謗法(韓国ドラマ)11話のあらすじネタバレ&感想考察!犬神

謗法,11話,ネタバレ

スポンサーリンク


謗法第11話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\謗法を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
FODプレミアム
独占見放題
◎2週間無料

今すぐ見る

謗法第11話のあらすじネタバレ!

10年前、チン会長の両親から依頼を受けたギョン巫女は悪霊に取り憑かれうなされるチン会長のお祓いをすることに。

儀式を終えると、ギョン巫女はチン会長を前に跪き「偉大な神にお仕えできるとは」と伝えます。チン会長に「なぜこんなことに?」と聞かれると、ギョン巫女は「誰かがあなた様を謗法したのです。誰かが術をかけてあなたの中にいる神を追い出そうとしたので神がお怒りになったんです。ですので私が神の怒りを鎮めました」と伝えます。

「誰が俺を?なぜだ?」と聞かれると「もしかして知り合いに祈祷師は?途中で謗法するのをやめたようですが、その祈祷師がまた術をかける可能性が」と言い、チン会長の名前と生年月日を書いてもらうことに。

そして占いを始めると「あなたは世の中を変える方です。しかし邪魔者が。今そいつを始末しなければ志は叶えられません。今すぐその祈祷師を始末しなければ。私にお任せください」と伝えます。

その日、ソジンの母親の元へ向かったチン会長とギョン巫女はソジンの母親を殺害し、家に火をつけたのでした。

そして現在。

警察では会議を行うもののイ常務が拉致した動機がわからずにいました。ソンジュンは「一連の拉致事件の首謀者がフォレストまたは会長だと証明することが事件解明の鍵になるかと。元社員の証言によると呪いの森というタグを細工したという証拠を隠すためとか。もしそれがバレたら上場は取り消されることになるかと」と話すと、署長は「動機には十分だ。組織ぐるみだという供述を引き出せ」と指示しました。

ソンジュンはイ常務を問い詰めるものの「私が首謀者です。犯人が自首しましたよ。どうします?」と1人で罪をかぶる発言をされてしまいます。

その頃、ジニとソジンはチン会長の母家に向かいました。そしてチン会長の母親を見つけると記者だと名乗りチン会長の母親に近づき家の中に入り込みます。

ジニは「チン会長のものは残ってないんですか?」と聞くと「何日か前に会社の人に持って行かれたの。これ以外はね」というと箱の中身を見せられます。

「子供の頃、あの子は勉強もできて優しい子だったの。会社を興したせいで離婚して家の金も使い果たして」と聞かされたジニは「チン会長とはあまり話さないんですか?」と聞くと「連絡も来ない。息子の悪口を言うのは気が引けるけど息子は変わってしまったの。別人みたいにね。10年前くらいから」とチン会長の母親は話し始めました。

スポンサーリンク


「近所に評判のいい祈祷師がいたから事業がうまくいくようお祓いをお願いしたの。うまくいったと思ったの。でもその日から電話1本よこさなくなった。だから嫁に電話して様子を聞いてみたの。そしたら子供の面会交流の日に姿を現さず連絡さえ取れないと言われたの。だからあの子の会社に行ったの。そしたら私のことをじっと見てた。初めて会うような目で。そして俺は息子じゃない、あなたの息子は死んだ、と言われたの。だけど実は犬神が憑いているせいだ、と」と話します。

それを聞いたソジンは思わず「その話は誰から聞きました?」と聞くと「祈祷師がうちを訪ねてきた。その祈祷師が。私は自分の娘を助けるために息子さんに悪霊を憑けてしまいました。息子のお祓いの時に娘に憑いてた犬神を息子に憑けようとしたと言うのよ。ところがその犬神は2つに分裂してしまい、娘にも息子にも憑いてしまうことに」と聞かされます。

その後、ソジンは「明日必ずチン会長を謗法する。私と会長が死ぬなら幸いですが、会長は簡単に死なないかも。何より心配なのは会長がフォレストに乗り移る前に謗法できるかです。儀式の際には他の祈祷師が結界を張るはず」と話すと、ジニも「儀式を妨害する方法はあるはずよ」と考えることに。

タク教授に「主導権を握れば勝てると言ってましたよね」と言われたことを思い出すと、ジニは「時間内に謗法できない時は私を謗法して。あなたが先に私を謗法すれば主導権を握れる」と伝えました。

謗法第11話を無料ですぐに視聴する

謗法第11話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、FODプレミアムで謗法第11話を無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら2週間無料で使える!
  • 毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)が貰える!
  • FODプレミアム独占見放題がある!
  • 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

謗法の無料動画を日本語字幕で見れる視聴方法をわかりやすくまとめています。

謗法の無料動画を日本語字幕で見れる視聴方法!

謗法第11話の感想と考察

チン会長に悪霊が憑いてしまったのはソジンの母親のせいだったのでした。しかも会長に憑いている悪霊は元々ソジンに憑いていた犬神だったのです。ソジンの母親のせいだとは見当がついていたものの、まさかソジンとチン会長が同じ同じ悪霊を二分していたのは驚きでした。だから2人に同じ聖痕があったのですね。

しかし、そのせいでチン会長は変わってしまい悪事を働くように。もしかしたら犬神が二分される時にチン会長の方に悪い部分が全て言ってしまったのではないかと感じます。自分の母親のせいだと分かったソジンはかなり責任を感じているようでした。

ついに、フォレスト上場の日を迎え儀式が行われてしまいますが、ソジンは無事謗法でチン会長を殺すことができるのでしょうか。そして、チン会長が死んでしまったらソジンはどうなってしまうのか注目です。

一方のソンジュンたちはイ常務を逮捕するものの、1人で全ての罪を被ろうとされてしまいフォレストを内部から崩すことはできませんでした。そんな中でソンジュンはイ常務とジニの言葉を頭の中で巡らせると、何か案が思い浮かんだようでした。まだその内容は明らかになっていませんが、画像編集を頼むようでした。ソンジュンの策でイ常務に白状させることができるのでしょうか。

最終回、どんな結末を迎えるのか楽しみです。

まとめ

以上、謗法第11話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です