謗法(韓国ドラマ)6話のあらすじネタバレ&感想考察!株式会社進境(ジンギョン)

謗法,6話,ネタバレ

スポンサーリンク


謗法第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\謗法を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
FODプレミアム
独占見放題
◎2週間無料

今すぐ見る

謗法第6話のあらすじネタバレ!

ジンスの妻の元に向かったソンジュンは「どうか夫の死の真相を明かしてください」と頼まれると「必ず明かします。なんとしてでも犯人に罪を償わせます」と決意を伝えます。

その後、ジニと会ったソンジュンは「ジンス殺しの黒幕がチン会長だとどれくらい確信を?」と聞くと「100%確信してる。チン会長は迷信に執着してる。今までの事件は全て会長の迷信深さが発端よ。呪いの森のタグと関係があるはず。その何かを可kスタメに拉致や殺人に手を染めたのよ」と聞かされます。

それを聞いたソンジュンが「会長が考えてることを知る方法は?」と聞くと「ミンさんを取材したときに気になったことが」と聞かされます。

取材でミンは「子会社に怪しい進境という会社が。その会社に毎年30億ウォン以上もの金が流れてます。経営者が祈祷師なんです」と語っていたのでした。

チン会長が祈祷師の指示で事件を起こしたと推理したソンジュンは捜査会議でそれを発表すると、進境が過去に犯した事件の罰金を払っていないことを理由とし捜索令状を請求することに。

さらにイ常務に出頭要請証を送ります。

その頃、チン会長は呪いの森にソジンが投稿されているのを目にします。ソジンの写真を見るとすぐにギョン巫女を呼び寄せることに。

ジニに連れられソジンがいるホテルへ。ソジンと初めて顔を合わせたソンジュンは「警察官として最善を尽くして捜査する。だから2人はここに隠れてて欲しい」と伝えます。

そしてソンジュンがホテルを出ようとするとジニは「進境の代表を身元照会してみて」と伝えます。ソンジュンを見送ったジニは心配するソジンに「私に考えがあるの」と告げます。

警察は進境の住所として登録されているギョン巫女の家に向かうと家宅捜索を行うことに。

ソンジュンはイ常務の取り調べをすることに。

贈賄や呪いの森のことについて追求するものの、うまく言い逃れられてしまいます。それでも疑念が拭いきれないソンジュンはイ常務の通話履歴を調べることに。

取り調べを終えたソンジュンはジニに電話をかけると「照会したところ代表は男だった。チョン・ジュボン」と伝え、ジュボンの身元照会を送ります。

ジニはそれを見せて「この顔に見覚えある?」と聞くものの、ソジンに首を振られ「この男は祈祷師の補助じゃないですか?」と言われます。

そして「この人の持ち物を入手できますか?」と聞かれると、ジニは「いいえ、その必要はないわ。彼は私たちがすでに入手してると思うはず。出かけましょう」と言いました。

その頃、ギョン巫女はチン会長の元に向かうと、呪いの森に投稿されていたソジンの写真を見せられます。

すると、そこにイ常務が現れ、ジニとソンジュンが協力し新聞社と警察が結託して陥れようとしていることを聞かされます。

それを聞いたギョン巫女が「会長を安心させるためにも早く謗法師を見つけて。見つからない時はその記者を痛めつけるのよ」と話すと、チン会長は「だからさっき写真を見せたんです。俺にお祓いした祈祷師には10歳くらいの娘がいた。この写真をタグ付けした子によると我々が呪い返しをした翌日から学校を休んでるらしい」と話します。

スポンサーリンク


チン会長はソジンが謗法師だと気づいたのでした。

そして「ソジンに直接合わせて欲しい。一度会ってこの子が謗法師か確かめないと」とイ常務に頼むものの、ギョン巫女に「あと数日で上場なのよ。今日だけは辛抱を。明日一流の祈祷師が到着するわ」と止められ我慢することに。

その夜、ジニはジュボンに「お前の写真と私物を持ってる。もし指定の場所に来なければ謗法で殺す」と脅迫するメッセージを送ります。

ジニはジュボンを待っている間謗法についてソジンに聞くと「術をかけられてる方も一瞬だけ謗法師の心が読めるんです」と聞かされます。「術をかけられたことが?誰があなたを?」と聞くと「子供の頃、母が私に謗法を」と聞かされてしまいます。

そこにジュボンが現れるとジニは「あの中に謗法師がいるの私の質問に答えたら助けてあげる。チン会長が呪い返した方法は?」と聞きます。すると「いつの先生が付喪神を取り寄せたんです」と聞かされます。「祈祷師に仕えてるの?」とさらに聞くと「はい。ジンギョン先生がしたことです。ですが本名ではありません。ホームレスの名義を借りてます」と答えられます。

そして「お前たちの企みは何?」と質問すると「チン会長とうちの会長がフォレストが上場する日に盛大に儀式を行います。僕は外国の呪具を買い集めてたんです。大きな霊力を使う儀式を行うんです」と答えられた、ジニは「お前は今から私の奴隷よ。チン会長と祈祷師の行動を毎日私に報告して」と頼みます。

謗法第6話を無料ですぐに視聴する

謗法第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、FODプレミアムで謗法第6話を無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら2週間無料で使える!
  • 毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)が貰える!
  • FODプレミアム独占見放題がある!
  • 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

謗法の無料動画を日本語字幕で見れる視聴方法をわかりやすくまとめています。

謗法の無料動画を日本語字幕で見れる視聴方法!

謗法第6話の感想と考察

ソンジュンたち警察はギョン巫女の事務所やイ常務の取り調べをするものの、うまく逃げられてしまいました。怪しいことを分かっていながらも手出しできない状況にソンジュンは滞りを感じているように見えました。過去の犯罪歴を引っ張り出して逃げ切られてしまったことで、次に彼らを取り押さえる手立てがなくなってしまいましたが、警察はどうするつもりなのでしょうか。

警察はギョン巫女の事務所にあったものを押収していましたが、警察側がどうそれを使って動くのか気になります。場合によってはソンジュンが盗み出し、ジニたちにギョン巫女のものを渡してしまうということもあり得るように思えます。

チン会長たちは呪いの森に投稿されていたソジンを見つけたことでソジンが謗法師であることを確信したようです。チン会長はすぐにソジンと会い、ソジンを殺そうとしようとしたもののギョン巫女はそれを止めました。上場があるからと止めていましたが、上場の時に行う儀式にその力を使うつもりなのかもしれません。さらに一流の祈祷師たちが韓国に集まるようですが、たくさんの祈祷師を集めてやる儀式とはどんなものなのでしょう。

ジニたちはジュボンを脅し、チン会長たちの思惑を聞き出し、内通者にすることに成功しました。これでチン会長たちの動きを知ることができますが、ここからどうジュボンを使っていくのか注目です。そしてギョン巫女が本名ではないことを知りましたが、ギョン巫女はなぜ名前を変えて活動しているのでしょうか。理由が気になります。

まとめ

以上、謗法第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です