シーシュポス13話のあらすじネタバレ&感想考察!

シーシュポス,13話,ネタバレ

スポンサーリンク


シーシュポス第13話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

12話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

シーシュポス第13話のあらすじネタバレ!

ウォンジュが中に入ってくると、テスルとソヘはすぐに外へ出ようと試みます。しかし、取締局の狙撃が激しく中々逃げ出すことができませんでした。

資料室に追い詰められてしまうと、ソヘはどうにか脱出をしようと考えるものの「変だわ。入ってこない。まるで私たちを待ってるみたい」と違和感を感じます。

テスルが「まさか、前回出てきたから?」と気付き、ソヘも「未来を変えないために待ってるんだわ」と気づくと2人は資料室に立て篭もることに。

何かを思いついたテスルは壁に現在の時間を掘り「タイムマシンが実在するなら招待状を見た未来人が来るはずだと」と助けを求めることに。ソヘは「これを見て誰かが未来から来ると?」と疑問を抱きながらも、見守ることに。

助けを求めると、外から銃声が。テスルのメッセージを見たスナイパーでした。

資料室の取締局の連中がいなくなったタイミングを見て、外に出ると無線から「会長」と呼ぶ声が。テスルは恐る恐る無線機に反応すると「車を用意したので東口へ」と言われます。

テスルたちは言われた通り外に出るとそこにはボンソンの姿が。

なんとか逃げ、落ち着くとボンソンは「会長の足跡をたどりました。そして小学校でメッセージを見つけました。会長、戦わないで、勝てません。あの女性と一緒の墓を見たんです」と伝えます。ですが「わかってる。今回は死なない。俺に解けない問題があったか?」と切り返します。説得できないと悟ったボンソンは「シグマは知ってます。いつ、どこで何が起こるのかを。本当に勝ちたい?死んでも?」と聞くと、ポケットからカンを取り出し「他に方法がなくなったときに開けてください」と告げ、そのカンをテスルに渡すと、そのままボンソンは消えていってしまいます。

その頃、エディはテスルの残した資料を使いアップローダーを完成させようとするものの、うまくいかずに思い悩んでしまいます。

その夜、ソミンを呼び出すとテスルに対するぐちを漏らします。それを聞いたソミンは「彼に勝ちたい?教えてくれと私に聞いたわよね。知りたければ一緒に来て。でも覚悟して。私と来たら後戻りはできない」と聞きます。

一方、テスルはドンギから電話がかかってくるとウォンジュの住民登録が抹消されていたこと、著作権申請のためにギルボクというペンネームを申請していたことを聞かされます。

翌日、アジアマートにアップローダーからキャリーバックが届きます。パク社長はそれを開けると、中にはソヘ宛の小包が。

その頃、画家をしていたギルボムは何事もうまくいかず思い悩んだ末、自殺しようとしていると電話がかかってきて、自画像をテスルが買ったことを聞かされます。

さらに、ギルボムの家にテスルとソヘが訪ねてきます。家に入り込んだソヘは「生かしておくと悲劇が起こるの」とすぐにギルボムを殺そうとするものの、途中で幻覚を見てふらついてしまいます。テスルに支えられたソヘは「変なのが見えた、何か変だわ」と話すと、テスルは代わりに銃を構えることに。

エディはソジンにチャエ病院に連れて行かれると国務総理や長官たちが集まっている部屋に連れて行かれます。そこにはシグマの姿も。シグマが席に座り「空の異変に気づかれずミサイルを投下してやる」と告げるのを聞くとエディは初めて「テスルの話は全部本当だったのか」と気づきます。

そしてシグマが指示で画面に映像が映し出されると、映っていたのはテスルがギルボムに銃を向けている姿でした。

スポンサーリンク


テスルは撃とうとすると「やめろ、ハン会長。なぜ居場所がわかった?」とシグマから電話が。

テスルは「こいつを撃ったらどうなるんだ?」と聞くものの「打てなかったから私がここにいるんじゃないか」と言われると「じゃあ試してみよう」と銃を構えます。

しかし「テサンに会ったろ。過去に隠れてるテサンの体がどこかにあるわけだろう?部下たちが世話してるはずだ。私を生かせばその女の時みたいに兄さんを連れ戻せるぞ。それに今撃つと、その女も消えるぞ」と言われると、テスルは思いとどまってしまいます。

そして帰ろうとすると、そこにパク社長が。未来から届いたという荷物を受け取ったソヘが荷物を開けると、そこには切断された手と銃とドンギの写真が。

泣き崩れたソヘは銃を取り、ギルボムに向けるもののテスルはギルボムを守ろうとします。ソヘは「なぜかばうの?チャンスは2度とないわ」と話すものの、テスルはギルボムの前に立ち憚ります。

しかし、ソヘはテスルを突き飛ばすと銃を放ちました。

シーシュポス第13話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

シーシュポス第13話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シーシュポス第13話の感想と考察

テスルたちは取締局に追い詰められ命の危機を迎えますが、機転を効かせたテスルのアイデアでなんとか逃げ切ります。緊迫した中でも、アイデアが浮かぶテスルは本当の天才なのだと思います。

ボンソンに助けてもらったテスルはボンソンが消える前に1つのカンを受け取りました。他に方法がなくなった時に使うように言われていましたが、ボンソンがテスルに託したのは一体なんなのでしょう。そしてテスルがそれを使うタイミングはいつになるのか注目です。

その後、テスルはシグマではなく、現代に生きているウォンジュを探しました。画家をやっているウォンジュを見つけ出し、殺すチャンスを得るものの、テサンはソヘが消えてしまうと聞かされ思い止まってしまいます。戦争よりも自分のエゴが勝ってしまったのだと思います。シグマはうまく人間の心理をついて攻めてきているなという印象を持ちました。

さらには、2度とチャンスがないと知っていて、なおかつ父親の手らしき荷物を受け取ったソヘと衝突してしまいます。ソヘは自分の父親が殺されないように、ここでウォンジュを殺そうとしたのだと思います。これもシグマがうまく心理を読み、仲間割れさせているようでした。人間のエゴは非常に怖いものです。

最後、ソヘはギルボムに向かって撃ちましたが、あの球はどこに当たったのでしょうか。そして各自の命がどうなったのか気になります。

さらに、エディは自暴自棄になってしまったことでジミンに言われるがままシグマたちの元に向かってしまいました。テスルが言っていた頃が本当だと気づくものの後戻りできなくなってしまったエディはここからどうするのでしょうか。

まとめ

以上、シーシュポス第13話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

14話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です