シーシュポス6話のあらすじネタバレ&感想考察!

シーシュポス,6話,ネタバレ

スポンサーリンク


シーシュポス第6話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

5話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

シーシュポス第6話のあらすじネタバレ!

19年前、テサンは地下鉄の電気工事をしていると停電になってしまいます。線路の上を見ると、1人の男の姿が。テサンは助けに向かうと、その男のポケットにテスルとテサンが映る写真、そしてその裏にはテスル襲撃日との文字が。

朝、テスルとソヘは警備員のいない時間を見計らって家から脱出することに。

そしてその夜、ソヘはテサンを探すためにエディの主催するパーティーに忍び込むことに。テスルはいざとなった時に建物全体が停電になり通信も途絶えさせることができるEMPをソヘに持たせました。

その頃、取締局の面々もソヘを暗殺するためにパーティー会場へ。

ソヘがパーティーに忍び込むと、テスルに2階に忍び込むことに。ソヘは会場内を歩いているとエディから話しかけられます。「なぜここに?」と聞かれたソヘは「友人の誘いで」と答えると「誰ですか?招待客は全員知ってます」と聞かれます。困っているとテサンの姿を見つけます。ソヘは話を切り上げ、後を追いかけることに。

2階に忍び込んでいたテスルはハンヨンのオフィスで量子テレポーテーション技術の移転契約をシグマと結んでいるものを発見します。すると、そこにハンヨンが現れます。

テスルは「これはどういうことですか?シグマって誰です?」と問い詰めると「うちの株主だ。以前からだ」と言われ、契約書を見るとそこには自分のサインが。

そんな中、ハンヨンの携帯に取締局から「1分後に作戦実行」とメッセージが届きます。テスルは「株主に話します」と告げるものの、ハンヨンから「一体何を?シグマに会社を奪われそうだ、と?タイムマシンで未来から人が来てる、と?知らないと思ったか?誰も君の言葉は信じない。大人しくしてろ、でないと兄のように。抵抗するな、ここは取締局に包囲されてる」と言われます。

驚いたテスルは「ふざけるな、殺してやる」と首に手をかけるものの、後ろからソジンに注射を打たれてしまいます。

ソヘはテサンを追いかけると、エディに後をつけられてしまいます。すると、テサンに別室に引き込まれ「君のことは知ってる。テスルに近づくな。カン・ドンギの娘だろ、弟の身に危険が及ぶ。最後の警告だ、次に会った時はこの手で殺す」と言われます。

ソヘは部屋から出ると、取締局に追い詰められてしまいます。なんとか外に逃げ出したソヘだったものの、足を怪我してしまっており、思ったように動けませんでした。

EMPを使い逃げようとするものの、停電から復帰すると目の前にヒョンスンたちの姿が。絶体絶命かと思われたその時、一台の車がソヘの前に。その車にソヘは乗り込み逃げることに。

後日、意識を取り戻したテスルが目を開けるとそこにはエディとソジンの姿が。テスルはエディに「お前ら、何を企んでる。ソヘはどこだ。あいつが助けてくれて隠れてたんだ。シグマはどうなった。兄さんは?」と問い詰めるものの、何も答えてもらえず。

テスルは「ソジン、訪ねていったよな?お前の病院に。確か8月19日のはず。治療した女はどこにいる」とソジンを問い詰めるものの「今日が8月19日よ」と言われ、衝撃を受けます。

信じられないテスルは「お前らグルなんだろ。俺は騙されないぞ、誰に指示されたんだ。全部知ってるんだぞ、契約書を見たからな。アップローダーのためにシグマに技術を渡すんだろ。誰の指示か白状しろ」と告げると、病院から逃走を図ります。

ですが、捕まってしまうと再び注射を打たれてしまい眠らされてしまいます。

その後、検査を受けたテスルは作話症と判断されてしまいます。

後日、家に戻ったテスルはエディに「今日までお前とは友達だった。今も友達なら正直に言ってくれ。嘘なんだろ?」と聞くものの「俺もそう思いたい」と言われてしまい、現実を受け入れざるを得なくなってしまいます。

