは父親に「捨てることもできず、忘れることもできない。どうしたらいい?」と打ち明けると、自転車で遠くに出かけることに。

ドサンは「疲れが悩みを覆いますように。頭の中の君を消して、眠れぬ夜を終わらせたい。新しく始めるために」という思いで必死に自転車を漕ぎました。

ですが、どれだけ疲れてもダルミのことを忘れることはできませんでした。そしてキャンプ地に着くと、そのまま眠ってしまいます。

その頃、アヒョンにウォンドクの目のことを聞かされたインジェはウォンドクの元へ向かうものの、視力が低下して自分が誰か認識していない姿を見て、ショックを受けてしまいます。そして車に乗り込むと弁護士に電話し、養子縁組の解消手続きを行うように指示しました。

ドサンは目を覚ますと、目の前にダルミの姿が。「どうしてここに?」と聞くと「ご両親に聞いた。頼み込んで聞いたの。あなたのジャケットを返したかったし、話もあったから」と言われます。ドサンは「話すことはない。なぜ来たんだ」と突き放し、帰ろうとしますが止められてしまいます。

ドサンは「どんな思いでここに来たと?君を忘れるためだ。やっとここまで来たのにたやすく来るな。僕は死ぬほど苦しいのに君は楽そうだな」と再び突き放そうとするものの「楽じゃなかった。すごく苦労してここまで来た。だから話そう」と言われ、仕方なく話を聞くことに。

ドサンは「なぜターザンに?」と名付けの理由を聞くと「あのターザンの話に胸が高鳴った。素敵だったから。成長に限りがないなんて夢が広がるわ。あなたはなぜ2STOで自律走行車の開発を?」と聞き返されます。「会社の指示だ」と答えるものの、ダルミは眠ってしまっていました。

ドサンは改めてダルミとの思い出を思い返すと「僕もあの時胸が高鳴った」と語りかけると、ターザンの資料に目を通します。

翌日、ヨンサンはソナクの元に向かい、相談をすると「自ら投資家たちに会いに行ってみては?」と提案されます。それを聞いたヨンサンはすぐにジピョンに会いに行きます。

ジピョンにも相談すると「3人が起業する理由は何ですか?結論はシンプルです。プログラミングする時に胸が高鳴るなら開発者に。会社の成長に喜びを感じるなら起業するといい。必要なのは最初をよく考えることです」とアドバイスを受けます。

ダルミはドサンに「どうすれば来てくれる?条件を言って」と詰め寄ると「もういい」と言われてしまいます。「せめて資料を読んで」というものの、バッグの中には資料がありませんでした。家に探しに行こうとすると、ドサンはダルミの手を掴み「僕が持ってるから行かなくていい」と告げ、ダルミの会社に入ることを決意します。

そして遂にターザンのテスト走行日を迎えます。

スタートアップ第14話の感想と考察

ドサンはジピョンとダルミが恋人関係だと勘違いしたことで2人のすれ違いが生まれてしまいました。2人の関係性を壊してしまった元凶はジピョンだったのです。ジピョンはそこまでしてでもダルミのことを諦め切れないのでしょう。

その結果、ドサンはダルミを遠ざけてしまいました。自分がいない間にジピョンを選んだと思い、それがショックだったのでしょう。そして、そのことを引きずりダルミからのスカウトを冷たくあしらってしまいました。きっとこの時にはダルミとの決別を決意していたのだと思います。ですが、最後に心動かされたのはダルミの真っ直ぐな姿勢と、忘れたくても忘れられない思いがあったからだと思います。

ダルミもインジェにドサンたちをスカウトしてくるように言われる前まではドサンのことをもう思い出そうとはしていなかったようでした。ですが、改めて会って「2度と会いたくない」と言われたときの涙を見ると、心のどこかでドサンに対する思いが引っかかっていたのだと思います。その気持ちがあったからこそ、ソウルから遠く離れた場所までドサンを追いかけて行ったのだと思います。

再び同じ会社で働き出し、同じ方向を向いた2人は再び恋愛関係に戻ることができるのでしょうか。注目です。

インジェもウォンドクの状態を知ったことでショックを受けているようでした。そしてそのことで気持ちを固めたインジェはドゥジョンとの養子縁組を解消しました。開発者の引き抜きなどが重なったことで、ドゥジョンとの関係を断ち切りたくてしたのだと思います。

最後、ダルミたちとモーニンググループの直接対決のような構図になっていました。ダルミたちはシステム面でモーニンググループよりも高い評価を受けることができるのでしょうか。

そして残り2話でどんな展開が待っているのか楽しみです。

まとめ

以上、スタートアップ第14話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

15話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です