シーシュポス12話のあらすじネタバレ&感想考察!

シーシュポス,12話,ネタバレ

スポンサーリンク


シーシュポス第12話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

11話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

シーシュポス第12話のあらすじネタバレ!

現代に戻っていたソヘはドンギと再会します。

2人になるとソヘは「バンカーよ。誰が作ったかわからない。10月31日に戦争が起きて、お父さんと15年暮らしたの」と1枚のメモを渡します。それを見たドンギに「お母さんは?」と聞かれると「お母さんは…」と言葉に詰まってしまいます。

その様子を見たドンギに「わかってたのに、なぜ早く逃げなかったんだ」と聞かれたソヘは「逃げられない。空港で出国制限をしてるの。取締局に追われてると渡航できない。お母さんとの約束をお父さんは守った。大事に育ててくれたわ。聞きたいことはわかってる。なぜ過去にきたのかと?来させるはずないのに。来させてくれたの、ありがとう。優しくしてくれた人たちを救いたいの。戦争など知らず、愚痴を言いながらも平穏に暮らせるように。私が必ず変えてみせる」と伝えました。

その頃、テスルはパク社長を「兄に何をした。いう約束だぞ」と問い詰めると「テサンはシグマに捕まり、拷問を受け、鍵を奪われた。金庫の位置まで教えたが、取締局にいたアグネスが隙をついてテサンを連れ去った。鍵も一緒に」と聞かされます。「お前ら全員グルだったのか?シグマもソジンも取締局も?」とさらに問い詰めると「グルとは言えない。仕事上の関係だ。とにかくその後、私がアグネスからテサンを奪った。そして提案したんだ。鍵を取り返してきたら、弟のテスルを私が守ってやると」と聞かされます。

その言葉にさらに「戦争が起きたら鍵を持って過去に来いと?」と聞くと「そうだ。初めて私と話した時のことを覚えてないか?金浦で」と言われ、テスルは当時のことを思い出します。

そして「その後テサンはまたシグマに捕まったんだ。それでアグネスは焦った。図面まで奪われたらおしまいだと思いあの注射をテサンに打っちまったんだ。とにかく私は鍵をテサンからもらって、私は弟のお前に多方面で支援してやったってこと」と言われます。

そこにソヘがやってくると「ここを出たい」と言われるものの、パク社長に止められるとアップローダーを直すことに。

そして帰ろうとするものの、パク社長は銃を構えると部下が銃に打たれて歩けなくなったこと、取締局に捕まったこと、全ての責任をソヘに負わせようとします。ですが、ソヘは「おじさんのせいでしょ。決まってたんでしょ。取締局に連行されたのも家族に会えないのも。なのに私に八つ当たりする気?」と反論します。

それに「そうだ。どうにもできないから腹が立つ」と言われると「無力だと言えばできない言い訳になると?ただの弁明でしょ。でもね、1つ教えてあげる。少し変わったの。撃たれるのは私だった。歩けなくなると日記帳に書いてあったの。あげる。あなたと違って私には未来を変えられるの」と告げ、薬を渡すとそのままアジアマートを後にします。

外に出るとテスルは「他にも知ってることは?」とソヘから聞き出そうとするものの、ソヘにあしらわれてしまいます。

その夜、、ソヘから「墓を見たの。私の墓よ。日記を見つけた所に。そこであるものを触ったら夢を見るように。今後起きること」と聞かされたテスルは「タイムパラドックス?」と確認すると「最後に見たのは教会だった。私たちの結婚式だと思う。そこで撃たれた。シグマがあなたに選べと」と聞かされます。

シグマから選択を迫られた経験があったテスルは「お前かこの世どちらかを選べと?」と聞くと「なぜそれを?」と聞き返されます。「お前が意識を失ってる間シグマに会った。アップローダーを作れと」と答えると「シグマを追うなと言ったのはこうなるからよ。あなたは選択を迫られて結局は。同じ状況になってもアップローダーを作らないで。どのみち私は死ぬの」と言われます。テスルは「次は死なせない」と反論するものの「約束して、作らないと」と約束させられます。

スポンサーリンク


その後、シグマが書いたと思われる絵を見たソヘは「変だと思わない?この辺り、未来にはないわ」と違和感に気づきます。

翌日、詳しく絵を調査すると、変な絵が現れます。

見覚えのあったテスルは「あれは幼い頃に見た絵でシグマは俺を知ってる」と言うと、小学校の卒業アルバムを見返すことに。

すると、学級文集の中から「墜落する飛行機を直すテスル」という題名の絵が。さらに「タイムマシンを発明したテスル」などの絵を見つけるものの、名前のところだけ切り取られてしまっていました。

2人はすぐにテスルの通っていた小学校へ。

そこにいた教師に文集を見せてほしいと頼もうとすると、名前がバレ写真をお願いされます。テスルは仕方なく応じることに。

そしてテスルたちは文集を探しに行くと、その教師は写真を取締局に送ります。その通報を受けた取締局はすぐに学校へ向かうことに。

そこでウォンジュという人物を見つけます。それを見たテスルは「こいつだ」と話すと、過去の記憶を思い出します。

小学生の頃、ウォンジュから「テスルは将来立派な大人になるんだ。未来のことがわかるから。僕が描いたことは現実になる。お前はこの世を救う、見たんだ」と言われたことを思い出します。

さらに記憶を思い出したテスルが「最初に乗せろと。アップローダー」と呟くと、ドアを叩く音が。

外に出るとさっきの教師が襲いかかってきます。

なんとかその教師を倒すと「テスル、遊ぼう」と呼ぶ声が。

テスルが校庭を見ると、そこにはシグマの姿が。

シーシュポス第12話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

シーシュポス第12話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シーシュポス第12話の感想と考察

ドンギはソヘと会うものの、まだ本当なのか信じられない様子でした。急に自分の娘が大人になって現れたのだから仕方ないと思います。ただ、ドンギはソヘの気持ちを容認することにしたようでした。命の危険があることをやろうとするものの、それを止めなかったのは父親なりの優しさだと思います。2人はいい親子関係なのだと思いました。

テスルはアップローダーを直すもののパク社長は腹の虫が治らなかったようでした。自分の家族を助けることができず、自分が無力なことが相当悔しいのでしょう。ですが、ソヘから未来が少し変わったと聞いたことで、パク社長は少し未来に希望を感じたように見えました。本当に未来を変えることができるのでしょうか。気になります。

そして今回でシグマの正体が明らかになりました。シグマはテスルの小学生の頃の同級生ウォンジュだったのでした。ウォンジュは小学生時代から未来を予知していたようでした。なぜこの時ウォンジュは未来を知っていたのでしょう。もしかしたら、この時の自分にもシグマは会いに行っていたのかもしれません。

ウォンジュは小学生の頃から不思議な子供だったようで、テスルから習った化学反応を使い、家庭内暴力をしていた父親もろとも家を吹き飛ばしていました。その後のウォンジュの行動を見ても、ウォンジュはいじめられていたせいか、復讐心が強いようでした。これを見ると、シグマが戦争を巻き起こしたのも納得できます。

過去を思い出したテスルはシグマと相対することになりそうですが、この2人の直接対決はどうなるのか楽しみです。

まとめ

以上、シーシュポス第12話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

13話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です