その夜、1人でソヘのことを思い出したテスルは思わず涙してしまいます。

スポンサーリンク


その後、ソジンから治療をうけ薬を飲んだテスルは急に苦しくなってしまいます。テスルは「お前、俺に何を飲ませた?」とソジンを問い詰めると「鍵はどこにあるの?」と問い詰められます。しかし、テスルは口を割らず。

家に帰ったソジンはハンヨンに呼ばれ「鍵は?」と聞かれると「必ず見つける」と伝えます。するとハンヨンから「私たちが見つけるんだ。あの薬を入手できなければヨンスクは死ぬ」と言われます。

日にちの改竄はハンヨンとソジンが仕組んだことだったのでした。

薬を飲まされ、意識を失っていたテスルはソヘの夢を見ます。カンファレンスから1ヶ月が立っていることを知らされると、カップの割れる音で意識を取り戻します。

そのカップを見ているとソジンから「話の続きをしましょ。鍵はどこにあるの?」と聞かれます。テスルは「妄想の中の鍵がそんなに重要か?それとも現実なのか?」と返すと、カップの中にEMPと写真が入っているのを見つけます。

それを手にしたテスルは「俺があげたものがここにあった。もういいだろ?足を怪我するなよ」と言うとEMPを使い、家から脱出します。

逃げ出したテスルは途中で、固定電話を発見すると、電話線を繋ぎすぐにソヘに電話押します。そして「よく聞け、過去と現在と未来の中で信用できるのはお前だけだ。家から逃げて来たんだがすごく危険な状況だ。助けに来てくれ。漢南の工具店街だ」と助けを求めると「伏せて。早く伏せて」と言われます。言われた通りにすると、背後からきた人物が射殺されます。

その後、なんとか逃げたテスルはソヘと再会を果たします。

シーシュポス第6話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

シーシュポス第6話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シーシュポス第6話の感想と考察

テスルとソヘはパーティーに潜入するものの、すでに取締局に囲まれてしまっている状態だったのでした。取締局とハンヨン、ソジンたちはグルだったのです。2人は自ら危険な場所へと足を踏み入れていたのでした。

そこでテスルはハンヨンが勝手に量子テレポーテーション技術の移転契約をシグマと結んでいる契約書を発見したのでした。ハンヨンはテスルのいない間に量子テレポーテーション技術をシグマに渡してしまいたかったのでしょう。ハンヨンは未来から人が来ていることなどもすでに知っていたようでしたが、ハンヨンは一体何者なのでしょう。そしてなぜそこまでのことをするのか気になります。

さらにソジンもソヘのことを幻覚だと思わせようとして、日にちの改竄を行ったり、薬を飲ませて鍵のありかを吐かせようとしていました。ソジンとハンヨンは親子だからきっとグルなのでしょう。テスルは恋人だったソジンが自分を狙う敵だとわかり、ショックだったと思います。

そんな中で、ハンヨンはソジンと話している最中に「あの薬を入手できなければヨンスクは死ぬ」と言っていましたが、なぜ鍵を狙っているのでしょうか。金庫の中の資料を手に入れることでヨンスクという人物が助かると言うことなのでしょうか。この2人が鍵を狙う本当の理由が気になります。

テスルは騙されそうになるもののソヘのおかげでなんとか嘘を見抜き、逃げ出すことに成功しました。そして再びソヘと合流を果たしました。現状、テスルとソヘはお互いのことしか信用できない状態なのだと思います。

身近な人たちが黒幕側の人間だと知ったテスルはこれからどうするのでしょうか。テスルたちの行動に注目です。

そして最後、テサンは何者かに捕まっていましたがその犯人、そして本当の黒幕は一体誰なのでしょう。

まとめ

以上、シーシュポス第6話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

7話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です