シーシュポス9話のあらすじネタバレ&感想考察!

シーシュポス,9話,ネタバレ

スポンサーリンク


シーシュポス第9話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

シーシュポス第9話のあらすじネタバレ!

目を覚ましたソヘは「奴は?」とテスルに聞くと「シグマも逃げた。だけど調べさせてはいる」と答えられます。ソヘは「私たちはキム・ドンヒョンを?」とすぐに出かけようとすると、テスルは「いや。いくら核戦争が近くても今日は休もう。誕生日だろ?おめでとう。一緒に出かけないか?」と告げ、ソヘを遊園地へ連れていきます。

遊園地を楽しんだ2人はベンチに座るとソヘは急に「シグマはどうするの?」と聞きます。テスルは「あの家を調べさせてる。全てを頼りに奴を見つける」と答えると「見つかったら?」と聞かれ「直さないと。俺が壊したんだから。だからシグマを見つけたら全部直す。でも1つ気になる。俺たちがシグマに勝ったらお前はどうなる。起こらない未来から来たから消えてしまうってことか?」と聞くと「多分ね」と答えられます。

そしてテスルが売店に買い物に行き、席を外すとソヘの前にソヘの母親が。ソヘは思わず涙ぐんでしまいます。

売店でアイスを買ったテスルの元に非通知の番号から電話が。電話に出るとシグマに「驚いたよ。良識ある人だと思ってたのに不法侵入とは。カチューシャが似合ってた。会いたい?」と言われます。テスルはすぐに「当然だろ。隠れてないで出てこい」と問い詰めると「女と世界どっちを選ぶ?2人だけで会いたいからあの女を取締局に通報しておいた。女を救いに行くか、私に会いに来るか。どちらかを選べ」と選択を迫られます。

そして目をやるとソヘの周りに取締局の連中が。ソヘはなんとか対抗するものの、暴走したヒョンギに打たれてしまいそのまま取締局に連れて行かれてしまいます。

気を失ったソヘは幼い頃を思い出していました。

2020年10月31日。核戦争が起こると、ソヘたち一家は逃げていたものの気が狂った男にソヘの母親が刺されてしまっていたのでした。そのまま核シェルターに逃げ込もうとするものの、自動開閉装置が作動しませんでした。傷が深く自分の身が持たないと思ったソヘの母親は自らが犠牲になり、核シェルターを外から閉めることを選び亡くなっていたのでした。

ソヘは意識を取り戻すと拘束されてしまっていました。

すると、そこにヒョンスンが。ヒョンスンは注射を取り出すと「この注射をくらうとダウンロードされた者たちが分解され原子の状態で彷徨うってわけだ」といい、ソヘに打ちます。そして「あと2回食らうと完全に消え去る。全てお見通しだから正直に答えろ。ハンに近づいた目的は?2人で何を企んでる。最後の日に何か起こるんだろ」と聞きます。ソヘは「お見通しなんでしょ?なぜ聞くの」と反論すると、もう1本注射を打たれてしまいます。

その頃、パク社長の監獄の横にアジアマートの職員のソノが。意識を失うソノを見たパク社長は取締局の局員1人を捕まえると「私は明日の昼に歩いてここを出る。どうやって出るか気になるだろ。よく聞けよ、このドアが大きく開き、私はあいつらを連れて歩いて出ていくことになる。そして取締局の奴らを皆殺しにしてやる。でもお前は助けてやるよおいつに薬を飲ませてくれ」と脅し、取引をすることに。

その夜、家に戻ったテスルは取締局に連れて行かれた時の記憶を思い出し、推理をして「ここだ、チャエ病院。ソジンがここの出身だ。運営はQ&Tの財団。一見普通の病院だけど地下4階は通信不可だ。あいつらもグルだったとは」と検討をつけます。

翌日、会議を行っているエディの元へいくと「書類を1枚頼みたくて」とチャエ病院後援事業の書類を頼みます。

スポンサーリンク


書類を受け取るもののエディに「ソジンに会いに行く気だろ。悲しみが癒えてないのにひどい男だな」と言われたテスルは「ひどいのはソジンの方だろ?お前もだ、悪賢い奴め」と反論するとエディに胸ぐらを掴まれてしまいます。そしてもみ合いになると、エディに「帰れ、2度と来るな」と言われてしまいます。

会社を後にしたテスルはソンをエディに変装させチャエ病院へ。

病院内に侵入したソンへテスルは車の中から無線で「13号機のエレベーターで地下4階へ行け」と指示を出します。ソンは隔離区域に入り込みます。

その頃、ソヘは母親の恨みを晴らそう暴走したヒョンギによって3本目の注射を打たれてしまいます。そして銃口を向けるヒョンギにソヘは「誰が犯人なのかはもうどうでもいいのよね。憎いのは私じゃなくてあなた自身なんでしょ?死ぬほど悔やまれて怒りがおさまらないんでしょ」と告げます。

サーバー室に入り込んだソンにテスルは「メインフレームサーバーにUSBを挿せ」と指示を出すと、ソンはメインフレームサーバーを見つけ、テスルから受け取っていたUSBを挿します。それを聞いたテスルはすぐに出てくるように指示を出します。

テスルは病院内に入り込むと、停電させ火災報知器を鳴らしパニックを起こします。

銃を突きつけられていたソヘの元のスプリンクラーも作動すると「来た、彼が来た」と告げます。

シーシュポス第9話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

シーシュポス第9話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTで韓国ドラマを無料で見ることは可能です。

  • 初回登録なら31日間無料で使える!
  • 他の配信サービスより韓流ドラマの作品数が一番多い!
  • U-NEXT 独占見放題がある!

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

シーシュポス第9話の感想と考察

ソヘの誕生日を祝うためにテスルは遊園地へ連れて行っていましたが、この時の2人の様子を見ると本当のカップルのようでした。その姿を見ると、将来2人が結婚している写真があるのも納得できるような気がします。早く恋愛関係に発展してもらいたいです。

ソヘは遊園地で母親と再会を果たしました。ソヘの母親は核戦争が起こった日に自ら死を選んでいたのでした。そんな悲しい過去があるからこそ、ソヘは母親の姿を見て涙してしまったのでしょう。ソヘはこのような悲しい過去があるからこそ、どうにかして核戦争を止めないとと意気込んでいるのだと思います。

そんな中、ソヘは取締局に連れて行かれてしまいます。ですが、そのお陰でテスルは取締局がアジトとしている場所を見つけたのでした。ソジンがいた病院だったとは驚きでした。

テスルは病院に入り込むためにエディから書類を受け取っていましたが、この2人の間にも不協和音が流れ始めていました。エディはソジンのことが好きなようで、その父親の葬儀を蔑ろにしたテスルに苛立ちを覚えていたようでした。この一件を機にエディが変な気を起こさないことを望みます。

ソンと協力し、メインサーバーをハッキングすることに成功したテスルはソヘのことを救い出すことができるのでしょうか。

まとめ

以上、シーシュポス第9話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

10話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です