都会の男女の恋愛法7話のあらすじネタバレ&感想考察!忘れてやる!捨ててやる!

スポンサーリンク


都会の男女の恋愛法第7話の放送を視聴してあらすじ・ネタバレ・感想考察をまとめています。

6話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

都会の男女の恋愛法第7話のあらすじネタバレ!

酔っぱらったジェウォンは警察にむかうと「泥棒を捕まえてくれ。カメラ泥棒だ。名前はユン・ソナ」と言い放ちます。そしてソナのことを全て話すと「盗んだんだ。カメラだけじゃなくて、僕の心まで盗んで行った」と言い、泣き出してしまいます。

ですが、警察は「ジェウォンさんはこの交番の常連です。1年の間に5回も来ました」と注意され「どうかもう来ないでください」と掛け合ってもらえませんでした。

翌日、ギョンジュンはリニとともにウノの家で食事をしようとしていると、交番からジェウォンを引き取りにくるようにと電話を受けます。

警察に向かったギョンジュンは「このようなことが続くと軽犯罪法により罰せられます。何度も押しかけて来ました」と警官に注意されると、ジェウォンに「何のために交番に来たんだ」と問い詰めます。

ジェウォンはカメラを盗まれたことを正直に話すと「カメラの話は秘密だ」と釘を打ちます。ですが、ギョンジュンはリニにすぐに喋ってしまいます。

その帰り道、ジェウォンは再びソナと待ち合わせしていた場所の前を通ると、干渉に浸ってしまいます。

オフィスに戻ったジェウォンはソナとのペアボードを持ち出します。

その頃、ウノも倉庫にしまっておいたペアボードを持ち出します。

2人はそれぞれそのボードを捨て、思い出を忘れようとします。

ジェウォンとウノはそれぞれゴミ処理件販売所を案内されます。ですが、ウノは担当者に「捨てるんですか?なら置いていってください。私がもらいます」と言われると、ウノはそれをあげることに。

その帰り道、雨が降ると2人はそれぞれにヤンヤンでも楽しかった思い出を思い出してしまいます。ジェウォンはその日のうちにボードを捨てるのを諦め、オフィスに持って帰ります。

スポンサーリンク


オフィスに戻ったジェウォンはウノと鉢合わせた時のことを思い出すと、車に車載カメラがついていたことを思い出します。ジェウォンは「昨日交番に行ったのはあの街でユン・ソナを見たからだ。なぜか思いつかなかった。車載カメラを。車はどこにある」とギョンジュンに言うと、2人で車を止めていたはずの場所に向かいます。

ですが、車はすでにレッカー移動されてしまっていました。ジェウォンは仕方なく車を取りに向かうことに。

都会の男女の恋愛法第7話以外の韓国ドラマをU-NEXTをすぐに視聴する

都会の男女の恋愛法第7話のあらずじ・ネタバレを紹介しましたが、U-NEXTでも韓国ドラマを見ることは可能です。

時期によっては配信が終了している場合があります。

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

都会の男女の恋愛法第7話の感想と考察

ジェウォンは酔うたびにソナのことを思い出し、警察を訪ねていたようでした。いつのまにかそれがジェウォンの酒癖になっていたようです。それだけジェウォンはソナを探し出そうと必死なのだと思います。

ジェウォンもウノもペアボードをずっと持っていたようでしたが、お互いに踏ん切りがついたようで思い出と共に捨て去ろうとしていました。ですが、それを見た2人は楽しかった頃の思い出を思い返していました。もしかしたら、ウノももう一度ジェウォンに会いたいと思っているのかもしれません。

ジェウォンは車載カメラにソナが写っているかもしれない可能性に気づきました。ジェウォンは車載カメラを確認することにしましたが、そこのソナは写っているのでしょうか。そして、それを元にソナの行方を掴むことができるのでしょうか。

徐々にすれ違うことが多くなって来た2人が再び顔を合わせるのは近いように感じます。

まとめ

以上、都会の男女の恋愛法第7話のあらずじ・ネタバレ・感想を紹介しました。

8話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です