謗法(韓国ドラマ)7話のあらすじネタバレ&感想考察!符籍

謗法,7話,ネタバレ

スポンサーリンク


謗法第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

\謗法を見るならココ!/

動画配信サービス配信状況無料体験
FODプレミアム
独占見放題
◎2週間無料

今すぐ見る

謗法第7話のあらすじネタバレ!

ジュボンから上場の日に向けて来韓する祈祷師名簿を受け取ったジニはあまりの祈祷師の多さに驚いてしまいます。

そしてジュボンから「祈祷師によって役割が違うそうです。それぞれで厄払いするとか」と聞かされます。「誰が指揮を取るの?」と聞くと「大友先生が儀式の中心だとか」と答えられます。

ジニは「大友が行う儀式の目的は何?」と聞くものの「わかりません」と言われてしまいます。

その頃、空港に日本から大友が韓国へ到着します。大友はギョン巫女と会うとすぐにチン会長の居場所を移すように言われます。そのことはすぐにイ常務にも伝えられます。

ジニが電話を切ると、ソンジュンが部屋に。ジニはソンジュンと共に大学教授に進境にあった呪具を鑑定してもらいに行くことに。ソジンは自分もついていくというものの、ソジンは置いていくことに。

電話を切った後、ジュボンはギョン巫女の本棚を探しているとその中から呪いの森名簿を見つけます。その中には今まで呪いの森のタグで投稿された人達がびっしりと。ジュボンはチン会長たちの計画を悟ります。

ソンジュンは運転中ヨンスからチン会長が家を移ったことを聞かされます。それを聞いたジニはすぐにジュボンに移動した理由と場所を調べるように頼みます。そして会長の私物を手に入れてるよう指示します。

その後、大学についたジニとソンジュンは教授のタクと会うことに。「写真の呪具の使い道は分かりましたか?」と聞くものの「まだ全部見れてませんが、明確な目的があるようです。これらの呪具は人の体から悪霊を払うためのものです」と答えられ、ジニたちは落胆してしまいます。

すると、そこにヨンスからチン会長たちがヤンジュ市の天宝山の山の中に入って行ったと報告を受けます。ジニはすぐソジンに「天宝山について何か知ってる?」と聞くものの「分かりません」と答えられます。

その頃、ジュボンはギョン巫女に連れられ大友の元へ。

ジュボンは大友に挨拶すると「こいつお前に仕えてないぞ。最近はもっと大きな神に仕えてる」と言われてしまいます。それを聞いたギョン巫女は2人で話をすることに。

スポンサーリンク


2人になるとギョン巫女はジュボンに呪いをかけます。そしてジュボンのカバンを開けると呪いの森の名簿が。「なぜこれが?あいつらに渡そうと?」と聞かれると、ジュボンは「あいつらに僕の名前と私物を使って呪い殺すと脅されて。どうかお許しください」と説明するものの「目にもの見せてあげる」と告げられ…。

大学を後にしたソンジュンは「この事件のことは俺たちに任せてほしい。オカルトで解決する問題じゃない。おかしいだろ。ソジンの言うことだけを信じて常軌を逸してる」とジニに告げるものの、ジニは「私は私のやり方でやる」と喧嘩になってしまいます。

そこにジュボンから「会長の私物を入手しました。すぐに連絡を」と連絡を受け「人の多いところで会いましょう」と言われたジニは言われた場所へ向かうことに。ジニはソジンにも伝えると、ソジンもすぐに指定された場所へ向かうことに。

しかし、ジュボンはギョン巫女に脅されていたのでした。

タクから「資料の後半部分に載っていたものは悪霊を憑依させるものなんです。憶測に過ぎませんが、体から悪霊を払った後で再び悪霊を憑依させる目的かと」と報告を受けます。

ソンジュンは悩んだ結果、そのことをジニに伝えることに。それを聞いたジニは「チン会長に憑いている悪霊を他に移すの。それが上場の日の儀式の目的よ」と確信します。

ジニは指定された場所でジュボンを待っていると、ギョン巫女が現れ誘拐されてしまいます。ソジンはそれを陰から目撃します。

謗法第7話以外の韓国ドラマを無料ですぐに視聴する

謗法第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、FODプレミアムで謗法第7話を無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら2週間無料で使える!
  • 毎月「フジテレビの日」(最大1200ポイントプレゼント)が貰える!
  • FODプレミアム独占見放題がある!
  • 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

謗法第7話の感想と考察

チン会長たちは世界中から祈祷師を集めて何かをしようとしていました。呪具を集めてチン会長の悪霊を移すのが目的なのか、それとも呪いの森名簿に書かれた人物たちを殺すのが目的か、それともその両方か。チン会長たちの真の目的がなんなのか気になります。

また、日本から来た大友という祈祷師が主体となり儀式を行うようでした。大友はジュボンの裏切り行為を見抜くなど力を見せつけていましたが、大友は一体どんなパワーを持っている人物なのでしょうか。

一方、ジニとソンジュンは捜査中に喧嘩してしまい、それぞれ捜査することになってしまいました。ソンジュンがジニがおかしくなってしまったのではないかと心配する気持ちもわかります。

そんな中でタクから「体から悪霊を払った後で再び悪霊を憑依させる目的かもしれない」と報告を受けたことでジニの言っていることを少し信じかけているように見えました。この2人が和解し再び協力することができるのか気になります。

しかし、ジニはジュボンの更なる裏切り行為によりギョン巫女たちに誘拐されてしまいます。ジニを誘拐した目的は一体なんなのでしょう。そしてその一部始終を目撃したソジンはどんな行動を起こすのか注目です。

まとめ

以上、謗法第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です